2016年11月29日(火) 更新

内定先が決定した際の行動について

内定先が決定した際の行動①【内定時の気持ちを記録しよう】

内定先が決定したらやっておくと良いということがあります。行動することでいつか役立ちます。内定先が決定した時の気持ちは、だんだん忘れてしまうものです。今やっておくことで自分が将来役に立つことを紹介していきます。内定先が決定した後の学生は、とても穏やかな気持ちになるものです。そして楽しくやり残したことをしながら学生生活を送ることでしょう。しかし、就活を終わらせる前にやっておいた方が良い行動があります。それはどうして、この会社を選んだのかという気持ち、そして頑張ろうと思っている今の気持ちを記録にとどめておく行動です。

内定先が決定した時のうれしい気持ちを仕事に活かそう

どうしてこのような記録が必要になるかというと、内定先が決定した時は、本当にうれしくてやる気に満ち溢れているものです。しかし、いざ社会に出て、仕事をするようになると、このフレッシュな気持ちはだんだん薄れてきてしまいます。そして、嫌なことがあると辞めたいと考えることもあるでしょう。そんな時に、今の記録が自分のやる気を思い出すことにつながるのです。

内定先が決定した際の行動②【学生生活を充実させよう】

内定先が決定したら、学生時代の残りをただ無駄に過ごしてしまうのは本当にもったいないことです。なぜなら、学生時代にしか、暇と言える時間がないからです。その暇な時間に本気で何かに打ち込むことが大切なのです。例えば、長期で旅行に行くのも良いでしょう。就職してからは、長期で休みがとれるのは、お盆や正月しかなく、混んでいる時期しか休めません。ですから、学生時代しかない暇な時間を有効に過ごしましょう。

学生時代の経験が仕事に繋がる

仕事をすることになると、社会の嫌な分部が分かるようになってきます。そして、理由をつけて逃げ出したいと思う場面が必ず来ます。弱い自分から一度逃げてしまうと、人生何度でも逃げるようになってしまいます。この時に学生時代の経験が役に立つのです。本気で何かに打ち込んだ経験は、自分の自信となり、逃げたいと思う弱い心を救ってくれることでしょう。

内定先が決定した際の行動③【就活の経験を記録しておこう】

就活はとても大変な経験です。学生にとっては就活の記憶はとても鮮明に心に残ります。ですから、この頑張った経験は、仕事にもきっと役に立つでしょう。ですから、内定先が決定したら、自分を内定してくれた企業に感謝する気持ちを忘れてはいけません。会社で働けているのは、自分を内定してくれたこの会社のおかげだと思えば、多少辛い仕事でも苦痛だと感じないでしょう。

内定先が決定した際の行動④【就職先にお礼の連絡を行おう】

内定が決定したら、内定先にお礼をしておきましょう。行動する形は手紙そして、メールや電話でも良いでしょう。内容は簡単に「内定の感謝」と「入社後の意気込み」の二つをまとめて書くと良いでしょう。そして、就活は一人で成功したと思ってはいけません。親や先生など、多くの人の応援があったおかげで成功したことになります。ですから、内定が決定したら、きちんとお礼をすることが大切と言えるでしょう。

内定先が決定した際は就職先にお礼の連絡をし就活時の行動記録を残そう

内定先が決定した時の気持ちは、この時にしか覚えていません。ですから、今のやる気に満ち溢れている時の気持ちや行動をきちんと記録にとどめておきましょう。そして、内定先が決定したら、応援してくれた周りの人達と、内定先へお礼をしておきましょう。行動することで、もし将来自分が仕事を辞めたいと感じることあっても、乗り越えられる力となるはずです。その行動が将来に必ず役立ちます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

1da6cecea75311cf

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント