2016年11月29日(火) 更新

警察官採用試験の内容に合わせた勉強方法

警察官採用試験の勉強方法①:筆記試験の内容のために教養・表現力をつける

警察官採用試験の一次試験は筆記試験となっています。教養試験は選択方式ですが、論述の試験もあるため、知識と表現力、思考力のすべてを平等に伸ばしておく必要があるでしょう。ビジネススクールを使用したり、テキストや通信教育を利用したり、自分の勉強スタイルや苦手分野に適した対策を獲得することが重要になりますね。

スクールや問題集を利用して論述力も磨いておこう

警察官採用試験において、筆記試験は第一試験でもあります。教養試験と論述試験は、それぞれの最終学歴ごとに内容が異なっています。この筆記試験をクリアしないと、二次試験に進むことが出来ないため、第一関門として非常に重要な内容になります。基礎的な知識を付けると共に、一定の長さの論述が出来る力を磨いていきましょう。スクールや問題集など、自分が効率よく進められる勉強方法を試してみましょう。

警察官採用試験の勉強方法②:体力もテスト内容であるため対策が必要

警察官採用試験では、二次試験は体力試験や健康診断があります。警察官として働くために、基礎的な運動能力や身体健康は決して欠かすことが出来ないからです。この分野の勉強方法は、苦手を克服するトレーニングに尽きるでしょう。特に体力に自信がない人は、長期的な視野を持って、計画的に練習を積み重ねていく必要があります。

平均的な体力を求められるので苦手分野の対策が優先

警察官採用試験の一次試験を合格すると、二次試験を受けることになります。二次試験では、体力試験や健康診断のように、身体能力をチェックされるようになっています。体力試験の種目や合格基準は都道府県によって少しずつ異なっていますが、平均的な体力や運動能力が求められているため、自信がない人は苦手分野を洗い出すことから始めましょう。そこを対策するのが最優先です。

警察官採用試験の勉強方法③:面接試験に向けて話し方や表情も対策しておく

警察官採用試験において、面接試験は非常に重要なパートとなってきます。これはとにかく繰り返し練習をする必要があるため、誰かと対峙した勉強方法も欠かせなくなってきます。警察官としてきちんと働けるかどうか、人柄をチェックされる内容でもあるため、質問回答の内容はもちろんのこと、話し方のペースや表情も練習しましょう。

誰かに面接官役をお願いして実際に話してみよう

警察官採用試験において、個人面接の練習は決して怠ってはいけません。面接試験は二次試験の際に行われますが、個人面接のところも多いです。勉強方法としては、まず定番の質問内容を暗記して、自分のペースで話せるようにしておくことです。志望動機や学生時代の活動、長所や短所、警察官としての理想の働き方などの内容ですね。自分でまとめたら、誰かに面接官役をお願いして模擬面接の勉強方法を実践できるようにしてください。

警察官採用試験は内容に合わせて自分に足りないところを補う勉強方法が有効

警察官採用試験は、自分に合った勉強方法を実践していければ、決して合格も夢ではありません。体力試験などの内容では、何かに突出していることよりも、最低限のラインを割っていないことが求められます。ですから、自分の弱点を補う勉強方法がよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント