2016年11月29日(火) 更新

文系院生が就職を不利にさせない方法

文系院生などは実社会に応用することが難しい内容の勉強をしている

文系院生に限らず、院生が就職に不利と言うデータが出る事も少なくなってきました。人手不足で若者が多く求められる時代に、どうしてこのようなデータが出るのかと言えば、就職が嫌でとりあえず院に進むと言うケースがあるからです。勉強がしたくて院に進む、研究がしたくて院に進むことも問題はない行為です。しかし、文系院生の場合は特に、実社会に応用することが難しい勉強などをするケースが多くなります。

学んだことを活かす人生設計ができていなければ就職に不利なる

院生で学んだ経験をどう生かすかの人生設計が出来ていなければ、院を卒業する段階になって慌てて就活を始める事になります。前々から就職を見据えてきた大学生と勉強に大きな院生では大きな差が出ることとなります。結果として、院生は就職率が不利な場合や、正社員に着けずにフリーターとなるケースも目立っているのです。

就職に成功する文系院生も多い

文系院生は就職に不利な印象ばかりがありますが、実際に文系院生で不利なく成功している人もいます。あくまで就職が嫌で院生になる人は一部であり、勉強が好きで進む人もいます。ただ、全体数の割合で多ければ目立つ事になり、高学歴で就職に不利になってしまうと言うショッキングなニュースも人の耳目を集めやすい話題と言えます。

重要なのは就職に対する目的意識

就職に不利にならない為にも重要なのは文系院生であるかどうかではなく、就職に対する目的意識なのです。年収などで格差をアピールする雑誌なども多いのが現実ですが、年収だけで本人の幸福度や適性が図れるわけでなく、あくまで物の見方の一つでしかないのもポイントです。自分が納得できる仕事で、納得できる給料を受け取れるかの方が重要なのです。

文系院生であることを活かすには応用性を身に付けて適応していく

文系院生である事を不利にせずに生かす方法は文化の豊かさを学んだことにあります。言語や哲学と言った分野を学ぶことは、文化の根源や思想の根源に迫る事にも通じ、視野を広げる面で大きな力となります。重要なのは自分の専門分野に偏らず、興味を持てる分野を広げることや、応用性を見に着けることです。就職において応用性の高さは重要になる能力で、物事に法則性を見出し、適応させることは必須の技術と言えます。

働きやすい環境をコミュニケーション能力を使って作ることも必要

就職を不利にさせない為には自分を適応させるだけでなく、環境を含めて作る能力も必要です。これは自分が働きやすい環境をコミュニケーション能力を使って構築することで、文系院生はこの発想能力に長けることが多いのです。今は出来なくても学んだことが下地になる事は多くなります。コミュニケーションも文化であると認識することが、就職において不利ではなく有利に働くのです。

文系院生が就活を不利にさせない方法は応用性を身に付けて適応させていくこと

文系院生は就職に不利だと言うデータや、年収が低いと言うデータにあまりこだわらない方が正解です。どのようなデータが出ようと、人間は自分の出来る事しかできないのです。出来る事を増やすために、学んだことを生かして成長していく姿勢が、実際の就職へつながっていくのです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント