2016年11月29日(火) 更新

ヤンマーを受ける就活生が必ず知るべき社風・会社概要

ヤンマーの社風・会社概要①:企業理念

ヤンマーは1912年に山岡発動機として創業して以来、1世紀にわたる時を経て大企業に成長しました。呼吸式ガス発動機やヤンマー変量式石油発動機などの開発を経て、1933年には世界初の小形ディーゼルエンジンを開発して世界中に名を広めました。現在では農業機械で国内第2位で、建設機械の他にも船用・産業用エンジンなどの開発で世界的に高いシェアを誇ります。
そんなヤンマーの社風、会社概要から、まずは企業理念についてご紹介していきます。

お客様の生涯価値を最大にしてゆるぎない信頼を獲得する

ヤンマーのグループミッションは事業・部門の任務とビジョンを繋ぐもので、目標増と顧客への価値提供の姿勢を示したものです。
「お客様が得る生涯価値を最大にすることで、お客様のゆるぎない信頼を獲得する」というグループビジョンはヤンマーの事業フィールドである「都市・大地・海」での食料生産とエネルギー変換の分野で、お客様の生涯価値を最大にするにはどうすればよいかを常に問い続ける指針です。 価値提供の結果として、お客様の信頼を獲得し、愛され続ける企業を目指します。

真面目で情熱ある従業員の多い社風

ヤンマーの社風は、真面目で温厚だがやる気と情熱にあふれた従業員が多く、働きやすいというものです。会社説明会なので実際に従業員と触れることで、入社を決意した学生もいるほどだとか。
福利厚生も充実しており、とても働きやすい社風です。

ヤンマーの社風・会社概要②:社員の平均年齢と離職率

ヤンマー平均年齢は会社概要によると2015年度の時点で非管理職(組合員)総合職では35.6歳になります。管理職を含めれば年齢は上がるでしょう。ちなみに機械業界の平均年齢は40.9歳です。
ヤンマーの平均勤続年数に関する詳細なデータはありませんが、離職率については企業のホームページには離職率が低いと明記されているため、勤続年数も長いと推測されます。

ヤンマーの社風・会社概要③:オフィス

会社概要によるとヤンマーの本社オフィスは大阪府大阪市北区茶屋町1-32に位置しています。
他にも東京支社と中央研究所があり、エンジン事業や農機事業を担当する事業所のほか、滋賀県や行護憲に5つの工場があります。滋賀県にはヤンマーミュージアムがあり、エントランスには迫力の大型ディーゼルエンジンが展示されており、山岡孫吉記念室では創業者の想いを、展示室では建機シミュレーターなどに直接触れる経験が可能です。

ヤンマーの社風・会社概要④:業界内において

ヤンマーは日本の農業機械業界における第2位の企業ですが、株式非上場です。有名な農業機械の他にも自動車用のディーゼルエンジンの開発なども行っています。会社概要では2012年には創業100周年を迎え、2018年にグループ売上高1兆円を超える成長を目指して成長を続けている企業です。

ヤンマーは創業100年の想いを大切にする社風で会社概要では平均年齢が若い

ヤンマーを受ける就活生が必ず知るべき社風・会社概要について紹介しました。ヤンマーは、農業機械で業界第2位のシェアを誇り、世界130国以上で製品が愛用されています。エネルギーシステム分野や船舶分野にも強く、幅広い業務を手掛ける企業です。
その社風は創業以来の精神を大切にし、従業員も良い人が多く働いやすい環境です。ヤンマーは株式非上場のためか企業情報が意外と少なく、会社概要からは平均年齢は低めで、勤続年数と離職率に関する詳細なデータはありませんが、働きやすい環境といえそうです。
ヤンマーへの入社を目指す場合は、多岐にわたる事業について理解が必要です。事前に必要な技術や語学力などを調べて準備しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント