2020年05月22日(金) 更新

ANAセールスの選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

ANAセールスの選考情報①:内容と流れについて

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。基本的なANAセールスの選考の流れは次のようになっています。

【選考の流れ】
■採用ページよりプレエントリー
■オープンセミナー(参加は任意でであり、必須ではない)
■WEB適正テスト(受験された時点で本エントリー完了)
■エントリーシート提出
■面接
■内定

上記を選考情報として覚えておきましょう。

WEBテストとエントリーシートと面接で選考される

ANAセールスでは、本エントリーが始まると、マイページ内でエントリーシートを提出したり、WEBの適性検査を受験したりと正式な選考受付の段階に入ります。WEBで記入して送信する形式エントリーシートとなっているようです。
エントリーシートの内容についてですが、年度によって多少異なるようですが、普通の履歴書にある内容のほか、

・学生時代に一番力を入れたことを含めた自己PR
・志望した理由と入社してやりたいこと

上記に加え、WEBテストとESの通過者にはANAセールス独自のエントリーシートで「卒論の内容」と「あなた自身に何かキャッチコピーを付けてください」という設問、そして「その理由」を自由に記入するという設問の提出を求められます。

面接では和やかなムードでエントリーシートに沿った内容が聞かれる

面接は全部で3回行われます。面接自体は穏やかな雰囲気で行われるようです。面接ではエントリーシートの記載内容に沿って聞かれるようなので、しかりと把握しておく必要があります。また、「上司が~だったら」というシチュエーションを想定した内容や、「海外経験の有無」「ANAとJALのイメージ」などについて聞かれることもあるので、ある程度自分なりに効かれる質問の答えを準備することが必要でしょう。基本的にはエントリーシートに記載した内容、そして自分の行ってきたことをしっかりと把握して、答えられるようにしておきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

ANAセールスの選考情報②:学歴(大学)については文理系、学部を問わない

ANAセールスを受けるにあたって大切なことは、やはり競合他社との差別化ではないでしょうか。なぜ、ANAセールスでなければならないのか、なぜ旅行会社でなければならないのか、それを企業は知りたがります。また、物流企業の仕事内容をしっかりと理解し、入社後どんな業務に就きたいか、どんな業務改善をしていきたいか、具体的に描いているとより良いでしょう。

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、ANAセールスで求められるのはどのようなものでしょうか。ANAセールスの募集要項には、「全学部全学科」との記載があります。ただし、従業員が1,000名近く在籍しているのに対し、募集人数が20名程度であることから、倍率が高くなることが予想されるので注意が必要です。

ANAセールスの選考情報③:採用人数と配属は20名程度

選考情報として気になるANAセールスの採用人数ですが、20名程度となっているようです。また、ANAセールスは大卒と短大卒、専門学校卒に向けて募集を行っているため、応募人数が他社より多くなることが考えられます。多くの学生からの応募が考えられるので、しっかりと対策を練ることが大切です。
また、過去の採用実績人数は以下となっています。

2015年 13名
2014年 7名
2013年 9名

入社後の教育制度は非常に充実している

入社後の制度として、「新入社員研修」「新入社員ステップアップ研修」「階層別研修」「自己選択型研修」など各種教育制度が充実しており、入社後の心配はなさそうです。また、FT制度と言って、先輩社員が1年間新入社員をサポートする制度や旅行業関連資格の取得支援等もあるので、キャリアアップ、ステップアップの望める職場となっています。

ANAセールスの選考情報として学歴は大卒と短大卒、専門学校卒を求めている!採用人数は20名程度

就職活動をするにあたって、自分の志望する企業の選考情報や、企業に集まる就活生の学歴は気になるものです。ANAセールスは大卒をはじめ、短大や専門学校卒を対象に募集をしています。そのため、普通の企業よりも、その分募集人数が多くなる傾向にあると言えます。また、従業員全体が1,000名以上に対し、募集人数が20名程度となっているので、倍率が非常に高くなることが考えられます。そのため、業務内容を理解し、具体的に関わっていきたいのか、将来を描けるようにしておくことが必要です。選考に進めため、また本当に自分に合っている企業なのか見極めるためにも、選考情報を把握しておくことは、就職活動を進めて行く上で非常に大切です。他社との選考状況を比べるためにも選考情報をしっかりと把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント