2020年06月25日(木) 更新

西日本鉄道の選考情報で知るべき学歴(大学)の必要性と採用人数

西日本鉄道の選考情報①:内容と流れについて

はじめに、選考情報として大まかな流れとそれぞれのステップについて説明しておきましょう。基本的な西日本鉄道の選考の流れは次のようになっています。

【本社部門】
■会社説明会
■エントリーシート提出、筆記試験
■面接数回
■内々定

【国際物流部門】
■会社説明会
■筆記試験(テストセンター方式)
■集団面接
■個人面接(最終)
■内々定

エントリーシートでは一般的な質問が聞かれる

西日本鉄道では、本エントリーが始まると、マイページ内でエントリーシートを提出したり、WEBの適性検査を受験したりと正式な選考受付の段階に入ります。職種によって、応募できる学部が異なるので、この時点で確認する必要があります。また、エントリーシート内容についてですが、志望動機や学生時代頑張ったこと等、基本的な内容が聞かれるようです。西日本鉄道を志望する場合は、選考情報として流れを覚えておきましょう。

本社部門と国際物流部門がある

西日本鉄道では、本社部門と国際物流部の2部門募集しており、それぞれ質問事項や選考フローが異なります。また、勤務時間や勤務地なども異なっているので注意が必要です。また、本社部門では5つの部門で事業展開しているので、それぞれの事業内容を理解しておきましょう。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

西日本鉄道の選考情報②:学歴(大学)について

選考情報の1つとして学歴も挙げられますが、西日本鉄道で求められるのはどのようなものでしょうか。西日本鉄道の募集要項には、事務員と技術員と募集学科が異なるので注意が必要です。以下に分かれているので確認してみましょう。

【事務員】
全学部全学科(4年制大学、大学院)

【技術員】
IT技術員(学部不問)、自動車技術員(機械系)
鉄道技術員(電気系、土木系)、住宅技術員(建築系)

学歴を重視しているわけではないが優秀者が多い

西日本鉄道の採用実績を見てみると、東京大学、一橋大学、早稲田大学、京都大学、広島大学、同志社大学、立命館大学など、関西を中心にハイレベルな大学ばかりが並んでいます。もちろんこれらだけではないので、「偏差値が高くないとダメ」というわけではありません。しかし西日本鉄道には学力的に優秀な人たちが集まっているという点は、内定が決まってから思い出すといいかもしれません。

応募資格は3年以内の大学卒業もしくは大学院修了者(見込みも含む)

応募資格については、大学卒もしくは大学院卒の方となっています。それに加え、3年以内の卒業者にも応募資格が含まれているので、募集人数が多くなる可能性があります。人気企業の一つでもあるので、応募者が例年多いため、対策をしっかりと行いましょう。

西日本鉄道の選考情報③:採用人数と配属について

選考情報として気になる西日本鉄道の採用人数ですが、今年度は16~20名となっています。また、過去の採用実績については以下を参考にしてみましょう。

2015年度4月入社予定
【本社部門】
事務職19名
技術職4名(鉄道技術関係2名、建築技術関係2名)

【国際物流部門】40名

2014年4月入社
【本社部門】
事務職18名
技術職5名(IT技術関係1名、自動車技術関係1名、鉄道技術関係1名、
都市開発電気技術関係1名、建築技術関係1名)

【国際物流部門】39名

西日本鉄道の選考情報として学歴は大卒と院卒が募集対象!採用人数は20名前後

就職活動をするにあたって、自分の志望する企業の選考情報や、企業に集まる就活生の学歴は気になるものです。自動車事業、鉄道事業、国際物流事業など多角的に事業展開している西日本鉄道。その西日本鉄道の募集対象は、大卒と大学院卒、既卒としていますが、関西の人気企業の一つでもあるので、倍率は相当高いことが考えられます。選考に進むため、また本当に自分に合っている企業なのか見極めるためにも、選考情報を把握しておくことは、就職活動を進めて行く上で非常に大切です。他社との選考状況を比べるためにも選考情報をしっかりと把握しておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント