2016年12月12日(月) 更新

大塚製薬工場の面接の通過率を上げるための対策と回答例

大塚製薬工場の面接に至る流れと対策、回答例について紹介していきます。2016年入社の新卒採用の場合、職種別の採用選考が行われましたが、基本的な採用フローは同一でした。内定までに最終面接を含めて2回面接が行われました。

面接で鋭い質問を受けることもある

面接の雰囲気は人によって印象が異なりますが、淡々とした雰囲気の中で行われ、時折鋭い質問を受けることもあるようです。それでは、大塚製薬工場の面接における質問などの傾向を調べ、対策として備えるようにしましょう。

大塚製薬工場対策:面接で聞かれた質問例集

大塚製薬工場の面接でこれまで質問された質問例と回答例などを挙げながら、面接対策にいかせるようにしました。さまざまな質問例や回答例に隠された意図するところにも触れながら対策に役立つようにしています。

【質問例】
1.自己紹介
2.志望動機
3.趣味・特技
4.転勤について
5.英語について

大塚製薬工場対策:面接の質問と回答例①

【質問】
趣味や特技はありますか?
【回答例】
サックス演奏やバンドでボーカルを担当するなど音楽全般が趣味です。高校から大学まで、吹奏楽団に所属し、サックスを担当していました。特に高校では、3年時に全国大会に出場した経験もあります。友人たちと組んだバンドではボーカルを担当していますので、音楽を幅広く愛好しています。好きな海外アーティストが来日した際には、ライブにも足を運んでいます。

大塚製薬工場対策:面接の質問と回答例②

【質問】
転勤については、どのようにお考えですか?
【回答例】
自分のキャリアや適性を考えていただいてのご指示だと思いますので、積極的に受けたいと思います。知らない土地に行くことで人としての幅も広がるでしょうし、家庭の事情もないので問題ありません。

大塚製薬工場対策:面接の質問と回答例③

【質問】
英語についてお聞かせください。
【回答例】
以前に受けたTOEICのスコアは660で、アメリカに旅行をした際にも大きな問題はなかったので、日常的な会話はできると思います。バスケットボールが好きなので、NBAのニュースを英語で読むこともしています。今後はさらに積極的に勉強をしていき、TOEICのスコアも800以上を目指したいです。

大塚製薬工場の面接では回答例を参考に自分の個性と強みをアピールするための対策をしよう

大塚製薬工場の面接における特徴とその対策をお伝えしてきました。質問例のように問いかけ自体はシンプルで、個々人のパーソナリティを問うものが多い面接であるようです。ただ、会話の中で鋭い質問を受ける可能性もあります。大塚製薬工場の面接に臨む前に、自分自身の行動や考え方を今一度整理しておき、アピールの材料を練っておくことが対策として必要でしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 24年卒
  • 22年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

42715 view

おすすめの就活イベント