2016年11月29日(火) 更新

就職活動の面接で知っておきたいマナー

就職活動の面接ではマナーを守る必要がある

就職活動の面接のマナーは、アルバイトなども含めても仕事の経験の有無にかかわらず、人に対しての印象がいいものか、悪いものかといった基本的なところです。学力的に秀でていて、一流大学だからといって、それを自慢するような態度であれば、お客様に対しても高圧的な態度をとるかもしれない、など不安要素を感じ取られてしまいます。

人として基本的なマナーを覚えておこう

面接官にとっては、何度も経験したことがある就職活動の面接の場は、退屈な時間になっていることもあるかもしれません。そのような面接官の態度を見たときに、あなたはどう感じますか?あの面接官は嫌な人だな、感じが悪いなという印象を持つかもしれません。就職活動の面接の場に適した表情や態度は、人としての基本的なマナーです。

就職活動の目的を明確にしておく

就職活動をし、面接の準備をしているということは、あなたは仕事をしたいのでしょうか?ただ、なんとなく大学卒業後は就職することが当たり前だから就職活動をしているのでしょうか?学生のままでいたい、仕事に興味は持てない、という楽な方に流されていく感情もあるかもしれません。仕事のマナーとは何でしょうか?就職するということを考えましょう。

面接では仕事への興味度を図られる

就職活動の面接では、面接官にあなたが、どれだけ仕事に興味を持っているかを語る場でもあります。大手企業というブランド力に惹かれただけでは、実際に仕事をしても、業務自体に興味を持てないかもしれません。会社がどのような相手先と取引をしているのか、業績はどうなのか、社員教育はどうなっているのかなど、自分が働いているイメージを持ちながら質問することが面接のマナーです。

就職活動を始めるなら志望動機をしっかりとさせるのもマナー

就職活動の面接の一番大事な志望動機を他者より、圧倒的に熱く語れるのなら、面接のマナーを軸に内定に一歩近づいたのではないでしょうか?どれだけ会社のことを調べてくれたのかが伝わる内容の話しをしてくれると、面接官としても、わが身を誉められるほどに嬉しいことで、大勢いる志望者の中でも顔と名前を一致できることとなり、次の面接の機会も得られるかもしれません。

会社のホームページに載っているような質問はしない

就職活動の面接で誰もが、面接官から、では、最後に質問はありますか?と聞かれます。そのときは、他の人が思いつかないような視点で質問ができると、会社としてもうれしいでしょう。質問はありません、や、ホームページに載っているような質問をするのは、マナー違反です。そして面接官があなたの質問に答えたなら、その答えを受けて何か意見を言えるといいでしょう。

就職活動では志望動機を明確にし面接に挑み会社のホームページに載っている質問をしないのがマナー

就職活動の面接のマナーは、今まで話したことのないような話し方で、社会人らしく振舞えるかどうかです。学生気分は外において、就職活動の面接を第一優先にして取り込みましょう。マナーは身だしなみ、書類の書き方など基本的なことから、きちんと相手の真意をくみ取り、適切な受け答えができているのか、コミュニケーション能力も必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就活時間が短縮!?】理系職種に特化した企業プレゼン会【21卒 理工系学生 限定】@オンライン

    06/20 (12:45~16:15) オンライン(WEB)開催のため、最寄駅の情報はございません。

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】