2016年11月25日(金) 更新

【ビジネス必須スキル!!】社会人として身に付けておくべき一般常識のポイント

【一般常識のポイント】挨拶や謝罪が自然にできる

社会人として最低限するべきなのはまず、挨拶。
これはもはや社会人の常識というより、幼少の頃から誰もが教え込まれ、自然に身についているはずのです。
しかし不思議な事に、挨拶をしても返さない人が世の中にはたくさんいるのです。
こんな基本的な事すらできない方はどんなに仕事ができようとも、社会での信用を得られません。

ミスに対してはしっかりと謝罪をするということも当然

また、挨拶同様にミスを犯した時にも素直に謝罪の言葉が出るはずです。
これも小さい頃から言われているはずのことですよね。
自分の非を認めたくないだけなのか、言うのが恥ずかしいのかはわかりませんが、いずれミスに対してはしっかりと謝罪をするということは誰もがするべき常識的なことです。
挨拶や謝罪は「言わなければ」と思って言うことではなく、自然に口からでるものです。
もし、できていない方がいらっしゃれば後に恥ずかしい思いをしないよう、できるようになるまでは意識して挨拶をしてみましょう。

【一般常識のポイント】連絡やコミュニケーションをとる

社会人になり、仕事をするようになったら必要になってくるのがコミュニケーション能力です。
会社ではあなた一人が仕事をしているわけではなく、全員が協力して会社が成り立っています。どんなことでも周りに連絡や報告をし、積極的にコミュニケーションをとることが大切です。
報告・連絡・相談を会社のルールとして制定しているところもあります。

社内だけではなく取引先やお客様とのやりとりも同じ

社内だけではなく取引先やお客様とのやりとりにおいてもコミュニケーションは大事です。機械のように物事を伝えるだけであれば文書だけで十分です。あなたの思うことや時には感情を伝え、周りの人と常につながりを持ちながら行動できるようにしましょう。
コミュニケーション能力のない人は社会では生きていけません。社会人として最低限身に着けるべき常識的なことですので、忘れずに覚えておきましょう。

【一般常識のポイント】時間を守る

誰もが何回かは遅刻をした経験があるのではないでしょうか。しかし日本のビジネスシーンでは、最もやってはいけないタブーであり、時間はしっかりと守るという、周りに迷惑をかけまいとする文化が根強く定着しています。

遅刻・納期を守ることはとても大切なものです!!

学生の頃であれば遅刻をしても授業を少し受けれなくなる程度で自分が困るだけですが、社会人になってからは少し遅れただけでも周りに多大な迷惑や損害を与えることになってしまいますので、時間は必ず守るべき常識的なこととしての意識を常に持ちましょう。
同様の理由で遅刻だけではなく、納期を守ることも大切です。商品の納品や提出書類の納期も必ず守らなくてはいけません。
もし守れないような場合は早めに連絡をし、対策をしましょう。

意外にできていない人が多いからこそ、キチンと身につける

誰でも知っている・できるはずの一般常識ですが、簡単なことでも意外にできていない方がたくさんいらっしゃいます。
最低限気を付けることととして、挨拶を必ずすること、コミュニケーションをとることなどがあり、時間を守ることも常識的なこととして社会では認識されています。
たった一度の非常識な行動であなたの印象は悪い方へ大きく変わってしまいますので、最低限の常識的なことは常にできるようにクセをつけておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶名古屋会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します