2018年10月11日(木) 更新

入社試験の一般常識は社会人として問われる問題

入社試験では一般常識の試験が行われる

企業に就職するには、社会人としてある程度の知識や常識があることが求められます。入社試験で一般常識の試験が行われるのは、こういったことを知るためでもあります。入社試験の一般常識問題の内容は広範囲に及びます。そのため、一朝一夕では知識や常識は身につかないものです。

入社試験の一般常識問題対策として日頃から時事に関心を持つ

学生時代から社会に関心を持って過ごすようにしたいものです。一般常識の試験は国語や数学といった学校で学んできた教科の問題も出されますが、時事問題が多く出題されることもあります。ビジネスを進めていくためには、常に世の中の動きを捉えておくことが必要になってきます。今の日本や世界でどんなことが起きているのか、また何が問題になっているのかなど、広い視点で捉えていくことが必要です。試験で答えられるためには、内容を理解しておく必要があります。

入社試験の一般常識問題は新聞やニュースに目を向けて対策する

入社試験の一般常識問題に出る時事問題ですが、普段から関心を持つことは社会人になってからも、非常に大切なことです。特に新聞を読む習慣をつけていくと良いでしょう。仮に新聞を取っていなくても、ニュース番組やネットでのニュースなどに目を通しておくことも必要です。入社試験の一般常識問題ではある時事問題についてその内容を述べたあとに、自分なりの考え方を述べるような問題も出題されています。

一般常識として時事問題について自分の考えを述べる

自分の考えを述べられるようになるには、時事問題を正確に知る必要があります。何となくそんな話題があった程度では、自分の意見は述べることができないでしょう。選挙権が18歳に引き下げになりました。今までよりも早くから政治に関心を持つ若者が増えていくことでしょう。政治に無関心な若者も多かったかもしれませんが、社会人になれば嫌でも社会や政治へ関心を持つことが必要になってきます。

とはいえ、今まで気にしてこなかった社会問題や政治に関して、短期間で詳しくなることは簡単ではありません。政治経済などの幅広い話題に対応できるようになることは難しくとも、重要なトピックスは抑えておきましょう。下記からダウンロード出来る「時事問題集」はクイズ形式で重要なニュースを中心とした時事問題を覚えられるようになっています。一般常識の対策として利用してみると良いでしょう。

一般常識を広げて感覚を広げる

世の中に対して、人ごとと言う感覚ではなく、自分のこととして社会で起こっている問題を考えてみる必要があります。特にビジネスの世界では、世の中の人が不自由に感じることに対して、上手く供給できるものを売り出していくことが、ビジネスの成功につながっていくこともあります。不自由な中にビジネスチャンスが隠れていると言っても良いでしょう。

広く世の中を観察することで入社試験対策にもなる

柔軟な発想でビジネスチャンスを切り開いていくためには、好奇心を持って広く物事を知ることが必要です。そういった意識を持って、入社試験の一般常識問題の試験勉強を行っていくと良いかもしれません。入社試験の一般常識の問題集や過去問などがありますので、そういったものを活用すると良いでしょう。問題の傾向と対策などを知ることができますので、試験勉強に役立つでしょう。

入社試験の一般常識問題では社会人としての常識や知識を備えておく

入社試験の一般常識問題は、広範囲にわたって出題されます。学校で学んだ教科の他に、多く出題されるのが時事問題です。入社試験の一般常識問題では、時事問題の説明と自分の意見を求められることがあります。日頃から時事問題に関心を持ち、幅広く関心を持つようにしたいものです。時事問題はビジネスチャンスにつながることもあるので、ニュースなどには目を通しておくようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【東京オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。