2016年11月29日(火) 更新

面接でも筆記試験でも必須の一般常識

面接でも筆記試験でも一般常識は出されると思っておく

面接でも筆記試験でも、一般常識に関する問題は必ず出されると思っていなければなりません。一般常識を知らないと、働くことが出来ないと判断されてしまい、落とされてしまうことがあるからです。色々な試験を受ける時は、どのような時でも対策が必要であり、自分が知らないことを調べて覚えるくらいのことは必要です。

一般常識は特に面接でよく出されることがある

筆記試験でも結構出されることになりますが、面接で必ず一般常識に関する話をすることになります。このような場合はどうしますかという話をされることとなり、それに対応して話をすることになります。場合によってはこれが原因で不採用もあり得るので、一般常識が無い状態は避けなければなりません。もし知らないことがあれば、対策の意味でも知っておくことが重要です。

自分の一般常識は違うかもと面接前に考え直す

自分が覚えている一般常識は、実は全く違っていることもあります。企業側が持っている一般常識と、自分が知っていることが違っていることはよくあることで、面接での反応が悪かったら違うと考えなければなりません。もし違っていると思ったら、面接で失敗したと感じなければなりませんし、一般常識を間違っていたと考えることです。

筆記試験ならやり直しはきく

一般常識に関する出題については、面接だと対応することが出来ないのですが、筆記試験なら書きなおしで対応することができます。もし間違えて書いてしまったとしても、後から思いだしたら書きなおすことができるので、筆記試験なら何とかなる場合もあります。しかし面接は一発勝負となるため、話したことが間違っていると、一般常識が無いと判断されて落とされてしまうのです。

何が常識かを自分で再度考える

一般常識とは何かを考えておくことも重要なことで、自分が思っていることが面接で違うと言われないようにしなければなりません。面接で言われればほぼイメージダウンにつながり、内定を貰うことができないこともあります。筆記試験でも間違えてしまう可能性があるので、常識を何か調べておくことも重要になるのです。

一般常識を間違えていなければそれだけでプラスになる

一般常識を間違えていなければ、筆記試験でも面接でもプラスに判断されることになります。当たり前のことを知っているために、それなりに知識があるものと判断されるようになり、ある程度内定に近づけるようになります。逆に言えば、当たり前のことが出来ていないと判断されれば、筆記試験でも面接でも落とされることになります。一般常識は当たり前と理解しなければなりません。

面接でも筆記試験でも一般常識を問われるので普段から対策をしよう

一般常識に関することは、面接でも筆記試験でも出てくることになるため、出来る限り当たり前の知識を持っていなければなりません。もし間違えてしまうと、それだけで企業の方にマイナスのイメージを与えることとなり、不採用に近づきます。一般常識は当然と言えることですから、面接でも筆記試験でも、どのような状態でも当たり前の回答が出来るようにならないと駄目です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【東京オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。