2019年11月28日(木) 更新

筆記試験によく出る一般常識問題の分野と対策

筆記試験の一般常識問題を突破するには国語対策がカギ

社会人として不自由のない仕事ぶりを発揮するためには、最低限の国語スキルが非常に重要になってきます。これが欠けていると、意思の疎通やマナー内容もうまくいき通らなくなってしまうからです。そのため、筆記試験の一般常識問題における国語問題は、徹底した対策が必要です。難読漢字やよく出る熟語や言い回しは、重点的にチェックしておきましょう。

読み書きから四字熟語まで幅広く対策する

実際に受ける筆記試験によって、国語問題の数や傾向は異なってきますが、基本的に一般常識問題における国語分野は、漢字問題が多く出題されやすいです。間違いやすい読み方の一覧や、出題されやすい熟語などをきちんと予習して対策しましょう。また、業界に関係がある熟語なども把握しておくのも対策のひとつです。

徹底対策が必要な一般常識問題は数学

苦手とする人が多い筆記試験の一般常識問題には、数学分野が挙げられるでしょう。特に、しばらく数学問題から遠ざかっていた人の就活試験においても、一般常識問題の数学分野はシビアに登場してきます。企業として専門的なものは扱わない場合においても、それこそ「一般的な常識」としての数学力を図られることになるため、練習問題を出来るだけこなしておけるようにしましょう。

数学は練習問題を積み重ねて対策する

筆記試験の一般常識問題における数学分野の対策は、とにかく練習問題をこなし、公式や計算式などをなじませておくことが重要です。簡単な計算問題や文章問題は多数出題されます。四則計算における基本的なルールから洗い直して対策しておけると良いですね。経理系の筆記試験の場合は、一般常識問題以外に、より専門的な問題が出題されることもあります。

一般常識問題には「適性検査」という筆記試験もある

就活においては、一般常識問題の中に「適性検査」と呼ばれる筆記試験分野もあるでしょう。数学や国語、あるいは政治経済などの筆記試験とは違う時間割で受験するケースも多く、その問題の量や試験における比重は企業によって異なっていることも多いです。名前の通り、適性をチェックするための筆記試験であり、簡単な図式や法則の問題が出題されます。

傾向を把握しながら練習して対策する

もちろん、一般常識問題における適正検査の筆記試験も、対策がまったくできないというわけではありません。業界や職種ごとに分類した過去問題のテキストなどが多数登場しているため、出来るたけ筆記試験の出題傾向を理解した上で、法則や図形の特徴を素早く見抜けるようにしておきましょう。また、短時間に置ける判断力も養っておけると心強いです。

SPI対策に反復練習ができる問題集をプレゼント

SPI問題を反復練習する際におすすめなのが「SPI模試&問題集」です。模試には、言語と非言語の問題が100問収録されています。今なら100問解ける問題集もついてくるので、合計200問の例題を解くことが可能です。詳しい解説つきなので、問題が解けなかったという人も力をつけることができるでしょう。分からなかった問題をそのままにせず、解説を読んで意味や解き方を理解することが大切です。無料でダウンロードできるので、腕試しがしたいという就活生にもおすすめです。

筆記試験の一般常識問題には国語・数学・適性検査などがあり過去問題や傾向を読み取って対策する

筆記試験における一般常識問題の分野と対策について紹介しました。就活において、面接や履歴書、自己PRなど、様々な対策が必要になってきます。その中で、しばしば筆記試験は後回しにされやすく、特に一般常識問題は軽視されてしまうケースもありますが、これは大きな間違いです。社会人として生活するためのとても重要なポイントで、筆記試験の一般常識問題を重視する企業も多いようです。徹底した対策を行っていけるようにしたいですね。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント