2019年12月11日(水) 更新

自己紹介欄に記載するべき項目とエントリーシートの書き方【例文あり】

エントリシートの自己紹介に記載するべき項目

エントリシートの自己紹介欄に記載するべき項目として、大学名・名前・趣味・特技・自分の強みなどが挙げられます。企業側にエントリーシートだけで自分について知ってもらうためにも、このような項目は書いておくべきでしょう。つぎに、エントリーシートで自己紹介を書く際のポイントについて見ていきます。

エントリーシートで自己紹介を書く際のポイント

自己紹介欄はほかの項目を見て記載する

1つめのポイントとして、ほかの項目を見て記載することが挙げられます。エントリーシートでは、自己紹介欄のほかに【趣味・特技欄】【所属クラブ・サークル】【アルバイト】などの項目を設けている企業は多いです。自己紹介欄に書く内容が被らないためにも、ほかの項目を見たうえで記載しましょう。

最後に自己紹介欄を書く

2つめのポイントとして、自己紹介欄は最後に書くことが挙げられます。たとえば、エントリーシートに【長所・短所】という欄があるなら、それについては自己紹介欄では触れないほうがよいのです。自己紹介欄にほかの項目と同じ内容が書かれていた場合、企業側に「同じ内容が書かれてある」と思われかねません。また、複数の欄に同じ内容を記載するよりも違う内容を書いたほうが、自分についてより多くのことを企業側に伝えられます。自己紹介欄は、先にほかの欄を書いたうえで最後に記載したほうが、内容が被りにくく書きやすいでしょう。

ほかの項目の前提として自己紹介欄を書く方法もある

ほかの項目の紹介をするという形で自己紹介欄を書くのも一つの手でしょう。この書き方は上記でも述べたように、内容が被る部分もでてきますがエントリーシートの内容が把握しやすくなるという利点があります。自己紹介欄で、ほかの項目の概要をなぞって書くようにすることで、ほかの項目でその詳細を知るという流れをつくれるのです。

エントリーシートで自己紹介を書く際の注意点

箇条書きは避ける

自己紹介を書く際の注意点として、箇条書きにならないようにするということが挙げられます。自己紹介欄で、ほかの項目の概要を次々に書こうとすると箇条書きのような内容になることがあるのです。自己紹介欄で多くの情報を書こうとすると、そのような状態になりやすいため、書く内容はある程度絞ってから記載することを心がけておきましょう。

自己PRと混同しない

2つめの注意点として、自己紹介欄は自己PRと混同しないようにすることが挙げられます。自己紹介は自分のプロフィールや興味、関心を持っていることなどを織り交ぜます。自己PRは自分のスキルや意欲を具体的にアピールするものですが、自己紹介が自己PRになりがちな人は多いため、混同しないように注意しましょう。

大手企業の内定を得たエントリーシート(ES)から学ぶ

大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

自己紹介の例文5つ

例文①

自己紹介の例文5つをご紹介します。

例文①

○○大学、経済学部経済学科の○○です。私の趣味は1人で旅行することです。今まで行ったことのない観光地をめぐったり、その地域の人と話したりするのが旅行の楽しみとなっています。また、旅行のスケジュールをしっかり立てて行動するのが得意です。特技はピアノです。10年間ピアノを習っており、学生時代は合唱コンクールの伴奏を務めました。

1つめの例文では、趣味を旅行としています。旅行先で会った地域の人と話すことや、スケジュールを立てるのが得意なことなどを交えているため、コミュニケーション能力や計画性があることもアピールできているでしょう。

例文②

例文②

○○大学、文学部の○○です。大学では日本史学を専攻しています。私の趣味はお城めぐりで、特技は速読です。お城めぐりをする際は事前にお城の情報を調べることや、特技の速読を活かして関連する本を読み、その歴史をしっかり理解してから行くようにしています。よろしくお願いいたします。

例文では、趣味をお城めぐり、特技を速読としています。ただなんとなくお城をめぐっているのではなく、お城の情報や歴史を理解していることもアピールできているでしょう。何かをする際、事前に調べたり準備したりできるのは仕事をするうえでも役に立つといえます。

例文③

例文③

○○大学、体育学部の社会体育学科の○○と申します。私の在籍している学科では人間の体力・健康づくりやスポーツのコーチングの方法などを学んでいます。私の趣味は料理です。私は体力維持のために毎朝2kmのランニングや筋トレを2年間しているのですが、食事にも気をつけて健康管理をしたいと思い料理をはじめました。今では、献立や栄養を考えるのも毎日の楽しみとなりました。また、料理レシピサービスのサイトに、毎月自作のレシピを投稿しています。

3つめの自己紹介の例文では、在籍している学科で学んでいることや趣味を述べています。趣味の料理では「料理レシピのサイトに毎月自作のレシピを投稿している」ことをはじめ、「毎朝2kmのランニングや筋トレを2年間している」も述べ、継続性があることも自己紹介でアピールできているでしょう。

例文④

例文④

○○大学理工学部物理学科の○○です。物理学科では●●の研究をおこなっています。私の特技は絵を描くことです。とくに、風景や人の似顔絵を描くのが得意です。描いた風景画は地元の絵画コンクールに応募することもあります。趣味は読書で、1年間に100冊以上読んでいます。私は本のタイトルや作者名、読んだ日の日付などをスプレッドシートに記録し、自分が読む本の傾向や作者などを分析しています。最近は●●●●の「●●●」という本に感銘を受けました。よろしくお願いいたします。

4つめの例文では、絵を描くのが得意なことや読書が趣味であることを述べています。趣味を読書として記載する場合は、「最近どんな本を読みましたか」「感動した本を教えてください」と企業側に聞かれる可能性もあるため、本のタイトルや作者名は答えられるようにしておくとよいでしょう。

例文⑤

例文⑤

○○大学、情報メディア学部の○○です。私はメディアコースでCGデザインやWebデザインなどを学んでいます。私の趣味は一眼レフで写真を撮ることです。おもに花や地元の海、山の風景を撮影し、1年前から自作のWebサイトで公開しています。特技は早起きです。学生時代、2年間新聞配達のアルバイトをしていたため、早起きが得意になりました。アルバイトでは不配や配達遅れなどミスがないように常に心がけ、アルバイト生ながら年間MVPをいただきました。

5つめの自己紹介の例文では、メディアコースで学んでいることや趣味、特技を述べています。特技の早起きでは、新聞配達のアルバイトでの経験を交え、不配や配達遅れなどミスがないように常に心がけていたこともわかるでしょう。

自己紹介に書くべき項目や例文を参考に魅力的なエントリシートを作成しよう

本ページでは、自己紹介に書くべき項目やポイント、注意点、例文をご紹介しました。自己紹介に書くべき項目として、大学名・名前・趣味・特技・自分の強みなどが挙げられます。自己紹介は興味や関心を持っていることなどを織り交ぜつつ、自分のプロフィールを説明するものです。自己紹介は自己PRと混同しないように注意しましょう。ぜひ、本ページを参考に魅力的なエントリーシートを作成してください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント