2016年11月29日(火) 更新

就活の際に把握しておくべき職種と仕事のスキル

就活で把握しておくべき職種①【営業系】

就活で仕事を探すとなると、専門職を除けば、事務や営業などが残ります。営業の仕事と一言で言っても、その職種は非常に幅広く、職種によって営業相手が異なります。法人向け営業は、既存の取引先と新規開拓に分けられます。既存の取引先を定期的に訪問して、ニーズを掴んだり課題の解決策を提案するのに対して、新規開拓の法人営業は、自社の製品やサービスを購入してもらえそうな会社を見つけて、プレゼンテーションをして売り込みます。

仕事内容によっては高い忍耐力が必要になる

就活の際には、自分がやりたい仕事内容から職種を決めるだけではなく、自分ができるのかどうかも考えて決めましょう。例えば、新規開拓の営業であれば、法人でも個人でも高い忍耐力が必要です。すぐに成果を挙げられるとは限らず、毎日のようにノルマに追われることも考えられます。就活の際に自己分析をして、自分に合った職種を見つけましょう。

就活で把握しておくべき職種②【専門職系】

専門職への就職を目指すのであれば、その実力を証明するために、検定を受けて合格しておく必要があります。また、特定の職種の仕事を専門的に教えている専門学校や大学などを卒業することによっても、実力を証明できます。システムエンジニアやプログラマーなどの場合は、就活をして採用されてから学ぶようでは戦力になることができません。

仕事に資格が必要かどうか知っておく

専門職を目指すということは、一生かけてその職種に就き続けるということです。途中で一般職に転職することも可能ですが、専門職として働ける程の実力を持っているのであれば、企業のみ変えて、同じ仕事、職種に就いた方が良いでしょう。就活で専門職に就くことを考えるのであれば、自分が本当に向いているのかを考えて、早めに準備を進めておきましょう。仕事に資格が必要かどうか見極めておくことも重要です。

就活で把握しておくべき職種③【サービス系】

店舗スタッフになりたいと思い、接客販売の職種を目指した場合、それ以上の昇格が見込めなくなる場合があります。店長候補にはなれても、実際に店長になるためには競争に勝たなければなりません。また、バイヤーなどを目指すにしても、店長からエリアマネージャーなどのスーパーバイザーを経て、ようやくなれることもあります。就活の際には、自分のキャリアビジョンを立ててから職種を決めましょう。

仕事ではコミュニケーション能力を求められる

サービス系の職種の場合、募集人数が多いことがほとんどです。しかし、コンシェルジュのようにホテルや空港のフロントなどに立ち、様々なサービスを提供する職種の場合は、コミュニケーション能力だけではなく語学力なども求められます。サービス系の職種は誰でもできると思って避けるのではなく、その中でスキルを磨いて成長することも考えましょう。

就活で把握しておくべき職種は「営業」「専門職」「サービス」で仕事内容によって必要なスキルが異なる

就活の際には、自己分析をして、仕事で自分がどのような業種、職種に向いているのかを考えましょう。自分がやりたいことだけではなく、自分ができるかどうかまで考えることが大切です。また、就活に成功して入社してからのキャリアビジョンを立ててから職種を決めましょう。職種によっては、スキルを磨くことで他の職種への昇格の道ができることもあります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【デベロッパー主催】京都の文化財でインターン!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時: 2019/08/09