2016年11月29日(火) 更新

商社に入社する前に知っておきたい海外勤務の詳細

海外勤務のある商社に入社すると海外転勤の可能性がある

商社に入社するのであれば、転勤が1~3年に一度の頻度であることを覚悟しなければなりません。また、世界各国のメーカーと取引をしているのであれば、海外勤務をすることになります。海外勤務があることが明示されていても、実際に海外勤務を命じられるとは限りません。入社を目指すのであれば、OB訪問によって入社している先輩社員から話を聞いておくと良いでしょう。

国内は厳しいが海外勤務は断れる場合が多い

基本的に、国内の転勤であれば相当な理由が無い限り断ることは難しいです。しかし、海外勤務であれば、希望者が多いこともあって、比較的断りやすいと言えます。商社によっては、海外勤務を断った時点で今後の昇格を認めなくすることもあるので、できるだけ断らない方が良いでしょう。入社してから、海外勤務を断っても問題ないかどうか信頼できる上司に尋ねておくことが大切です。

海外勤務をするとは大幅な昇給が見込める

海外勤務する場合は、心身への負担を考慮して、大幅な給与アップが見込めます。商社に限ったことではありませんが、比較的海外勤務をする機会が多い商社だからこそ、継続的な昇給が見込めます。商社によって給与の上がり幅は異なり、危険と判断されている海外の地域への勤務であれば、更に手当が付いて総支給額が上がる可能性があります。

海外勤務をするためには体力と精神力が必要

海外勤務でしっかりと仕事をこなすためには、十分な体力と精神力が必要です。国内での業務であっても長時間勤務が多いため、体力と精神力は必要ですが、海外勤務ともなればより一層心身が削られます。入社前に言語を身に着けていても、文化が異なるためコミュニケーションをとることが難しく、満足できる結果を得られない場合もあります。

海外勤務で求められる人材を目指そう

海外勤務を任せてもらえる人材については、企業によって様々な基準が設けられています。英語ができれば海外勤務ができることもあれば、一定以上の成績を挙げなければ候補者に抜擢されないこともあります。また、上司に気にいられていれば海外勤務が認められることもあります。まずは、企業がどのような基準で海外勤務者を選出しているのかを知ることが大切です。

海外勤務をするには高いコミュニケーション能力が必要

海外勤務がある商社では、文化が異なる人物との商談をし、良い結果を生まなければなりません。そのためには、高いコミュニケーション能力と状況適応能力が必要です。そういった能力を持っていることをアピールするために、アウェイの環境で良い結果を生んだ経験を面接で伝えましょう。また、海外勤務の枠が少なく、倍率が高い場合には、結果を出せなければすぐに帰国を命じられることも多いです。最初から良い結果を出せるように入社前から十分に準備をしておきましょう。

海外勤務がある商社は「体力・精神力・コミュニケーション能力」が必要とされると把握してから入社しよう

海外勤務がある商社に入社したいのであれば、高いコミュニケーション能力が必要です。そして、商社によって海外勤務の候補者の選出方法は様々です。予め、入社にあたっての選出方法や基準について調べておきましょう。また、商社によって海外勤務の際の待遇は異なります。危険地域への勤務の場合は、より一層高い給与を貰えることもあります。海外勤務に関する基本的な情報は、入社を目指す際に一通り得ておきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

087e99ba4bdd35fc

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント