2016年11月29日(火) 更新

ベンチャー企業のインターンに募集する利点・欠点

ベンチャー企業が多くなっている

誰もが知る大企業で仕事をする事に憧れる人もいますが、そうでは無い人ももちろんいます。今、国内ではどんどんとベンチャー企業が出来上がっており、わずか数年のうちに誰もが名前を知っている超有名企業に成長するベンチャー企業もめずらしくありません。インターンで働く事を視野に入れた人にも、ぜひ知っておいていただきたいベンチャー企業の魅力。インターンをするなら、そんな夢と勢いにあふれた会社を選ぶのも良いですね。

ベンチャー企業はインターンの募集が多い

会社としてスタートしたてのベンチャー企業は、常に新しい人材を募集しています。大手企業のインターン募集は、募集対象や募集時期が限定されている事が多いのですが、ベンチャー企業のインターン募集は一般に広く門戸を広げている事が多いのです。また、プログラマなどの専門知識が必要な職種でも、未経験を募集しているベンチャー企業もあります。ベンチャー企業でのインターンの場は、知識と経験を積める貴重なチャンスです。

インターンでありながら社員と同等に扱われる事が多い

ベンチャー企業は、ベンチャーという体質上、どんどん新しい業務へと挑戦していきます。そんなベンチャー企業でインターンとして働くと、インターンでありながら社員と同等に扱われる事が多いのです。一般の会社であれば、新入社員はまず各種研修があり、大手企業であれば各部署をトレーニーとして回るだけで数年、という事もある中、ベンチャー企業は若手にもどんどん仕事を振り分けていきます。

自分がしっかり勉強できる環境である

人手が少なく、誰もが様々な役割をこなさなくてはいけないベンチャー企業の募集では、インターンといえど扱いは社員と同じになる可能性が高くなります。その分、本人のやる気や努力に応じて大きな仕事をやらせてもらえる場合もあるのですが、インターンだから、という甘えが通用しない世界になると考えておいたほうが良いでしょう。その分、自分がしっかり勉強できる環境があるという意味でもあります。

ベンチャー企業でのインターンは想定外の業務をまかされることも

ベンチャー企業でインターンとして働く場合のメリットをお伝えしましたが、何事にもメリットとデメリットがあるのが世の常、ベンチャー企業でインターンをする時に考えられるデメリットについても見てみましょう。まず、ベンチャー企業と大手企業が異なる点として、人数の違いがあります。人員が少ないベンチャー企業では自分の仕事ではない事も進んで行う必要があり、何でも屋になる事も。けれどそれだけ勉強させてもらえると考える事も出来ます。

ベンチャー企業は労働環境や給与面がしっかりしていない場合が多い

大手企業になればなるほど、設備が整ったオフィスで働く事ができます。しかし走り始めたばかりのベンチャー企業では、インターンの立場でも、色々な面で不足を感じるかもしれません。また給与面でも大手企業と比べると少ない、と感じる可能性もあります。しかし環境や給与だけではなく、やりがいや歴史を自分が作る、という面に魅力を感じるのであれば、ベンチャー企業でのインターンは充実したものになるでしょう。

ベンチャー企業のインターン募集は社員と同等に扱われる事が多いが想定外の業務をまかされる場合がある

ベンチャー企業のインターンに募集する利点・欠点について紹介しました。これからどんどん大きくなる可能性を秘めているベンチャー企業にインターンで入ると、インターンでありながら大きな仕事を任せてもらえる可能性があるほか、会社の成長を肌で感じながら仕事が出来るという魅力があります。大企業にはない魅力を持つベンチャー企業だからこそ、インターン募集で働かせてもらえるという事は、大きな経験値になりそうです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

D770237c86312a68

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント