2017年08月10日(木) 更新

【面接のコツ15選を大公開】就活生が知っておきたい内定を掴み取るためのメソッドをご紹介~人事担当者からのアドバイスあり

就活生の考えている面接対策だけでは不十分?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「自分が心がけている面接のテクニックを教えて下さい」というアンケートを実施しました。


  • とにかく笑顔で明るくハキハキト

  • 自分意自信をもって、相手の目を見て話す

  • 解答に詰まらないようにすること

  • 質問には的確に答える

  • 表情良くはきはきと話す

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月8日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「自分が心がけている面接のテクニックを教えて下さい」

就活生が心がけている面接のテクニックは、話すときの表情や声を意識しているようです。その他にも、「自分に自信を持って、相手の目を見て話す。」「回答に詰まらないようにすること。」などを意識しているのがわかります。しかし、それだけでは対策不足は否めません。
そこでこの記事では、面接前から準備できる効果的なテクニックを紹介していきたいと思います。事前にチェックして、しっかり対策を立てて面接に挑みましょう。

PR

【これで面接は有利!】面接官が実際に使っている評価シートを公開

面接を突破するには、ズバリ自分よがりにならない客観的な視点を持つことが重要です。これに気づかず的外れな対策で進めてしまうと、50~100社受けて1社も受からないなんてことも。そこで面接官が実際に使っている評価シートの中身を無料で公開しちゃいます。これを使えば採用基準を理解した上で、的確な面接対策ができるでしょう。

面接官評価シートをもらう

面接前にするべき対策のコツ

コツ①メラビアンの法則を心得ておこう

まずは、面接前にすべき対策のコツについて見ていきましょう。面接対策を何もせずに当日を迎える人は少ないかと思います。
人は第一印象がすべて、という考え方にはれっきとした根拠があります。それは「メラビアンの法則」という、アメリカの心理学者・アルバート・メラビアンが1971年に提唱した概念であり、人物の第一印象は初めて会った瞬間、3~5秒で決まってしまうというものです。人間は初対面の相手からの情報のほとんどを「視覚」から得ており、その割合は55%にものぼります。次に声質や大きさ、速度などの「聴覚」が38%、話の内容が7%と続くのです。
面接で第一印象を損なわないためにも、メラビアンの法則を心得ておきましょう。

コツ②実際の面接を想定して何度も練習する

面接前には、実際の状況を想定して何度も練習しておきましょう。親しい友人や家族よりも、先生や就職エージェントなどにお願いして、実際の面接のような状況を作ってもらうのがおすすめです。アットホームな雰囲気の面接もありますが、厳粛な雰囲気の面接の方が圧倒的に多いといえます。実際の面接を想定した練習でなければ、あまり意味がないでしょう。そして一度だけではなく、数回練習しておくのをおすすめします。

コツ③スーツは面接ごとにクリーニングしておく

メラビアンの法則の通り、面接での第一印象を悪くしないためにも、スーツは常にクリーニングに出し、きれいな状態をキープしておきましょう。汚れやシミ、肩に白いフケがついていたら非常に目立つため、要注意です。ワイシャツもきちんとアイロンをかけて、シワのない状態にしなければなりません。クリーニングに出すときの注意点として、必ず面接の前日までにスーツを回収できるようにしてください。当日にスーツがないという事態は避けましょう。一人暮らしをしていると、なかなかこの辺にまで注意がいきにくいかもしれませんが、メラビアンの法則を踏まえたうえで重要視していきましょう。

コツ④念入りに企業研究・業界研究をしておく

入念な企業研究をおこなうのも、大事なコツです。面接では企業の情報などを質問されるケースが多く、知らないと答えられないという非常にまずい状態になってしまいます。内定獲得まで常に必要な要素ですので、初期の段階で念入りに情報を集めておきましょう。 情報収集の方法として、インターネットの企業ページを見る、書籍などから情報を得る、インターンシップや会社説明会へ参加する、などがあります。

コツ⑤会社説明会やインターンには積極的に参加する

企業の主催する、インターンシップや会社説明会に参加するのもおすすめです。体験しなければわからない生の情報に触れられるチャンスですので、ぜひとも参加しておきましょう。インターンシップの内容は企業ごとに違いますが、参加すれば実際の仕事内容を体験できます。
実際に働いていている先輩社員から、いろいろな話が聞けるでしょう。仕事の辛さややりがい、社内の雰囲気など、入社前に知っておきたい情報を手に入れられます。

コツ⑥履歴書やESの内容を覚えておく

面接を受けるということは、事前にESや履歴書を送っているはずです。提出したESや履歴書のコピーはとってありますか。コピーを取っていないとしたら、内容をしっかり覚えていますか。面接では、履歴書やESに基づいて質問されるケースがほとんどです。自分が書いた内容なので全く覚えていないことはないと思いますが、少しでも矛盾があると面接で不利になってしまいますので、頭に入れておきましょう。

面接中の印象をよくするテクニック編

コツ⑦基本は目を見るが眉間に合わせてもOK

面接中は話をする際も聞く際も、面接官の目を見続けるのが基本です。しかし、ずっと相手の目を見続けるのが苦手な人もいるでしょう。そこでとっておきのコツとして、相手の目より少し上の眉間を見るのがおすすめです。本当に少し角度が違うだけなのですが、面接官からは自分の目を見ていると思ってもらえます。目を見て話すのが苦手な人でも、眉間を見ることで面接を乗り越えられるでしょう。
面接官が数人いる場合は、なるべく全員と目を合わせられるよう、順番に目線を送っていけば大丈夫です。あくまで面接官全員を見ている、というアピールをしましょう。 発言をしている面接官がいれば、その人を重点的に見てください。自分が質問に答えるときも、問いかけてきた相手へ目線を送るようにしましょう。

コツ⑧大きな声でハキハキ喋る

面接中の話し方でまず意識すべきは、声の大きさです。なるべく大きな声で話すようにしましょう。声のトーンが小さいと、自信がない人と捉えられてしまいます。 つまり、普段よりも大きな声で話すだけで、相手に自信をもっていると認識させられるのです。 面接中はとにかく緊張するでしょうが、面接官に自信のなさや不安な気持ちが伝わらないようにするためにも、大きめの声で話しましょう。
また、ハキハキした話し方を心がけて下さい。滑舌に自信のない人も、落ち着いて一言ずつ確実に声に出していきましょう。そして、長ったらしく話すのではなく、要点を絞っておく点も重要なコツです。結論から話すようにすると、より相手が話を理解しやすくなります。

コツ⑨抑揚をつけて話すとメリハリが出て聞きやすい

話し方に抑揚を持たせるのもコツです。最初から最後まで平坦な話し方では、相手にどこが重要なのかが伝わりにくくなりがちになります。そこで、会話の最中に音程を上げたり下げたりして、起伏を持たせましょう。 重点的に伝えたい部分を強めに発音することで、会話にメリハリをつけていくのです。自分の考えや思いを、面接官の記憶に残せるようにしましょう。

コツ⑩話の内容には具体性を持たせる

話の内容が抽象的すぎては、面接官の心は動かせません。そのため、具体性のある会話を心がけましょう。具体性とは、相手がイメージしやすいように名称や数値を入れて説明することです。
たとえば、会話の最中に明確な数字などを使って話すことで、具体性が強まります。ほかにも「なぜ志望したのか」という理由に自分の実体験を盛り込むなど、相手にイメージしやすい話し方も有効です。 面接官に自分が入社した後の活躍をイメージさせられるよう、具体性のある話し方を意識しましょう。

コツ⑪避けるべき話し方を心得ておく

面接での話し方のコツを理解したところで、逆に避けるべき話し方も知っておきましょう。本番で無意識のうちに使ってしまわないよう、NGな話し方も把握しておいた方がよいです。

面接で避けるべき話し方一覧

  • ため口を使う
  • 間違った敬語を使う
  • 荒い言葉づかい
  • 語尾を不自然に上げる
  • 相手の会話に割り込む
  • 同じ表現を何度使う
  • 言い訳じみた話し方
  • マイナスイメージを持たれる内容
  • 自分を卑下した話し方
  • 自分を過大評価している
  • モジモジと話す
  • うつむいたまま話す
  • 声が小さすぎる
  • 声が大きすぎる

コツ⑫面接官の話には適宜相づちをうつ

聞き手に回る際に重要なのが、適度に相づちをうつことです。相手の会話の内容に合わせて、首を適度に上下に動かしましょう。これにより、相手に話を聞いて理解しているというアピールができます。無表情で話しを聞いているだけでは、本当に内容を理解しているのかと不安がられてしまうため、適度に表情を変えつつ、相づちをうっていきましょう。
ただ、オーバーな相槌はわざとらしく感じられてしまうため、ほどほどにした方がよいかもしれません。また、相槌に気を取られて質問の内容が理解できていない状態にならないよう、気をつけて下さい。

コツ⑬予想外の質問には頭を柔らかくして答える

面接では、予想外の質問がくることもあります。想定していない質問だと焦ってしまいがちです。頭が真っ白になってしまう状態もあるでしょう。しかし面接官は仕事でそういった状況になったときに、どう対応するかを見たいのです。予想外の質問をされた場合も臨機応変に対応できるよう、頭を柔らかくして質問に答えましょう。どうしても浮かばない時は、「考える時間を頂いてもよろしいでしょうか」など一言述べて、1~2分考えさせてもらっても大丈夫です。しっかり答えることが大切だといえます。

link:
href: http://kenjasyukatsu.com/interview-method
title: 面接対策(就活)はこれで完璧!面接で聞かれる質問や対策法を徹底解説│賢者の就活

面接の終盤には必ず逆質問をする

コツ⑭入社後がイメージできるような逆質問が望ましい

逆質問の内容としては、入社後がイメージできるようなものが望ましいといえます。面接中に面接官から聞いた内容で、疑問に思ったことを聞くのもアリでしょう。
たとえば「入社後に貴社でこういった仕事がしたいのですが、可能でしょうか?」などです。こういった質問なら、面接官からの印象を損ねることはないでしょう。

コツ⑮印象を悪くする質問は絶対にしない!

うまくいけば自分をアピールできる逆質問を有効活用したいところですが、内容次第では面接官に悪い印象を与えてしまいます。「すぐに調べてわかる情報」や「入社後に成長したいと思っているのですが~」などの内容はNGです。学生とは違う、社会人としての自覚を持って質問するようにしましょう。年収や休日など、待遇面の情報をストレートに聞くのも避けたいですね。

印象の悪い逆質問例

  • 「御社の企業理念は何ですか?」
  • 「能力を伸ばしてくれる環境ですか? 」
  • 「御社に入ると、どんな研修などのメリットがありますか?」
  • 「月給と手当はいくらもらえますか? 」
  • 「前年のボーナスの支給実績は? 」
  • 「年間休日は何日ありますか?」

逆質問に適した例文集

では、具体的にどういった逆質問をすればよいのか、下記に例文を集めてみたので、面接の際はこういった内容を質問してみてください。

印象の良い逆質問例

  • 「体力があるので徹夜なども大丈夫ですが、平均的な残業時間はどれくらいでしょうか?」
  • 「○月に商戦を迎えると思いますが、繁忙期はこのへんでしょうか?」
  • 「休日は部署や個人の仕事内容によって異なりますか?」
  • 「私の趣味は旅行なのですが、あまり大変ではない時期に有休を取得できますか?」
  • 「私の地元は○○県ですが、地方支社での勤務は可能ですか?」
  • 「体力には自信があります。繁忙期はどのくらいの勤務時間でしょうか?」
  • 「私は粘り強い性格ですが、他にはどんな資質があるとよいでしょう?」
  • 「人と仲良くなるのが得意です。部署のみなさんの雰囲気はどのよような感じでしょう?」
  • 「○○の資格を持っていますが、有効活用できるでしょうか?」
  • 「○○のスキルは、配属先の部署で活かせるでしょうか?」

link:
href: http://kenjasyukatsu.com/archives/395
title: あなたの面接力を倍増させる話し方の7つのコツ│賢者の就活

面接が終わった後も気を抜けない

一般的な社会のマナーに反することも会場付近ではしない

一般的な社会のマナーに反することも、会場付近では絶対にしないようにして下さい。指定外の場所での喫煙や、電車内での通話などが代表的な例です。
また、親や恋人に迎えをお願いしている人もいるかもしれませんが、その場面は見られないようにした方がいいでしょう。社会人としての自立といった面で、あまり良い印象はあたえません。

面接後はお礼メールを送ろう

選考が有利になるというわけではない

面接後は、感謝の気持ちを伝えるためにお礼メールを送りましょう。お礼メールとは、面接後に企業の採用担当者に対して、貴重な時間を割いて面接してもらえたことに対する、感謝の気持ちを伝えるものです。
しかし、お礼メールが選考に有利になるというわけではないため、注意してください。 「お礼メールで不採用が採用に変わる」というケースは稀だと思っておいた方がよいでしょう。お礼メールはあくまでもお礼なのです。感謝の気持ちを込めて、丁寧な文章を送るようにしてください。

お礼メールの例文

では、面接をしてくださった方へ送るべき、お礼メールの例文をご紹介します。

面接後のお礼メールの例文

株式会社○○
人事部 採用担当 ○○様
△△大学△△学部△△学科の●●●●と申します。
本日はお忙しい中、ご面談の機会をいただきまして誠にありがとうございました。
本日の面接では、短い時間ではございましたが、自分らしさをお伝えできたと思っております。
今回の面談を通じて、改めて皆さまと共に働きたいという思いがより一層強くなりました。
是非とも良いご連絡がいただけますよう祈っております。
末筆ながら、ご面談のお礼を申し上げますとともに、貴社のご繁栄と皆さまのご多幸をお祈り申し上げます。

  • △△大学△△学部△△学科
  • ●●●●
  • mail:xxxx@xxxx.ne.jp
  • phone:xxx-xxxx-xxxx
  • mobile phone:xxx-xxxx-xxxx

人事担当者から就活生へのアドバイス

では最後に、人事担当者から就活生へのアドバイスをご紹介します。

人事担当者からのアドバイス

面接では、とにかく素直さを重要視しています。柔軟性といってもいいですね。変に自分を取り繕うのではなく、ありのままの自分で面接に挑戦するといいと思いますよ。

就活面接では十分に対策を取ることが大事!コツを把握して万全の態勢で臨もう

就活の面接におけるコツを15個ご紹介してきましたが、いかがでしたか?面接前にも面接中にも、できることはたくさんあるのです。ここでご紹介した内容をしっかり心得ておけば、面接にも自信を持って臨めるでしょう。最初から最後まで気を抜くことなく、面接に挑んでみて下さい。

面接官の立場になって自分を評価してみませんか?

面接では何が評価されているのか、またなぜ落ちたのかがわかりにくいもの。そのため、有効な対策を見つけるのは意外と難しいですよね。
実際、面接官はあなたのマナー、志望動機、自己PRなどを主に3つのシートで評価しているといわれています。今回、そんな面接官が実際に使っている評価シートを無料で公開!これで対策を行えば自信を持って面接に臨めるでしょう。

面接官シートをもらう!

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

デジタルマーケティングカンパニーに学ぶ、満足度95%のインターン
  • 2019年卒
  • インターン説明会

デジタルマーケティングカンパニーに学ぶ、満足度95%のインターン

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.06.29 12:00 ...

社会で必要となる「考えながら、動く」能力。最先端のデジタルマーケティングカンパニーから、「考動」を学べるワーク型のインターンです。

4192 view

絶対に内定が欲しい学生限定!内定獲得率がぐんぐん上がる夏期集中就活講座
  • 2018年卒
  • 就活セミナー

絶対に内定が欲しい学生限定!内定獲得率がぐんぐん上がる夏期集中就活講座

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.08.21 14:00 ...

絶対に内定が欲しい学生限定!内定獲得率がぐんぐん上がる夏期集中就活講座

2210 view

テレビ朝日/ANA/三菱商事などの選考対策!日本No.1の内定実績を持つ就活スクールが就活セミナー&説明会を開催!
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

テレビ朝日/ANA/三菱商事などの選考対策!日本No.1の内定実績を持つ就活スクールが就活セミナー&説明会を開催!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2016.12.20 19:00 ...

19卒のみなさん向けの就活対策塾が、早くも開催決定いたしました。今の内から就活対策を始めて、ライバルに圧倒的な差をつけて大手企業に入社を目指す方は、ぜひこの機会をご利用ください。

17500 view

もっと見る

おすすめの就活イベント

すでに100,000人以上の就活生が活用しています!
3a1d23755c9b02d6