2016年12月16日(金) 更新

面接官に好印象を与えるコツとテクニック

面接官に好印象を与えるコツ①:明るい笑顔で臨む

就活の面接で好印象を得るには、いくつかコツがあります。人の印象は出会って数秒で決まるといわれており、好印象であれば採用される確率も高いです。まず、面接中は明るく、笑顔でいることを心がけておきましょう。

面接官に好印象を与えるには最初が肝心です。明るい笑顔で挨拶をし、面接中もハキハキと答えるようにしましょう。ここで作り笑顔にならないように自然にやわらかく笑うことがコツです。普段のコミュニケーションで笑顔や声を心がけておけば本番でも自然な状態で好印象を与えることができます。

面接官に好印象を与えるコツ②:基本的な礼儀作法を守る

面接官に好印象を与えるコツとして難しいテクニックを身に付けるよりも、基本的なことを確実にこなせるようにしておきましょう。そのため、基本的な礼儀作法、マナーが重要となります。面接中の挨拶、礼の仕方、スーツの着こなし、カバンやモノの置き方、敬語などに注意しておきましょう。

面接官はこういった何気ない仕草や礼儀をしっかり見ています。話の内容がよくても礼儀がなっていなければ、就職後大事なクライアントに迷惑をかけかねないと判断されてしまうでしょう。社会人のビジネスマナーとして必須だといえますので確実に身に付けておいてください。

面接官に好印象を与えるコツ③:わかりやすく話す

面接官に好印象を与えるには、質問されたことに対して的確に答えることが大切です。よく面接官の質問に対して的を得た回答ができない、質問に対する回答が長い、要点が受け取りづらいというのがあります。働く上で伝達、円滑なコミュニケーションができるかは非常に大切です。

仕事では結論ファースとともいわれるため、質問に対してまずは結論、結果を述べるようにしましょう。そして理由付けなどの順番で話すと面接官にも伝わりやすく、好印象を与えられるはずです。

面接官に好印象を与えるコツは明るい笑顔・礼儀作法やマナー・わかりやすく話すこと

面接官に好印象を与えるには、基本的なことを確実にこなせる点をアピールするといいでしょう。難しいテクニックというよりも、基本的な挨拶、表情、礼儀、マナー次第で好印象につながります。面接官に伝える内容ももちろん大切ですが、働く上では基本的なビジネスマナーを守れるかも重要視されます。
また、面接官の質問には的確に答えられるようにするといいでしょう。質問の意図をくみ取り、まずは結論から述べていくと相手にも伝わりやすいです。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント