2016年11月29日(火) 更新

面接の基本的な準備と採用担当者に印象を残す方法 

面接の基本は準備にある

面接の基本に沿って準備をしていきましょう。まずは面接攻略本などを利用して、面接の最低限のマナーは把握しましょう。それから、どのような質問が一般的かも確認しましょう。企業の形態によっても、質問の傾向があるはずなので、過去の状況を調べられる限り、把握しておきましょう。自分で調べたことは、直接面接に役立たなかったとしても、決して無駄にはならないはずです。

準備をしておくと採用担当者に覚えられやすくなる

面接の基本は、マニュアル本などから学ぶことができます。ここから、他の面接者より抜きに出るような、あなた自身の個性を出し、採用担当者にこの人だ。と覚えてもらい、一次から二次面接に進めるための何かプラスアルファを付け加えていかねばなりません。ただの自慢話にならないような、会社に貢献できる要素が自分にないのか、深く追求し、面接の準備をしていきましょう。

身だしなみを整えることも面接の基本

面接の基本といっても、髪型は清潔感のあるものに、靴は汚れがなく、手入れがしてあるかどうか、などの身だしなみも基本中のことです。声のトーン、抑揚など、話し方の基本もあります。挨拶の仕方、お辞儀の仕方、ちょっとした動作、所作に至っても、採用担当者にもたれる印象は違います。面接のときだけ行おうとしても難しいです。普段の生活から意識を変えていきましょう。

言葉遣いを直すのも面接の基本的な準備

採用担当者は、多くの面接をしているので、あなたの所作、言動を見ただけで、付け焼刃的なのか、本物なのかどうかがわかってしまいます。普段の行動を少しずつでも意識して、言葉をはっきり話す、丁寧な話し方に切り替えてみる、動作は丁寧に行う、表情を朗らかにするなどのことが、本番の面接で役に立つことでしょう。面接の基本は、生活の基本ともいえるのではないでしょうか。

採用担当者に印象を残したいなら個性を出そう

面接の基本的な内容は、自己紹介、志望理由、大学生活で印象に残っていること、会社に対する質問などがあります。採用担当者は同じような内容を聞いているので、退屈に感じていることもあるでしょう。他の人とは違う、インパクトのある内容で話すためには、自分自身を客観的に見つめなおしたり、会社についても、深く研究し、中身の濃い話ができるように準備をしましょう。採用担当者に印象を残したいなら、個性を出せる回答を準備するのが一番良い方法です。

深堀できる会話を準備しておく

面接の基本は準備段階が肝心です。自分がなぜこの会社に入りたいのかを、明確に準備しましょう。理由を明確にするためには、どうしてだろう、なぜだろうと、追及して答えを導き準備を整えると、面接の話しに深みや厚みがでてきます。採用担当者がこの人はここまで自分のことを分析できて、会社のことを理解しているのだ、と納得してくれるような内容の面接になるでしょう。

面接の基本は身だしなみや言葉遣いにあり採用担当者に印象を残すなら個性のある回答を準備しておく

面接の基本は、就職試験を経験した先輩や、仲間、面接対処方法などの本を通して、学べることができます。質問例や解答例はあくまでもお手本です。面接の基本を理解する準備段階のためだけに利用しましょう。そして、基本に基づき、自分自身の内容として肉を付けていく。セリフを覚えて、話すだけでは採用担当者の心に響きません。採用担当者が納得するような、中身の濃い話をできるように準備しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bd94d1291cacecc6

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

いきなり社長面接ルートあり!内定率96%のプレミアム面談で最短即日内定

    ▶広島会場へのお申し込みはこちら ※エントリー後「03-5745-0202」より日程調整のお電話を致します。