事前に年収や適職を見極めるのが転職成功のカギ
C91f42b00ca0ef68

2020年06月26日(金) 更新

歯科衛生士と看護師の給料平均と就業の実態

歯科衛生士の給料平均は?

歯科衛生士は医療内容が通常の病院と違うだけで、人の病気や怪我を治す仕事、お手伝いをしてるのは一緒です。
歯科衛生士は、看護師とは給料と就業の実態が大きく異なります。歯科衛生士は看護師とは違い、ある程度で年収は頭打ちで昇進さえないのが現状です。
歯科衛生士の給与や年収がどのくらいなのでしょうか?

歯科衛生士は給料25万円・年収310万円が平均

歯科衛生士の給料は、職場によって大きく異なります。
1人の歯科医師と1人の歯科衛生士しかいない小さな医院も存在し、給料含めて待遇に関しては各歯科衛生士によって異なるのです。単純に、規模が大きければ給料や待遇が良いというわけでもありません。

歯科衛生士全体でみると、平均月収は25万円程度、年収は平均310万円程度という統計が出ています。新卒の初任給は20万円前後が多くなっており、賞与の有無も歯科衛生士によってまちまちです。

看護師の給料平均は?

看護師の給料も職場によって変わります。
例えば、公的な医療施設は大規模病院よりも給料は低いです。比較的大規模病院の方が、病院の割合が高く、医療施設で給料の水準が高い傾向にあります。

看護師は給料35万円・年収450~500万円が平均

看護師の平均給料は35万円で、年収は450万円~500万円です。勤める病院や夜勤の有無によって大きく変動します。
日本女性の仕事としてはかなりの高給料です。
大企業ですら大幅なリストラや人員削減を行っているグローバル時代を考えれば、看護師の給料、就職や転職は比較にならない程恵まれており、この状況は長期にわたって変わらないと言われています。

歯科衛生士に比べて給料が高い看護師の実態とは

看護師は歯科衛生士より更に仕事量は多いですし、場合によっては患者さんが死ぬ場面にも立ち会うので精神的な負荷がかかるのは確かです。しかし、同じ患者さんを治療する医療業界において「これだけ給与が違うのか!」とびっくりする人も多いでしょう。 仕事の内容はどのように違うのでしょうか。

看護師は生活リズムが乱れやすく休みもカレンダー通りではない

看護師と歯科衛生士の大きな違いは夜勤の有無でしょう。夜勤が多く、生活リズムが乱れると言う看護師はたくさんいます。休みもカレンダー通りではない看護師の方が圧倒的に多く、非常にハードな仕事です。
歯科衛生士の場合は夜勤もなく、休みも不定期というわけではありません。

精神的・身体的にタフでないと続かない

看護師は患者からの個別的な苦情対応や精神的フォロー、更に仕事の合間に医療に対する新しい知識や技術の習得も行わなければいけません。
看護師は精神的、身体的にタフな人でないと続かない職業です。歯科衛生士や一般企業のOLより給料は高いですが、それでも「割に合わない」と感じている看護師も多いのが現状です。

就活生に人気の21業界をチェック!

就職先を決めるには、自分自身に合った業界を知ることも大切です。そのためには、まず業界について知っておく必要があります。そこでおすすめなのが「人気21業界丸わかりマップ」です。こちらでは、就活生に人気の21業界をピックアップしています。21の業界ごとに主要企業の売上高や年収も掲載しているため、この1冊でたくさんの情報を無料で収集することができます。就活は、時間との戦いでもあります。就活を効率よく進めるためにも、GETしておきましょう。

歯科衛生士と看護師の平均給料の差は約10万円!看護の仕事はかなりハード

歯科衛生士と看護師の給料平均と就業の実態について説明しました。
看護師の方がハードであると述べましたが、歯科衛生士は就職先が見つけやすく、安定した収入を得ることができる職業です。
精神的、肉体的なタフさに自信があり、給料の良い仕事に就きたいなら、看護師はオススメです。看護師も就職先が見つけやすく、退職しても復帰しやすいのが魅力です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

Bc13609351f58bdb

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント