2016年11月29日(火) 更新

採用内々定と採用内定の違いは?組織が行う採用の種類

就活した組織に採用されると「採用内定」という通知が届く

大学生によっては、希望するいくつもの組織から採用通知が届く場合があります。勿論、入社できる組織は一つであるため、多くの組織から最も希望する所を選び、契約を結ぶことになります。採用内定が取り消されるケースは基本的にはないため、採用内定が得られた時点で、学生としては一安心ということになります。では、採用内定の具体的な意味とは何なのでしょうか。

採用内定とは学生と組織の双方が労働契約について合意された状態

採用内定とは、選考を受けた組織から採用通知が届いた後、学生と組織の双方が労働契約についての合意がなされた状態を意味します。すでに合意による契約の締結がなされているため、組織側から内定を取り消すということになると、それは解雇と同等の意味を持つことになります。そのため、内定となった以上はそれが撤回されるケースは基本的にないのです。

採用内々定は取り消される可能性があるので注意

就職活動をする上においては、採用内定の意味の他に、採用内々定の意味も覚えておく必要があります。なぜなら、双方の意味は大きく異なるからです。採用内々定の特徴の一つは、理不尽な理由で取り消される可能性があるということです。そのため、採用内々定が一つ得られたことで、確実に就職先が定まったと判断してしまうのは早合点ということになります。

採用内々定のままだと労働契約が結ばれていない段階のため法的効力が弱い

採用内々定とは、選考を通過した組織から、採用を予定する通知が届くことを意味します。この場合は採用内定とは違い、まだ労働契約が結ばれていない段階となります。そのため、採用内定と比べると、採用内々定の方が取り消される可能性が大きいです。採用内定の場合は、特例とも言えるような大きな事情がない限り、組織側から取り消すことはできません。

採用内々定が取り消されても入社予定者側は何も訴えられない

採用内々定は、例え組織側から採用予定を撤回されたとしても、入社予定者側から訴訟を起こしたりするような行動はとりにくいです。なぜなら、採用内々定には法的拘束力がないからです。しかし、一度採用予定であることを伝えた以上は、何らかの事情がない限りそれが撤回されるケースは少ないです。では、どのような事情が発生すると撤回されてしまうのでしょうか。

採用内々定が取り消しとなる主なケースは「組織の経営悪化」「問題行動」

採用内々定を取り消すケースとして、組織の経営状況が悪化した場合が挙げられます。経営状況によって雇用がやや難しい状況になった場合は、取り消すことがあります。また、入社予定者が社会的に問題のある行動をとった場合にも、取り消すことがあります。この他にも、組織の方針次第で取り消す可能性があるため、その点は踏まえておく必要があります。

採用内々定と採用内定の違いは法的拘束力にあり内々定だと組織側から一方的に取り消しができる

就職活動をする立場としては、組織から採用内々定を得ても、気を抜くことは禁物です。なぜなら、まだ正式に労働契約が結ばれたわけではないからです。そのため、採用内々定が取り消される可能性を考慮し、いつでも就職活動を再開できるような準備が必要になってきます。人によっては、採用内々定を得た後もそのまま就職活動を続けるケースもあるのです。しっかりと内定をもらうまでは油断しないようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

1da6cecea75311cf

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント