2016年11月25日(金) 更新

凸版印刷のインターンシップの内容と受かるための選考対策

インターンシップの選考対策①:魅力を知る

凸版印刷のインターンシップには、学生が多く集まるわけですが、そもそもの凸版印刷のインターンシップの魅力とはどのような部分にあるのでしょうか。

凸版印刷の社員との距離が近いことが魅力

凸版印刷の魅力は、まず間違いなく最大手であるということですが、凸版印刷のインターンシップの魅力は、社員の方との距離が近く、社員の考え方や仕事の仕方を近くで体感できるというところにあるという声が多いです。最大手であるにも関わらず、そのように一人一人にしっかりと対応してくれることはやはり嬉しいですし、モチベーションも高まるというものです。

インターンシップの選考対策②:実施内容

では実際の凸版印刷のインターンシップはどのようなプログラムで行われているのでしょうか。凸版印刷のインターンシップは6日間で行われます。

6日間のインターンシップで凸版印刷のイメージをつかむ

【一日目:オリエンテーション】
一日目はまず、オリエンテーションがあります。そこで、働くことに対しての考え方や働くイメージをうえつけ、凸版印刷がどういう仕事をしているのかということを紹介していきます。

【二日目から五日目:業務体験】
二日目から五日目は、実際に業務に入り、職場で仕事を体験していきます。営業部、企画部、技術部と、3つの部門の中から仕事を体験することができます。

【六日目:成果発表】
最終日は、グループワークに取り組み、成果発表のコンテストを行うという流れでインターンシップは行われていきます。

インターンシップの選考対策③:エントリーシート

凸版印刷のインターンシップに参加するためには、エントリーシートを提出しなければなりません。記入する際には、いったいどのような点に注意すれば良いのでしょうか。

選考:エントリーシートの項目はシンプル

では、実際のエントリーシートにはどのような項目があるのか、紹介していきます。

「凸版印刷のインターンシップを志望した理由」
「学生生活の中で、一番力をいれていること」
「凸版印刷の弱みとは」
「仕事をする上で一番大事にしなければならないことを、自分の体験を交えて書いてください」
「学生生活の中で、一番辛かったこととは?また、それをどのようにして乗り越えたか」

内容としては、他の企業にもあるような一般的な項目ばかりです。

対策a:印刷物への思い入れなどで志望動機を固める

学生の性格や向上心を見るような項目が多いので、自分がどれだけ凸版印刷のインターンシップに行きたいかということをアピールするような形で記入すれば、評価は得られるかもしれません。印刷物への思い入れや学生時代に印刷と関わった経験を語るのも良いでしょう。また、企業研究をしっかりと行い、うまく入れ込むというのも、アピールの一つとなるはずです。

対策b:企業理念を理解する

凸版印刷のホームページでは企業理念について以下のように語られています。

「私たちは
常にお客さまの信頼にこたえ
彩りの知と技をもとに
こころをこめた作品を創りだし
情報・文化の担い手として
ふれあい豊かなくらしに貢献します」

印刷を通して情報と文化を伝え、人々の暮らしを豊かにしていきたいという凸版印刷の理想が見て取れます。凸版印刷の求める人材も、こうした理念に共感できる人間でしょう。なぜ、IT全盛のなか印刷業界に興味を持ったのか、ITの隆盛に適応して印刷業界ご取るべき舵は、印刷業界のなかでなぜ凸版印刷なのか、今までの思い出をふまえて印刷に対する思い入れを持ったきっかけは、などなど自身の言葉で語れるよう選考対策を行うようにしましょう。

インターンシップの選考対策④:グループディスカッション

凸版印刷ではグループディスカッションによる選考も行われます。どのような対策をとれば良いのでしょうか。

選考:グループディスカッション

凸版印刷のグループディスカッションは6~7人の学生で30分間行われることになります。過去に出されたテーマとしては
「社内活性の効果を期待して社内の壁を全て赤色にしよう、と言い出した社長をどのように止めるか」
というようなものがあったようです。

対策:抽象的なテーマを定義づけしてロジカルに進める

かなり独特のテーマで戸惑うかもしれませんが、やることは普通のグループディスカッションと変わりません。テーマによって発生するマイナス面を取り上げ、それを理論立てて証明していくだけです。どれほど独特のテーマであっても、結局やることは全て同じです。落ち着いて考えるということを、心がけておきましょう。

凸版印刷のインターンシップ選考は業界への理解としっかりした志望動機が対策として重要!

凸版印刷のインターンシップの選考と対策について紹介してきました。凸版印刷のインターンシップは、そのプログラムや就職活動への貢献度ももちろん評価されていますが、それ以上に、シンプルに、楽しいという声が多いです。楽しいイメージでインターンシップを終えることができれば、働くことに対しても同時に良いイメージを持てるようになり、より就職活動へのモチベーションを高められそうですね。そういう意味でも参加する価値の高いインターンシップと言えるでしょう。ぜひ、凸版印刷のインターンシップ選考の対策を行って参加できるようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント