2017年06月26日(月) 更新

就活中の女子が抱く悩みとライフプラン|キャリアを目指す女子とそれを取り巻く社会環境

就活中に女子が抱える悩みとは?

ライフプランに関する悩みが多い

就活中の女子は、いったい何に悩んでいるのでしょうか。女子には、将来結婚したり出産したりといった、ライフイベントがあるかもしれません。このようなイベントがあった場合、仕事と家庭、どちらを優先すべきなのかが悩みの種になります。「どちらも両立させたいがそれは可能なのか」、「自分に合った働き方をしたいがそれはどういったものなのか」、そう悩んでいる女子就活生は多いのです。

女子はやりがいのある仕事を求めている

将来、結婚する・しないにかかわらず、キャリア重視で働きたい女子は少なくありません。3年後、5年後、10年後の自分を想像したとき、妻として家事・育児をこなし、やりがいのある仕事を求める女子が多いようです。しかし、これが女子就活生にとって悩みとなる部分です。そのような状況は経験がないので、具体的にイメージしにくく、本当に仕事と家庭の両立は可能なのか不安に思えてくるのです。

自分に合ったライフプランを選択する方法

将来についてを明確にしてみる

女子就活生であれば、1度は結婚や出産を含むライフプランを考えたことがあるでしょう。しかし中には、将来なんてどうなるかわからないから、ライフプランなんて立てられないと思っている人もいます。そんな方は、予定で良いので、自分のプランを明確にすることから始めましょう。3年後、5年後、10年後に自分はどうなっていたいのか、一度じっくり考えてみるのです。自分は将来どうなっていたいのか、就活時点での自分の考えを持っておきましょう。

ライフプランとキャリアプランのすり合わせをしてみる

ライフプランとキャリアプランをすり合わせてみると、自分にはどういう働き方が合っているのかが見えてきます。出産などのライフイベントと、キャリアアップややりたい仕事をする年齢が重なる場合もあるでしょう。その場合、何が自分に取って重要なのかを考え、優先順位をつけるのです。そうすれば、どんな働き方をすればよいか、ある程度具体的に考えられるでしょう。
面接では、キャリアプランについても質問されます。ここで重要になるのが、自分の意思を持つことです。将来について何も考えていない人は、面接官に見抜かれます。

仕事と家庭の両立を図りやすい会社は?

産休・育休などの制度がきちんと整えられている

仕事と家庭の両立を図る際に問題となるのは、出産や育児の問題です。産休・育休などの制度が整えられていれば、会社復帰もしやすく、その後も働きやすいしょう。
「女性は結婚したら家庭に入るのが当たり前」と考えている古い体質の会社では、結婚を理由に退職を迫る可能性が高いです。このような会社では、制度も整えられているかどうか不安です。制度はあっても、活用されていないケースもあります。可能であれば、過去の育児休暇の取得人数と取得率、男性の育児休暇の取得率を調べるとよいでしょう。また、上長がサポートできているかもポイントになります。上長が理解を示してくれているかどうかで、働きやすさが違ってくるのです。

女性管理職が多い会社は理解がある

女性管理職は、政府が「女性の活躍推進」を強力に進めていることもあり、徐々に増えつつあります。女性管理職であると、同性で理解も得やすいため、働きやすく安心です。女性特有の悩みも相談しやすく、上長が同じような経験をしていれば、より良い解決法に導いてもらえるでしょう。

仕事を重視する場合に適した会社は?

安定を求めるなら公務員がベスト

「結婚できるかわからないし、結婚しても離婚するかもしれないので、ひとりでも食べていけるようになっていたい」という女子就活生もいるでしょう。その場合、安定を求めるなら公務員がおすすめです。雇用面、収入面ともに安定しています。一般企業であれば、不況の煽りで突然倒産するということもありえます。公務員であれば、そのリスクは殆どありません。

資格を取得しておけば強みになる職種がある会社

民間であれば、キャリア形成を考えて選ぶとよいでしょう。その際、キャリアプランを立てて、資格を取っておくとよいです。また、将来自分の意志に反して、転職せざるをえない場合も出てくる可能性があります。資格を持っていれば、転職の際にも役に立ち、それまで培ったキャリアを十分に活かせる場を得やすいでしょう。

就活で結婚に関する質問をされる場合が多い

面接官は将来について聞きたがっている

女性の場合、就活の面接中に「結婚しても仕事を続けますか?」と質問されることもあります。この場合、本気で「結婚してもこの会社で働き続けるか?」と聞きたいわけではありません。面接官は、将来についてしっかり考えられているか、仕事への意欲があるかを見ているのです。

仕事への意欲を強調する回答が好ましい

就活の面接中にこの手の質問をされたら、仕事への意欲を強調して答えるとよいでしょう。将来のライフプランを明確にした回答がベストです。「結婚後も仕事を続けたいと考えています。時間的な制約ができる可能性は確かにありますが、柔軟に対応できるよう能力を身につけていきたいです。」というように自分の意志をはっきり示しましょう。仕事への意欲を強調するのがポイントです。

女子就活生はライフプランを明確にし将来に対する悩みをなくして会社を選ぼう

女子就活生は将来のライフプランを明確にして、それに適した会社選びをすることが大切になってきます。結婚、出産後も働きたいのであれば、産休・育休などの制度の実績のある会社を選ぶとよいでしょう。女性管理職がいると理解されやすいので働きやすいです。面接時に「結婚しても仕事を続けますか?」と聞かれたときは、仕事への意欲を強調して答えると面接官からの評価もよいでしょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント