2020年05月22日(金) 更新

【励ます言葉特集】就活で失敗した人に贈る・自分自身に贈る実際に元気が出た言葉を一挙大公開

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

就活生が辛いと思うのは、どういった時なのでしょうか?キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集め、代表的な声をまとめました。

質問:就活を辛いと思う時は主にどんなときですか?あなた自身の辛い経験を教えてください。また、就活に疲れた時のリフレッシュ方法も教えてください。

就活生の回答

やはり、選考が通らなかったときに辛いなと思います。私自身、志望業界の企業に何社も落ちてしまい、就活を辛いと思ったことがあります。そんな時に私がしていたリフレッシュ方法としては、「カフェでのんびり」「就活に関する書籍を読む」「ジムで体を動かす」などです。趣味であるカフェ巡りをすることで、就活でのストレスが軽減できました。就活に関する書籍を読むと、次の面接に備えて準備をすることもできました。また、ジムで適度に体を動かすことで気持ちがすっきりした経験もあります。そして一番大事なのが、「そこは私が務めるべき会社ではなかったのだと、天が言っている」と割り切ることです。

※上記は就活生から取得したアンケート回答をもとに、編集部で表記や表現などを一部調整のうえ、記載しております。

落ち込む就活生を励ます言葉の傾向とは?

キャリアパーク会員の就活生を対象に「あなたなら就活試験に落ちた人へどんな”励ましの言葉”をかけますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 切り替えて次に活かそう。
  • あの企業とはご縁がなかったんだよ
  • 次の試験に向けて頑張ろ!
  • 次を考えていこう
  • 企業と自分の性格が合わなかっただけだから大丈夫だよ

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「あなたなら就活試験に落ちた人へどんな”励ましの言葉”をかけますか?」

就活生どうしのコミュニケーションの中には、採用されず落ち込んでいる人に対して励ます場面もあるでしょう。そんな時にどんな声をかけるのかについて、いただいた回答によると、気持ちの切り替えを進めたり、経験を次に活かそうと呼びかけたり、企業と励ます相手との相性がよくなかったからと伝える傾向が見えてきました。自分自身が落ち込む立場になるかもしれない就活において、どんな言葉で励まし、励まされるのがいいのでしょうか。

身近な人からの励ましの一言

就活で内定が出ないでいると、気持ちも沈んできてやっぱり落ちこんでしまいますよね。そんな時に、励ましの言葉をかけられると元気が出るものです。特に、両親、友達、恋人、など身近な人からの励ましはいつも前へ進む力を与えてくれます。
ここでは、身近な人から言われると元気の出る励ましの言葉を紹介していきます。

母からの励ましの言葉:たった一社だけ内定もらえればいい

母親からの言葉は、何かと心に響くものです。就活の選考がなかなか進めず悩んでいた時に、母親から「たった一社だけ内定をもらえればいいのだから」と励ましの言葉をかけてくれたというエピソード。
たしかに、就活に前のめりになっていると「たくさん内定をもらわなくてはいけない」という固定観念のようなものが出てきてしまいます。周りの友人の選考がどんどん進む中、自分だけ内定が出ていないと、さらにそういう気持ちに拍車がかかってしまいますよね。

しかし、この言葉のように「たった一社だけ内定をもらえればいい」のです。いくら内定を貰っていても、入社するのはたったの一社だけ。この母親の言葉は、そんな大切な事を思い出させてくれる素敵な励ましの言葉ですね。

恋人からの励ましの言葉:安心して就職活動して

就活が辛いとき、恋人からの励ましも嬉しく前向きになれるものです。恋人からの励ましのエピソードにこんなものがあります。
内定が決まらずに焦っているとき、付き合っていた彼氏に弱音を吐いてしまいガチになっていました。しかし彼氏は、嫌な顔一つしないで「大丈夫だよ。君の最終的な就職先は俺が用意しとくから。安心して就職活動しなさい」と言われたのだそうです。
こんな甘い言葉をかけてくれる彼氏がいるのですね!こんなプロポーズみたいな励ましの言葉をかけられたら、やる気も満ち溢れることでしょう。就活で落ち込んでいる彼女がいる場合、とても有効的な励ましの言葉かもしれません。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

自分で自分を励ます言葉

いろんな人に励ましの言葉を掛けて貰えても結局気持ちは自分自身の問題になります。最終的に、自分の可能性を信じ、励ませるのは自分自身しかいないのではないでしょうか?
就活で内定が無い時、自分自身をやる気にさせる励ましの言葉を紹介していきます。

自分の選んだ道が正解

就活で「内定が出なくても良い」という開き直った気持ちも時には大事です。
この長い人生において、100%の正解は無いはずです。なぜなら、人生には誰一人として同じものがなく、あなたの人生はあなたにだけしか分からないものだからです。
大企業や新卒で入社する事だけが人生ではありませんそれは絶対的に幸せな事なのでしょうか?そんなことはないはずです。

どんな道を選んでも「自分の選んだ道が正解」と言い聞かせてみましょう。気持ちが少し楽になりるはずです。何が起きても、あなたの道を歩いていけばいいのです。落ち込んでいる友人がいたら、この言葉をかけてあげてもいいかもしれませんね。

自信とは不安を感じないことではなく不安をコントロールする力だ

「自信とは不安を感じないことではなく、不安をコントロールする力だ」という言葉。自信をつけなければと思えば思う程に、不安というのは増幅していくものです。自信なんてつけなくてもいいんです。自分自身の魅力に気づけていないから、不安が出てくるのだと思います。
あなた自身が、不安をしっかりとコントロールできれば、あなたの魅力も見つかるはず。

就活は友達や周りの人と励ましあいながら乗り切ろう

いかがでしたか?今回は、就活に失敗して落ち込んでいる人への励ましの言葉について紹介しました。確かに、就活の失敗が続き、内定が出ない時はどんどん不安になってきます。落ち込んだりもしますが、人生思い通りにいかないことの方が多いものです。友人が上手くいってないときも、しっかり励ましてあげてください。きっと、自分が上手くいかなかった時は助けてくれるでしょう。周りの人達と励ましあいながら、就活を頑張って乗り切ってくださいね!

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【WEB・電話面談】1,000社から厳選!好待遇なホワイト企業に内定できる!

    【0120-082-118より日程調整のためご連絡差し上げます。】