2016年11月29日(火) 更新

就活の面接で好印象を与える自己紹介のコツ3つ

就活で好印象を与える自己紹介のコツ①欲張ると逆効果

就活の面接で好印象を与える自己紹介の方法についてみていきますが、就活の自己紹介となるとできれば色々とアピールした方が印象に残る、と思ってしまいがち。ですが、あれもこれもと欲張りすぎるのも自己紹介では良くありません。
ダラダラと何個もあなたのアピールポイントを話してしまうと、どの事柄もあまり印象に残らない可能性があるのでます。

就活面接の自己紹介はポイントを絞って短めに話そう

印象に残らない自己紹介になってしまったという事態を防ぐためには、就活の自己紹介では、いくつかアピールしたいことがあったとしてもアピールポイントを絞ることをおすすめします。
就活の面接で印象の良い自己紹介にするには、話す時間をあまり長く取らず、ピンポイントで短めに話すようにするのが効果的です。
「もうちょっと聞いていたかったな」と思わせるくらいのところで止めると、印象に残りやすくなるのです。

就活で好印象を与える自己紹介のコツ②謙虚さを忘れない

就活での自己紹介で、特に日本の企業においては大切なものがあります。それは謙虚さです。日本人は欧米人のようにあまりにも自分を良く言いすぎたり、アピールしたりするのを嫌う傾向があります。

就活の面接の場では、できるだけあなたを良く見せたいと思うのはみんな同じ気持ちですが、自己紹介では謙虚さも兼ね備えて印象をアップさせるのも重要なのです。

謙虚な姿勢は「協調性のある人物」として好印象につながる

「能あるタカは爪を隠す」ということわざもあるように、謙虚さを賢く使わなくては、就活の自己紹介がただの自慢になってしまう可能性があります。
高い実績などをアピールした場合には、自分だけの力ですとは言わずに、「みんなと力を合わせた結果、この実績を得られました。その中で私は○○の役割を担いました」というような言い方をすれば、就活の自己紹介だけでチームワークをがある、協調性がある人物と見られ好印象です。

就活で好印象を与える自己紹介のコツ③話す内容以外にも注意

就活の面接で好印象を与える自己紹介の方法についてみていますが、最後に就活の自己紹介では、たとえ立派な事を言ったとしても、印象が悪くなってしまう可能性があるという点について触れておきます。
就活の自己紹介でもうひとつ知っておいてほしいポイント、それは視覚からの印象にも気を配る必要があるという点です。

自己紹介は姿勢やハキハキした声で人間的魅力を出そう

たとえどんなに素晴らしい印象に残る自己紹介をしたとしても、猫背になってうつむいてボソボソと小さな声で話をしていたら自信が感じられませんし、この話は本当なのかなと疑われる可能性も否定できません。
就活で自己紹介をする際には、面接官たちの顔や目を見て、姿勢よく明るくはきはきと笑顔で話すように心がけたいものです。態度や声からにじみ出る人間的魅力を是非出したいものですね。普段から気を付けるようにすると良いでしょう。

就活の面接では内面からも外見からも好印象を与える自己紹介を意識しよう!

今回は、就活の面接で好印象を与える自己紹介のコツについてみていきましたが、いかがでしたか?就活の自己紹介では、話す内容をなるべく絞り、謙虚さを忘れないように話すのが効果的です。
そして、話す内容も勿論ですが姿勢や声、そして態度など外見から受ける印象にも注意したいポイントといえます。是非、ご紹介したポイントを面接の自己紹介で活用してください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 24年卒
  • 23年卒
  • 21年卒
  • 22年卒
  • 20年卒
  • 19年卒
  • 18年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

46161 view

おすすめの就活イベント

女子キャリ面談

    07/26 (14:00~15:00)