2018年12月17日(月) 更新

内定辞退届の”誠意が伝わる”書き方マナー【例文あり】

内定辞退書・内定辞退届とは?

内定辞退書・内定辞退届の書き方と例文についてみていきます。まずは内定辞退書・内定辞退届の書面の意味を知りましょう。就活や転職活動中の方は必見です。もちろん公務員に向けた勉強中の方もこれらの書面についての理解は必要ですね。

内定辞退書・内定辞退届は内定先の企業に断りを入れる書類

内定辞退書・内定辞退届とは就活や転職で内定をいただいた企業に断りを入れる書類です。就活中や転職中に複数企業から内定をいただいて、比較検討したうえで相手に内定辞退を書面で伝えましょう。

民間企業でも公務員でも内定辞退書・内定辞退届は必要

民間企業でも公務員でも内定辞退書・内定辞退届は必要な書類です。就活中や転職中に書面で内定辞退するからと言って、ぞんざいに扱ってはいけません。口頭では済まさずに、きちんとした書面で送り、書類として形に残す必要があります。民間企業の場合も公務員の場合も、就活中や転職中に内定を辞退する場合にはくれぐれも失礼のないようにするのが常識だと心得ておきましょう。

とくに公務員の場合は内定辞退書・内定辞退届の書類を早めに

とくに公務員の場合は、内定辞退書・内定辞退届の書類を早めに出す必要があります。なぜなら公務員は追加募集または補欠合格の措置の有無を決定しなければいけないからです。ですので、公務員の内定辞退書・内定辞退届の書類の提出は迅速に行いましょう。

内定辞退書・内定辞退届はメール・手紙?

就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届については、いかがでしたか。民間企業でも公務員でも内定辞退書・内定辞退届は必要な書面というのはおわかりになりましたでしょうか。とくに公務員の内定辞退書・内定辞退届の書類提出は重要でしたね。では、就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届の書面はメールと手紙のどちらがいいかも確認しておきましょう。

内定辞退書・内定辞退届は便箋に手書きする

最近の就活・転職活動では、応募先の企業とメールの書面でやりとりをする機会も増えてきた事かと思います。内定辞退書・内定辞退届の書面もメールで充分という考え方も一理ありますが、本来であれば書面はきちんと手紙で伝えるべきでしょう。書面はPCではなく、必ず手書きです。一般企業でも公務員でも同様ですね。
その際は便箋を使います。便箋は縦書きの白無地を使いましょう。柄のある便箋は似合いません。

内定辞退を決めたら電話で一報を入れた後に内定辞退書・内定辞退届

就活中や転職中の内定辞退の書面は手紙だけではありません。伝え方の方法としては、まず内定辞退をすると決めたら、メールではなく電話で一報を入れましょう。その後に改めて便箋に内定辞退書・内定辞退届という形で書面を送るのが理想です。そうした手順を覚えておくのがポイントです。手紙の書面だけで終わらせないのをお忘れなく。

あなたの就活力は何点?

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

内定辞退書・内定辞退届の書き方のマナー

就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届はメールの書面だけで済ませていけません。確かに何度も面接をしてようやく内定合格をもらったのにメールの書面一つで済ませては、寂しいですよね。メールは早く伝えられますが、温かみというものがないかもしれません。
続いては内定辞退書・内定辞退届の書き方のマナーやポイントをご紹介します。

内定辞退書・内定辞退届は基本的に失礼にあたることを意識する

貰った内定を辞退するというのは就活においては良くあることとはいえ、基本的には失礼にあたります。自分からその企業に応募しておいて、内定を貰ったにも関わらずに辞退をするからです。その事を踏まえた上で、正しい書面にて内定辞退書・内定辞退届を書きましょう。

内定辞退書・内定辞退届は必ず手書き

これまでご紹介しているように、就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届は、手書きするのが基本です。PCでWordで便箋や書面を作っても気持ちが伝わりません。白無地の便箋に丁寧な手書きを意識しましょう。

内定辞退書・内定辞退届の全体の構成

就活中や転職中の内定辞退届・採用辞退届の構成としては、基本的にシンプルなもので問題ありません。就活中や転職中の内定辞退届の内容が長々としてしまうと、言い訳がましく聞こえてしまうからです。

■最初の挨拶の文章
■内定を出してくれた事に対してのお礼
■内定辞退をするという意思表明
■内定辞退をする理由
■終わりの挨拶

内定辞退書・内定辞退届の長さは便箋一枚程度で

就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届は上記のような構成で良いでしょう。内定辞退書・内定辞退届の長さとしては、便箋一枚程度でまったく問題はありません。手書きでサラっと書き上げるという書き方の意識で内定辞退書・内定辞退届を書いてください。

内定辞退書・内定辞退届の例文

続いては就活中や転職中の内定辞退書・内定辞退届の例文をご紹介します。手紙の書き方のポイントは上記でもあげた通り、書面はシンプルにまとめる事です。ビジネス上の書類ですが、長すぎず短すぎず、丁寧な文章・書面を心掛けましょう。
例文はあくまでも参照ですので、ご自身の状況に合わせて例文の内容を変えてご利用ください。

内定辞退書・内定辞退届の例文【1】

拝啓

ますますご清祥のことと、お慶び申し上げます。
この度は、内定をいただきまして誠にありがとうございました。

私にとって、貴社からの内定はとても良いお話で最後まで悩みましたが、
以前から考えておりました●●●●の分野をどうしても極めたいと考え、
大変勝手ではありますが、この度いただきました内定を、辞退させて頂きたく思っております。

今後、貴社が益々発展されることを、心より祈願いたします。ありがとうございました。

敬具

内定辞退書・内定辞退届の例文【2】

株式会社●●●●
人事部 ●●●●様

拝啓 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
この度は、内定のご通知を頂戴し、誠に有難うございました。

先般、ご内定通知を送付頂きまして、誠に有難う御座います。
このような光栄をいただき、せっかく頂戴した内定ではございますが、
自分のやりたい方向を考えた結果、どうしても
●●●●の分野を極めたいと考えた結果、誠に勝手ではありますが、
この度いただきました内定を、辞退させていただきたいと思います。

●●様はじめ貴社の採用ご担当の方々には、大変お世話に
なっておきながらこのようなご返事で申し訳なく思います。

最後になりましたが、貴社が益々発展されることを、心より
祈願いたします。ありがとうございました。

敬 具

●●大学経済学部 
●●●●

内定辞退書・内定辞退届を書くにあたって注意すべきこと

では最後に内定辞退書・内定辞退届の書き方の注意点をみていきます。

内定辞退書・内定辞退届はきちんとした順を追う

民間企業でも公務員でも内定辞退を決めたらきちんとした順を追いましょう。せっかく内定をもらったのに、それを断るという事は、企業に対して少なからず失礼な行為に該当してしまいます。それであるならば、メールではなくきちんと手紙で内定辞退書・内定辞退届という形で提出するべきでしょう。合わせて言うなら、内定辞退をすると決めた時点で一度まず電話で連絡を入れて、その後に内定辞退書・内定辞退届という形に書面で伝えるのが確実でしょう。

内定辞退書・内定辞退届の書面には申し訳ない気持ちを書く

内定辞退書・内定辞退届の内容に何を書くかはご紹介しましたが、まずは最初の挨拶、その後に内定をいただいた事への感謝の気持ち、しかしそれを辞退する理由、終わりの挨拶といった具合で、しっかりとした内定辞退書・内定辞退届を書き上げましょう。

内定辞退書・内定辞退届では理由は正直に書かなくてもいい

内定辞退理由の書き方としては、多くの場合の本当の理由は「他に志望していた企業があり、そちらに入社する為」でしょう。内定辞退届の書き方として正直にしても構いませんが、「再度自分の道を考えてみる」「スキルアップの為にもう少し勉強する」などと、お茶を濁す書き方もオススメです。

内定辞退書・内定辞退届の書面に誤字脱字が無いか再度確認を

内定辞退書・採用辞退届の書面に誤字脱字があっては、気持ちが伝わりませんし、書類としての意味がありません。メールと違って、間違うと最初から書き直しになります。内定辞退書・内定辞退届を書き上げたら、便箋を封筒に入れる前にきちんと書面を読み直しましょう。

最後に内定辞退書・内定辞退届の不備がないか確認

もちろん手紙の書面内容だけでなく、封筒の宛名などにもミスが無いか気をつけましょう。手紙・書類に不備があっては、相手に失礼ですし、書類を提出した本人も恥をかくようになってしまうからです。

公務員の内定辞退書・内定辞退届の宛名に注意

内定辞退書・内定辞退届の宛名で公務員の場合は市長や知事にしましょう。地方公務員や国家公務員で上長が違いますので、間違わないようにすべきです。気持ちよく書類を受け取るためには書面の隅々まで注意を払う必要があります。

内定辞退書・内定辞退届は例文を参考に手書きで誠意を込めた書き方を

就活や転職活動中の内定辞退書・内定辞退届の書き方と例文について、いかがでしたか。
内定辞退の書き方として手書きで便箋に誠意をこめた書面にしましょう。書面によって企業側に対して誠実に、謝罪の意を述べて、今後どこかで一緒に仕事をする事も可能性としてはありますので、良い形で終わらせるのがベストでしょう。
民間企業でも公務員でも内定辞退をする事を決めたら、まずはその時点で電話連絡を入れて、その後に内定辞退書・内定辞退届という形でメールではなくしっかりと手書きの書面を送りましょう。手紙だけという形はやめましょう。メールは問題外です。せっかく出していただいた内定を不意にしてしまって申し訳ないという気持ちを伝えるのが大事です。就活や転職活動中以外に会わないかもしれませんが、マナーは文例をもとに身に付けてくださいね。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント