2019年09月09日(月) 更新

内定辞退後に返却するべき書類とその方法

内定辞退をした際は早めに書類の返却を

内定をもらっても、いろいろと理由があって内定辞退をするときもあるでしょう。そうした時には、企業に内定辞退を伝えて、返却する書類などをすべて返却します。返却をする際には、なるべく早くに書類などは返却するようにしなければなりません。では、内定辞退した時はいつまでに書類返却をしたらいいのでしょうか?

内定辞退を伝えてから1週間以内がマナー

内定辞退をしてから何か月も経った後に書類を返却するというようなことだけはないように、早めに返却をします。

送られてきた書類には、それほど重要な書類があるわけではないと思いますが、内定辞退をしたのであれば、特に持っていても意味はないでしょう。できれば、内定辞退を伝えてから1週間以内に書類などを返却するのが望ましいです。

内定辞退したら送られてきた全ての書類を返却

内定辞退をする際に返却する書類は、基本的に送られてきた書類をすべて返却するようになっています。
そのため、企業の方から送られてきた書類は、すべて企業に返却すると考えておきましょう。

・内定通知書
・内定承諾書など

もちろん、上述したような書類以外に送られてきたものも返却しなければいけません。内定辞退した際は、承諾書などの重要な書類の返却だけではないので注意しましょう。送られてきた書類をすべて返却する方が、礼儀となっています。

1つにまとめてそのまま送り返そう

「内定通知書」「承諾書」さらには「提出期限」などが書かれた書類も、返却した方がいいのですが、特定の書類だけを返却するというよりは、送られてきた書類は、1つにまとめてそのまま送り返すのが正しい返却方法です。

書類を返却しないという人もいるかもしれませんが、内定辞退したのであれば、特に持っていても意味はないでしょう。使い道はないので、早めに返却した方がいいようです。

辞退した企業であってもマナーは守ろう

これから社会人として歩むに至って、辞退する企業であっても失礼のないように、改めて就活マナーマニュアルを確認しておきましょう。マナーを守った正しい知識があれば、企業とのやり取りで失敗することがなくなるはずです。無料でダウンロードできるため、少しでも気持ちよく次のステップに進むためにも内容を確認しておくことがおすすめです。

内定辞退をした後は特に書類の返却方法にこだわる必要はない

内定辞退をして、内定をもらった際に送られてきた書類を返却する時には、どのようにして返却していったらいいのかわからないという人もいるかと思います。
内定辞退で返却する書類については、特に返却方法にこだわる必要はありません。通常の郵送などで行いましょう。

ただし、失礼のないように、企業の担当者氏名を封筒に書いて、お預かりしていた書類を返却します。しかし、返却する取り扱いには注意点があります。

書類を折り曲げたり汚したりしないようにする

内定辞退をする際は、返却する書類の取り扱いについて注意しましょう。折り曲げたり、汚したりしてはいけません。返却する書類に関しては、しっかりと取り扱っておきましょう。

また、内定辞退した際に書類返却する際は手紙などを添えるのがおすすめです。

簡単な送付状や添え状をつけると◎

内定辞退を伝え、書類を返却する際は簡単な送付状や添え状をつけるのがマナーとしていいでしょう。内定辞退を1度伝えたとしても、改めて簡単な手紙でお詫びするのが社会人としてのマナーです。挨拶、宛名、内容、お詫び、名前を記入して、封筒に入れ返却する書類に添えておきましょう。そうすれば、内定辞退した後の印象も悪くないでしょう。

内定辞退で返却する書類は全て!送る方法は特にこだわらなくて大丈夫

内定辞退をした際には、企業から送られてきた書類はすべて返却するのが基本です。
どれか一つの書類を返却するというのではなくて、送られてきたものはすべて返却するという風に覚えておくといいのですが、書類を返却する際には、お預かりしていた書類を返却しますということを一筆添え、
内定辞退に対しての手紙なども添えて返却しておくと、より礼儀正しい内定辞退と返却ができます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント