2018年04月17日(火) 更新

就活における小論文のテーマ例と作成するコツ4つ|就職試験で実施される目的と評価のポイントも詳しくご紹介

就活における小論文の重要性とは

就活では選考の一環として、小論文の提出が求められる場合もありますので、テーマ例を参考にしながら対策をしておくことが大切です。小論文のテストはすべての企業で出されるわけではありませんし、求める企業もそれほど多くはありません。

しかし小論文のテストをおこなう企業は全くゼロではありませんし、志望している企業が該当する可能性もありますので、しっかりと対策をしておくことが大切です。小論文は対策なしで書けるほど簡単なものではありません。

正しい書き方を知っていないと、そもそも小論文として成立しない可能性もあります。就活攻略のためには小論文の対策も重要になりますので、どのようなテーマが多いのかを例から知り、正しい書き方を知って攻略を目指しましょう。

小論文に対する就活生の反応とおこなわれる目的

就職試験で小論文を出されて悩む就活生は少なくない

調査方法:メールを配信して学生にアンケート
調査実施日:2017/1/18
投票数:1678

就活生を対象に1,678名から集計したアンケートによると、「就活での論文の書き方について悩みを持っているか?」という質問に対して、71.4%の人がYes、28.6%の人がNoと答えました。(2017年1月時点、キャリアパーク調べ)

実に70%以上の就活生が、小論文をどう書くべきか悩んでいるのです。最近の就活では、採用試験として面接だけでなく、小論文が出される試験も増えています。どうして小論文が就活で出題されるのか、まずはその目的と意図を理解しておきましょう。

応募者の能力の「質」を確認する目的がある

学力試験ではその名の通り「学力」をみる試験です。しかし、その一面だけでは性格や能力など、「質」の部分がわかりません。そこで、筆記試験の段階から応募者の持つ能力の「質」をみるために、小論文が取り入れらているのです。

また、小論文があることで、面接が苦手な人の救世主にもなり得ます。口頭でのアピールが得意でないものの、能力は人一倍持っているような就活生は、この小論文で巻き返しを図れるのです。

小論文はどんなもの?

小論文に悩む就活生は多いですが、ほとんどの場合でそもそも小論文とはどのようなものなのかが正しく理解できていません。小論文は自身の考えを述べる文章であり、言葉の通り、論文の縮小版と考えましょう。

注意が必要なのが感想文とは全く違うということであり、感想文と小論文を混同してしまい、書き間違えてしまう人は多いです。感想文は何かに対しての感想を書くものですが、小論文の場合は感想ではなく、自分自身の意見を書きます。

自分の意見を書き、主張をするのが小論文ですので、どのように感じたかなど曖昧な表現では小論文としては成立しません。小論文は感情を書くのではなく、事実に基づいた意見を書きますので、論理的な文章が求められています。

小論文で出題されやすいテーマ例を押さえておこう

大きく分けて4つのテーマがある

小論文ではテーマが提示されます。そのテーマは大きく分けて4つです。その4つとは、「将来の目標」「過去の経験」「時事問題や一般論」「志望企業や職種に対する考え方」になります。あらかじめ主なテーマを押さえておけば、「テーマに対してどういった内容を取り上げるか」が見えてくるでしょう。以下でそれぞれの大テーマに基づく細かなテーマ例を紹介します。

【将来の目標に関するテーマ例】

■どのような人になりたいか
■将来の夢/目標
■やってみたい仕事
■○年後の自分がどうなっていたいか

【過去の経験に関するテーマ例】

■これまでに最も打ち込んだこと
■いちばん感動したこと
■学生生活で得たもの
■これまでに苦労したこと

【時事問題や一般論に関するテーマ例】

■あなたにとって「働く」とは何か
■気になるニュース
■社会問題に対する解決策
■好きな音楽や本

【志望企業や職種に対するテーマ例】

■営業職で大事な行動とは
■技術職になるうえで心掛けたいこと
■○○株式会社が持つ強みと問題点
■商品○○の売上を向上させるための工夫

テーマごとに練習しておくことがおすすめ

上記で紹介したテーマは、実際に仕事をするうえでどういった軸を持って働くのかや、自分自身の考えや意見を持ち合わせているかを把握するためのものです。

具体的なものから抽象的なものまで、さまざまなテーマが存在することから、どんな内容でも問題なく対応できるよう、テーマごとに練習しておきましょう。

予備知識が無いと解答しづらい時事問題は問題集で対策

小論文のテーマとして4つ紹介しましたが、中でも予備知識が無いと解答しづらいのは時事問題です。時事問題に関する知識があった上で自分の意見を述べるものですから、一夜漬けの知識ではその場で解答を考えるのは難しいでしょう。日頃からニュースに関心を持ち、自分の意見を言える状態にしておくのがベストですが、なかなか難しいところでもあります。そこで、時事問題に関する知識だけでも身につけておきましょう。この時事問題集を使えば、最新の時事ニュースがクイズ形式で覚えられます。範囲が広い時事問題の中でも重大な用語を効率的に覚えて、自分の意見を述べられるようにしましょう。

続いては、練習するにあたって押さえておきたい評価のポイントについてご紹介します。

小論文を書くときの注意点

小論文の書き方にはいくつかの注意点があり、それが理解できていないと上手に作成できない場合もあるので注意が必要です。小論文の形式に慣れていない人も多くいます。

練習不足だと本番でも失敗してしまい、上手に書けずに終わってしまう可能性もあります。またすべて書き切れたとしても、必ずしも評価されるとは限りませんので、書き方には充分に注意しなければなりません。書き方の注意点を正しく理解して、小論文を上手に完成させましょう。

時間配分に気をつける

小論文を書く時には、まずは時間配分に気をつけることが大切です。企業ごとに設定されている制限時間は違いますが、書きなれてないと時間内に書き終われない事がありますので注意しなければなりません。

最後まで書ききれなければ評価は下がってしまい、場合によっては全く評価されないこともあります。小論文で最初に考えるべきことは、最後までしっかりと書き上げることであり、そのためにも時間配分には注意を払わなければなりません。

制限時間があるからといきなり書き進めれば、途中で行き詰って大幅に修正しなければならない場合もありますので、考えてから書き出すことが大切です。書き始める前に大体の構成は頭に浮かべておき、その上で少しずつ書き進めるようにしましょう。

文字数制限をあまり越えないようにする

小論文では時間制限だけではなく、文字数制限もありますが、文字数についてはあまり越えないようにすることが大切です。文字数が多くなりすぎると焦点が曖昧になってしまいがちで、伝えたいことが上手く伝わらない場合もあります。

文字数の制限も企業によって違いますが、小論文は文量が多ければいいわけではなく、きちんと伝わることが大切です。文章は長く書くよりも短く簡潔にまとめる方が難しく、長々と書いてしまうと文章をまとめる能力がないと評価されてしまう可能性もあります。

また大幅に文字数の制限を超えると、その時点で失格の場合もあるので注意が必要です。基本的にはプラスマイナス1割を目安にして、多すぎず、少なすぎない文量で書き終えるようにしましょう。

文末を「ですます調」で統一する

小論文は読みやすいことが大切ですので、内容を簡潔にまとめる必要がありますが、それだけではなく文章の細部も工夫する必要があります。特に工夫が必要なのは文末であり、文末は「ですます調」などで統一することが大切です。

語尾を統一することで読みやすくなりますし、全体的にすっきりとした印象になりますので、簡潔にまとまっているイメージを与えることができます。また「ですます調」に限らず、「だである調」を使用しても問題はありません。

基本的にはどちらの語調でも問題はなく、小論文内で表記を統一させることが大切です。「だである調」であれば短く簡潔にまとめやすいですが、書き慣れていないと上手に書けない場合も多いので、慣れていない場合は「ですます調」が無難です。

小論文でチェックされるポイント3つ

ポイント①:テーマに沿って論理的に展開出来ているか

ビジネスの現場においては、さまざまな課題に直面します。その都度、課題を正しく認識して、論理的な思考で解決行動を取らなければなりません。小論文においてもそれは同じで、設定されたテーマの意図を理解して、自分の意見を論理的に説明出来ているかが評価のポイントとなります。

「○○はこう考える。それは○○だからだ」と、持論や意見に対して、きっちり理由を含めて取り上げましょう。

ポイント②:具体性のある文章か

2つ目のポイントは、文章の具体性です。抽象的な文章では他の就活生と内容が被ってしまい、その人の個性が見えてきません。自分の言葉として伝えられるかどうかは、過去の体験やテーマに関する考えの深さ次第で大きく変わってきます。

具体性やディテールある文章になるかどうかで、書いてある内容の本気度を判断されるのです。

ポイント③:明朗かつ誤字脱字がないか

3つ目のチェックポイントは、文章が明朗で誤字脱字などの間違いがないかという点です。書きたい結論や理由が明確にあれば、その文章も簡潔で非常にわかりやすいものになります。

「論文」だからといって小難しいものにする必要はありません。また、漢字や表現を間違えると、マイナス評価を出される恐れもあるので、その点も意識してください。

評価される小論文を書くためのコツ5つ

コツ①序論→本論→結論を意識する

評価される小論文を書くためのコツについてみていきます。就活の小論文は、「序論→本論→結論」に沿って文脈を組み立てられた内容の方が好評価につながります。それぞれの項目に書いたほうがいい内容は以下の通りです。

序論・本論・結論でそれぞれ記入する内容

  • 序論:提示されたテーマに対して一番伝えたいことを記載する
  • 本論:テーマに対する根拠や具体例を述べる
  • 結論:再度序論で述べた伝えたいことを述べる。今後のビジョンなどもこちらに記載

うまく構成させるコツとして、答案用紙に書き出したい内容を序論、本論、結論でそれぞれわけて、箇条書きで書き込んでください。そうすれば、焦ることなく時間内に整った文章を作成できます。

コツ②本論の文章は「経験」と「考察」の二部構成にする

上記の構成の中でも、特に本論の部分は前項で紹介した評価ポイントのひとつである「具体性のある文章か」を判断する部分につながります。そのため、この部分を一番ボリュームある構成にしなければなりません。

ボリュームをアップさせるために、本論は「経験」と「考察」の二部構成にしてみましょう。まず、これまでの人生で培った経験談を取り上げ、この後の考察に根拠を持たせます。

そのうえで、「こういった経験があるからこのように考える」と考察を提示しましょう。そうすることで、最後の結論まで明確なディテールを持たせた内容に仕上がります。

コツ③「論点」から文脈がブレないようにする

小論文のような長い文章を書くときは、何よりテーマや論点を見失わないのが大切です。書き慣れていないとつい見失いがちですが、テーマや論点がブレてしまうと読み手に何も伝わらない文章になってしまいます。

作成途中で読み直すなどして、テーマから脱線しないように気をつけましょう。

コツ④主張を述べる語尾はあいまいなものにしない

小論文はあなたの主張を述べるものです。そのため、語尾をあいまいなものにしてはいけません。「私は○○だと思います。それは○○だと思ったからです。」では、核心を持った主張だといえず評価されません。

前文の「思う」なら、「考える」や「推測される」といった言葉の表現に置き換えてみてください。バリエーションが増えることで、より魅力的な小論文を作成することができるようになります。

コツ⑤「わからない」「意見が違う」は禁句

最後にご紹介するコツとして、難解なテーマや自分自身が携わった経験のないテーマであっても「私にはわからないが○○は~」といった表現は避けてください。しっかりと自分の意見を確立させましょう。

また、テーマに対して「私はテーマに対して違った意見を~」とするのもNGです。あくまでもそのテーマに沿った意見や主張が求められるため、考え方は別でもそれをはっきりと主張するのは避けてください。

小論文はテーマに応じて論理的に作成しよう

小論文は主に「将来の目標」「過去の経験」「時事問題や一般論」「志望企業や職種に対する考え方」の4つのテーマが用意されています。これらのテーマを適切に作成するためには、「序論→本論→結論」の流れを意識しつつ、本論を最もボリュームづけるために「経験」と「考察」の2部構成にしなければなりません。

また、「わからない」「意見が異なる」など、テーマから逃げてしまうような内容も禁物です。「~である」など、確信を持った文章表現を心がけ、小論文試験をクリアできるよう、練習を積み重ねてください。

【大学4年生限定】12分野の最新時事をカバーした問題集を紹介!

今から新聞読んで、間に合いますか?

時事問題対策は暗記しようと思っても、話題が幅広いので、一夜漬けで暗記すれば良い、というわけにはいきません。
そこでキャリアパークでは厳選12分野50選+重要8ワードに絞った時事問題対策資料を作成しました。

時事問題対策を始める!

登録必須!おすすめ就活サイトランキング3選

F5c15e29e849105e

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

たった2日の選考で内定獲得できる! 将来性&安定性&地元就業&働きがいのすべてを備えた企業の選考会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

たった2日の選考で内定獲得できる! 将来性&安定性&地元就業&働きがいのすべてを備えた企業の選考会

  • 開催場所: 埼玉県
  • 開催日時:  2018.04.04 12:00 ...

<2日の選考で内定獲得可能>将来性、安定性、地元就業、働きがいのすべてを備えた企業『ハイデイ日高』の選考会です。

2682 view

【トップ人材をコンサルティング】マネージャー、研究者など、日本を代表するトップ人材専門の人材コンサルティング企業の説明会
  • 2019年卒
  • 会社説明会

【トップ人材をコンサルティング】マネージャー、研究者など、日本を代表するトップ人材専門の人材コンサルティング企業の説明会

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:   ...

トップレベルの人材のみを対象とした、ハイクラスな人材コンサルティング企業。日本の価値を高め、世界でのプレゼンスを向上させる!

60183 view

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー
  • 2019年卒
  • 2020年卒
  • 就活セミナー

【ANA/JALほか、多数の大手内定実績】日本最高の就活ノウハウを学ぶ無料セミナー

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2016.12.20 19:00 ...

19卒のみなさん向けの就活対策塾が、早くも開催決定いたしました。今の内から就活対策を始めて、ライバルに圧倒的な差をつけて大手企業に入社を目指す方は、ぜひこの機会をご利用ください。

28687 view

もっと見る

おすすめの就活イベント