2021年09月06日(月) 更新

【インターン前に準備すべき必要なものガイド】当日困らないためのビジネスマナーや心がけも徹底紹介

インターンシップに行くなら筆記用具は必ず準備しよう

キャリアパーク会員の就活生を対象に「インターンシップに参加する時、必ず持っていくものを教えてください!」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 筆記用具
  • わからない
  • 筆記用具
  • 就活の時とあまり変わらない。
  • ノート、筆記用具

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「インターンシップに参加する時、必ず持っていくものを教えてください!」

就活生の多くが、インターンシップに参加する際には筆記用具が欠かせないと感じていることがわかりました。「就活の時とあまり変わらない。」という意見があるように、基本的な準備を整えておけば心配ないでしょう。この記事では、インターンシップに参加する前に準備しておきたいものと、必要な心構えについてご紹介します。しっかりとチェックをして、下準備を完璧にしておきましょう。

インターンシップに参加するなら事前の準備と心構えが重要

インターンシップの前日までに準備するべき必要なものについてみていきましょう。インターンシップの前日までにすべき準備には、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、前日まで最低限準備しておきたい必要なものをまとめてみました。当たり前に思うかもしれませんが、当日の朝に「あれ?ない」という状態が起きるとも限りません。前日までに準備をしていれば、安心してインターンシップに取り組めるはずです。それでは必要なものとは何かを見ていきましょう。

前日までに必要な準備①:スーツ・筆記用具類・名刺

インターンシップといっても、会社に行くというのを忘れないでください。インターンシップ参加にあたって、前日までに準備すべき必要なもの以下の通りです。

■スーツ
■ノート・メモ帳・ペンなどの筆記用具類
■名刺入れ
■自分の名刺(必須ではない)

当たり前のようにも思えますが、必ずインターンシップ参加の前日までに必要なものとして見直しをしておきましょう。自分の名刺は必須ではありませんが、あれば企業に印象を残せる可能性があります。

準備をする際はスーツ・シャツのシワなど身だしなみにも意識

インターンシップの前日までに必要なものとして紹介しましたが、ただ準備をすればいいというわけではありません。前日までにスーツやシャツのシワや、靴の汚れなどがないかをしっかりとチェックしましょう。

■スーツやシャツにはシワがないようにアイロンがけ
■靴は磨く
■髪は清潔感を重視して整える
■ネクタイは曲がっていないか
■下着は透けていないか

以上、しっかりとチェックをしておいて下さい。

インターンシップではビジネスマナーも重要

インターンシップ前日までに準備するべきものについて見ていきました。上記で紹介したものは、必ず前日までに用意しておきましょう。
続いては、インターンシップで必要となるビジネスマナーについて見ていきます。インターンシップといっても、社会人と同じ場所で働きます。社会人と接するわけですから、社会人と同等のビジネスマナーを前日までに身に付けておくべきです。

言葉使いのマナーには注意すべき

インターンシップでも社会人でも、正しいビジネス上の言葉遣いができなければなりません。自信がない人は、下記に紹介する言葉使いのマナーを、前日までにしっかりと覚え準備しておきましょう。

■ビジネスでの一人称は「わたし」「わたくし」
■相手の会社「貴社」「御社」
■同意の言葉は「かしこまりました」「承知いたしました」
■ 謝るときは「申し訳ございません」
■仕事終わりは「お疲れ様でした」

以上、紹介した言葉遣いはインターンシップ参加の前日までに必ず徹底しておいて下さい。

「時間厳守」と「報告・連絡・相談」はなどは基本マナー

インターンシップ参加にあたって、できるかぎりの準備は前日までにしておきましょう。上記に紹介したもの以外にも、準備として基本的なビジネスマナーを身に付けておく必要があります。インターンシップといえど社会人としての心構えをもってインターンシップに参加しましょう。

■ハキハキとした挨拶
■時間厳守
■ホウレンソウ(報告・連絡・相談)
■正しい言葉づかい
■コミュニケーション能力

あなたが受けない方がいい職業を確認してください

就活では、自分が適性のある職業を選ぶことが大切です。向いていない職業に就職すると、イメージとのギャップから早期の退職に繋がってしまいます

そんな時は、「適職診断」を活用して、志望する職業と自分の相性をチェックしてみましょう。簡単な質問に答えるだけで、あなたの強み・弱みを分析し、ぴったりの職業を診断できます。

適職診断で強み・弱みを理解し、自分がどんな職業に適性があるのか診断してみましょう。

インターンシップ参加の前日までに必要な心構えとは?

インターンシップにただ参加するだけでは、自分のためになりません。より良いインターンシップにするためには、自身がインターンで何を学びたいか、インターンシップを通してどう成長したいかを明確にしておいて下さい。インターンシップにはどのような心構えで臨めば良いのかご紹介します。

前日までに備えておきたい心構え①:参加の目的をハッキリさせる

インターンの参加にあたって、「なぜインターンに参加するのか」という目的や心がまえについてはしっかりと確認しておいて下さい。参加する目的が自身の中ではっきりとしていないのであれば、再確認しておきましょう。インターンシップの参加にあたって、目的意識をもっておけばモチベーションアップに繋がります。そのようなモチベーションがあれば、得られるものも大きくなります。インターンシップの前日までにしっかりと心構えができているかで、得られるものに大きな差が出ます。

前日までに備えておきたい心構え②:問題意識をもつ

インターンシップでは、何でも受け入れるのではなく、問題意識を持つことも非常に重要です。業務に対してただ文句を言うのは、誰でもできます。そうではなく、「何が問題でどう解決すれば良いのか」という問題意識をもって、解決する力を養いましょう。社会人には、何か問題点を見つけたら、どうしたら良い方向に向かうのかを考える能力が必要です。インターンシップの前日までには、「問題意識を持つ」という心構えを持っておきましょう。

前日までに備えておきたい心構え③:当事者意識を持つ

インターンシップだからといって、企業のお客様という立場ではいけません。自分の責任、自分の仕事だという心構えでしっかりと業務に取り組みましょう。例えば、とても簡単だと思う業務でも、その業務にはしっかりと意味があります。この業務が何に繋がるのかを意識してインターンシップに参加して下さい。前日にもう一度、「自分は明日社会人として働くのだ」という当事者意識を確認しておくと良いでしょう。

インターンシップ前日までに準備するのはスーツ・筆記用具類・名刺

インターンシップの前日までに準備するべき、必要なものと心構えを紹介しました。せっかく勝ち取ったインターンシップですので、前日までの準備を欠かさないようにしましょう。何も準備をせずに参加しても、得られるものは少ないです。万全の準備でインターンシップに臨めば、さまざまなものを吸収でき、周りに差をつけられます。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 20年卒
  • 18年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

45812 view

おすすめの就活イベント