2016年11月29日(火) 更新

就活でOB訪問をすると面接で得をする理由

緊張感のある中で面接練習できるというメリットがOB訪問にはある

就活の一環として、OB訪問に行こうかと悩んでいる人も多いと思いますが、結論から言えばOB訪問には行くべきです。なぜなら、そこには明確なメリットが多く存在するからです。メリットの一つが、面接の練習ができるという事です。OB訪問の際には、カフェなどで会う事が多いと思うのですが、初めて会う先輩という場合が多いため、かなり緊張します。その緊張感は面接の際のそれと同等のものですので、面接の雰囲気を擬似的に味わう事ができるのです。面接と形式としては逆ですが、様々な質問をこちらが考え、時にはアドリブを交えなければならないというポイントも似ています。

エントリーシートや履歴書などを持っていくと添削をしてもらえる事がある

さらに、人にもよりますが、OB訪問の際にはエントリーシートや履歴書などを持っていけば、添削をしてもらえることもあります。実際にその会社に採用された人の意見を反映できるというのは、かなり就活にプラスになるはずです。

OB訪問では最新の情報・内部のリアルな現状等多くの質の良い確実な情報を得る事ができる

就活でOB訪問をする事によって得られるメリットとして大きいのが、最新の情報を得られるという事です。企業の情報を得るのは、一般的に公開しているものからでしか情報を得る事はできません。知り合いでもいない限りは、内部の事やリアルな現状などを知ることはできないのです。そのようなことを知りたいと思っている人は、必ずOB訪問を行ったほうが良いです。他で得た情報よりも段違いで多くの質の良い確実な情報を得ることができます。

OB訪問では他の学生から聞いた他の企業の情報を教えてくれる場合や就活の相談に乗ってくれる場合もある

さらに、その企業の情報だけではなく、他の企業の情報を聞ける場合があります。なぜなら、OB訪問をするOBというのは、何人かの学生とそのようにして話をしている事があります。そのような場合、他の学生から聞いた情報を、話の流れで教えてくれたりするのです。仲良くなれば、今後の就活の事についても様々な相談に乗ってくれますので、必ずOB訪問には行くようにしましょう。

OB訪問をしたという事実が就活の面接で好印象になる

就活でOB訪問をしたという実績自体がメリットになるという事もあります。つまり、OB訪問をしたという事を面接の際に言えば、好印象を与える事ができるのです。基本的にはOB訪問をしたからといって、明確に何か優遇されるという事や、ポイントがプラスされるというような事はありません。しかし、決してマイナスにはなりませんし、「OB訪問をしたということは、ウチが本命だ」と相手は思う事になりますので、OB訪問をしたという事実であなたの熱意を示すことができるのです。

OB訪問によって得た情報と熱意を面接で活かす

それだけの熱意を示すことができれば、入社してもすぐに辞めることはないだろうな、と面接官は思いますので、おのずと評価は上がります。また、OB訪問によって得た情報によって、その企業のことについて多くの情報を得ているはずですので、面接もうまくこなすことができるはずです。就活ではOB訪問をしているという実績が大きな武器になるので、必ず行うようにしましょう。

就活ではOB訪問により面接では好印象を与えて集めた生の情報を面接で活かそう

就活の際にOB訪問をする事におけるメリットを紹介してきましたが、就活の際には必ずOB訪問をするべきだという事が理解できたと思います。面接にも有利になり、情報を得ることができ、練習にもなるのですから、やらない手はありません。OB訪問をしないと他の人と差をつけられてしまうこともあるため、せめて本命の企業くらいはOB訪問を行うようにしてください。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【大阪オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。