2019年10月08日(火) 更新

【就活生必見】インターンシップ当日に気をつけること6つとマナーを徹底的にご紹介!

インターンシップでは挨拶・身だしなみのマナーが必須なのか

キャリアパーク会員の就活生を対象に「インターンシップで気を付けるべきマナーは何だと思いますか?(参加していなくても回答OK!)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • メールマナー、とにかく挨拶やハキハキと話すこと。
  • 言葉遣い。挨拶。コミュニケーション。
  • 社会人として最低限の立ち振る舞い
  • 身だしなみ
  • TPOをわきまえた身だしなみ

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「インターンシップで気を付けるべきマナーは何だと思いますか?(参加していなくても回答OK!)」

「インターンシップで気をつけるべきこと」を就活生に聞いてみたところ、挨拶、コミュニケーション、身だしなみなどが挙げられました。説明会や面接でも重要視されるこれらのマナーは、インターンシップでも必須だと考えていいでしょう。インターンシップは企業によって選考内容に含まれていたり、採用する上でのポイントになったりします。では、インターンシップで具体的にどんなマナーに注意すればいいのか、本記事で確認していきましょう。

インターンシップに参加する際に気をつけることとは?

インターンシップに参加する際には、いくつか気をつけることがあります。インターンシップに参加すると、志望先企業の業務内容が把握できるでしょう。しかも、企業によっては内々定を出してくれる可能性もあるのです。せっかくのチャンスを無駄にしないためにも、気をつけることを把握しておきましょう。

気をつけること①できるだけ休まず参加する

企業側もインターン生のことを考えて、忙しい中さまざまなプログラムを組んでくれています。1回休むだけで、その日の計画が全て無駄になってしまうのです。休まざるを得ないような病気や怪我の場合は仕方がありませんが、インターンシップに参加するなら極力休まないことが大前提だといえるでしょう。

気をつけること②遅刻や無断欠勤は絶対にしない

インターンシップに参加する際は、遅刻や無断欠勤は絶対にしないようにしましょう。もし遅刻することがわかった場合は、すぐに連絡するのがマナーです。先ほど述べた通り、企業側はインターン生のことを考えて何かしらのプログラムを考えてくれているので、誠心誠意謝罪することも忘れないようにしてください。遅刻や欠勤する場合は、理由もあわせて伝えるようにしましょう。

気をつけること③報・連・相を徹底する

また、インターンシップに参加する際は、どんなに細かいことでも報告・連絡・相談を欠かさないようにしましょう。これは、社会人としてのマナーとなります。インターンシップとはいえ、会社の一員として業務を担うわけです。少しでも疑問に思ったことやイレギュラーなことが起きた場合は、すぐに相談・報告するようにしてください。

気をつけること④企業のルールに従う

インターン生であっても、その企業の業務を請け負っている限りは企業の一員であることを忘れてはいけません。企業内のルールには必ず従いましょう
もし勝手な行動をして会社に損失を与えてしまうと、自分だけでなく学校全体の責任となり、次年度からインターンシップを受け入れてもらえなくなる可能性もあるのです。

気をつけること⑤個人情報などの取扱いは慎重にする

業務を請け負っているということは、企業が持つ個人情報や機密情報など、外部に知られてはいけないデータを保有する可能性があります。最近では誰でも気軽にSNSへの投稿ができてしまいますから、安易に公開しないよう注意が必要です。

気をつけること⑥正しい言葉遣いを身につけておく

インターンシップとはいえ社会経験の一環なので、言葉遣いには十分注意しましょう。ついつい使ってしまいがちなタメ口や若者言葉などは、厳禁です。

とはいえまだ学生のため、敬語を意識しすぎて伝えたいことが伝わっていないという状態は避けましょう。社員の方に何かを伝える際は、要点をまとめておくとよいですよ。

インターンシップで気をつけるべきマナーをご紹介!

では最後に、インターンシップで気をつけるべきマナーを見ていきましょう。インターンシップは、志望先企業に自分を売り込む最大のチャンスです。マナー違反で自分の印象を悪くすることがないよう、注意しておかなければなりません。

挨拶は自分からおこなう

インターンシップ先の社員へは、自分から挨拶をするようにしましょう。挨拶は人として最低限のマナーです。笑顔で挨拶をするだけで、相手によい印象を持ってもらえます。インターンシップに来ていることを知ってもらい、アピールするためにも自分からすすんで挨拶をしましょう。

身だしなみは社員以上に気をつける

また、インターンシップに参加する際は、身だしなみを社員以上に気をつけましょう。おしゃれは自分のためにするもので、身だしなみは相手のためにするものです。おしゃれとは意味が違いますので、私服で参加する場合は特に気をつけてください。また、スーツでインターンシップに参加する場合は、シワやヨレがないよう前日までに準備しておきましょう。

改めてマナーを確認しておく

企業に入社する新入社員として、清潔感のある身だしなみを意識することが大切です。身だしなみに整えるためにも、改めて就活マナーマニュアルを確認してチェックしておきましょう。マナーを守った正しい身だしなみの知識があれば、見た目の面で失敗することがなくなるはずです。無料でダウンロードできるため、少しでも印象をよくするためにも内容を確認しておくことがおすすめです。

パソコンでも手帳でもいいのでメモを取るクセをつける

インターンシップに参加する際は、メモと筆記用具を必ず持って行くようにしましょう。なぜメモと筆記用具が必要なのかというと、社員の方から言われたことをメモするためです。業務上パソコンを使用する場合は、メモがとれるように付箋などを出しておくのをおすすめします。
一度言われたことを二度も聞かないよう、メモを取るクセをインターンシップのうちにつけておきましょう。

インターンシップに参加する際には気をつけること6つを守ろう

インターンシップに参加する際に気をつけること6つとマナーについて見てきましたが、いかがでしたか?インターンシップで気をつけることは、「できるだけ休まない・遅刻や無断欠勤はしない・報連相を徹底する・企業のルールに従う・個人情報など機密な情報の扱いには厳重注意・正しい言葉遣いへの意識」でした。
インターンシップは、企業へ自分をアピールする貴重な機会です。最低限のマナーを守り、印象を損ねないようにしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント