2020年06月30日(火) 更新

タイヤ業界の営業マン|市場規模と気になる年収【ヨコハマタイヤジャパン・ブリヂストン】

タイヤ業界の営業マンの年収に対する就活生のイメージはそれぞれ異なる!

キャリアパーク会員の就活生を対象に「タイヤ業界の営業マンの年収はどのくらいだと思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の声

  • 1000名
  • わからない
  • わかりません
  • 300万
  • 400万

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「タイヤ業界の営業マンの年収はどのくらいだと思いますか?」

就活生がタイヤ業界の営業マンの年収について思い描くイメージは、それぞれ異なっていることがわかります。「1000万」と高収入のイメージをもっている人もいれば、「300万」ぐらいだと思っている就活生もいます。実際にはどのくらいの収入を得ることができるのでしょうか。この記事ではタイヤ業界の現状と、営業マンの仕事内容や平均年収の額をご紹介します。

タイヤ業界の新商品を売り込むには営業の力が必要

近年、タイヤ業界では交換用タイヤの販売に力を注いでいます。ブリジストン・ミシュラン・グッドイヤーといった大手タイヤメーカーは今だ健在で、シェアの40%を獲得しています。タイヤ業界は、常に新しい商品の開発に力を入れています。最近では低燃費タイヤなどが代表的な例であり、新商品を売り込むには営業マンの実力が必要となってきます。

市場規模は成長を続けているため未来は明るい

タイヤ・ゴムの市場規模は、6兆円以上と言われています。国内では自動車の保有台数は減っていますが、世界規模で見ると自動車は増え続けています。もちろん、タイヤは自動車だけでなく、いろいろな乗り物や場面で使用されています。今後も市場規模は横ばいまたは拡大すると言われており、業界そのものの未来は明るいといえるでしょう。

自分はタイヤ業界に向いているタイプか、適性を診断してみよう

自分の適性や性格が、タイヤ業界の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか?

そんな時は、自己分析ツール「My analytics」を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。
My analyticsなら、36の質問に答えるだけで、自分の強み・弱み→それに基づく適職を診断できます。

My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分がタイヤ業界に向いているタイプか、診断してみましょう。

「新規顧客の開拓」「提案型セールスの実践」が営業スタイル

タイヤ業界の営業は、メーカーと量販店の流通を担っています。量販店のシェア獲得が、営業マンの主な仕事内容です。ガソリンスタンド、カー用品店、街の小さな自動車工場、民間の車検場など、顧客となる可能性のある企業はたくさんあります。
飛び込み、あるいは事前にアポイントを取って回る場合など、会社により営業方法はさまざまです。タイヤ業界では、「新規顧客の開拓」および「提案型セールスの実践」が、必須の営業スタイルとなっています。

営業マンの仕事は季節や地域によって変わる

営業マンの仕事はタイヤとホイールの販売はもちろんですが、季節や地域によってかなり変わります。専門知識は必要ですが、1~2ヶ月も学べば十分に取得できるでしょう。継続して自社の商品を置いてくれる顧客が見つかれば、営業成績も自然と安定してくるのではないでしょうか。

新卒では250万円~300万円が営業の平均年収

タイヤ業界の営業の年収は、新卒採用時には250~300万円が平均年収となっています。転職者の場合は、前職の経験や成績が査定の基準となります。しかし、タイヤ業界の営業の魅力は何といってもインセンティブです。数字を出せば出した分だけ、自分の給料に反映してくれる業界だといわれています。

ブリヂストンの平均年収は720万円

タイヤ業界の年収例として、タイヤメーカーの大手である、ブリヂストンの平均年収を紹介します。

業界動向リサーチによると、ブリヂストンの平均年収は720万円と高い水準を誇っています。売上高で抜きんでた存在である大手の年収は、平均よりも高いといえるでしょう。

ヨコハマタイヤジャパンの新卒の月給は20万1,500円

ヨコハマタイヤジャパンの年収は、どの程度でしょうか。株式会社ヨコハマタイヤジャパンは、横浜ゴム株式会社が企画・開発・研究・製造するヨコハマタイヤを中心に営業活動をおこなっています。年収は、30代で450万円程度です。給与改定が年に1回あり、賞与も年2回支給されます。4大卒の初任給は、20万1,500円です。

自己分析の浅さは、人事に見透かされる

就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。

そこで活用したいのが、自己分析ツールの「My analytics」です。

My analyticsを使えば、36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。
My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。

タイヤ業界の営業職の年収は大手だと高い水準にあり今後も市場規模の拡大が期待される

不況の影響もあり、タイヤ業界の同業者同士のシェア競争は年々激しくなっています。年収をアップさせたいと考えるなら、シェア競争に打ち勝つための提案営業を積極的に行っていくべきでしょう。年収は、大手企業だと高い水準にあります。これから市場規模が期待されるタイヤ業界。営業職として活躍してみてはいかがでしょうか。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント