2019年09月17日(火) 更新

【就活における資格の必要性】履歴書に書く内容がない人の対処法と考え方

就活生は履歴書に書く資格を持っていないことを不安に感じている

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「履歴書に書く資格を持っていないと不安になりますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 少し
  • 不安です
  • とても不安です

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「履歴書に書く資格を持っていないと不安になりますか?」

このアンケート結果から、履歴書に書く資格を持っていないことを、不安に感じている就活生がいることがわかります。
実際に就活を行う際、何かしらの資格を持っていないとことが、不利になるのでしょうか。そんな、履歴書に描く資格内容がない人への対象法と考え方についてご紹介していきます。

就活に資格は必要?

就活に資格は必要なのでしょうか。人によって意見は違うと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか?以下で紹介していきたいと思います。資格なしということで、焦っている人もいるかもしれません。就活における資格の必要性について、把握しておきましょう。

資格が採用に直接結びつくことはない

「とりあえず資格を取っておこうという」気持ちの場合は、取らない方がいいでしょう。その理由として「とりあえず」で受かる試験は、企業へのアピールに繋がらないからです。司法試験や公認会計士等の超難関試験は、採用に影響が出るかもしれまんせん。しかし、基本的に資格が採用に直接結びつくことはないと考えていいでしょう。

資格なしの人は履歴書にどう記入する?

資格を持っているのと持っていないのとでは、就活に差ができてしまうのでしょうか。資格なしの人は、履歴書にどのように記入するべきなのでしょう。資格なしの人にとって困る資格の記載欄。ここから、資格なしの人の履歴書の記入法についてみていきましょう。

資格がない場合は「特になし」と書いて問題ない

履歴書やエントリーシートには、必ず資格を書く欄が存在します。資格がない場合は、「特になし」と書いておきましょう。就職活動において、資格は自分をアピールするためのアイテムに過ぎません。資格だけで合否が決まってしまうものではないのです。
自分自身をアピールできなければ資格があっても内定は獲得できません。また、資格がなくても自分自身を売り込むことができれば、内定は獲得できるでしょう。

TOEICなどの資格で点数が低い場合は書かない方が無難

就活で有効的と言われているTOEICも、やみくもに点数を記入すれば内定に繋がるというわけではないのです。点数が低い場合は、書かないことも選択肢にいれるべきでしょう。基準として600点以上ない場合は、書かなくても問題ないと言われています。低い点数は、逆効果を生み出す場合があるのです。

勉強中の分野がある場合はアピール材料として記載する

資格なしで勉強中の分野がある場合は、記載しておくとアピール材料になるでしょう。ただし、面接で質問されたときに内容を詳しく説明できる必要があります。勉強している分野の習得により、どのようなスキルが得られるのかを説明できれば、説得力が持てるでしょう。

履歴書は基本的なルールやマナーを守る

履歴書を作成する際は、誤字脱字に気を付けること以外にも基本的なルールやマナーを守る必要があります。履歴書には細かいルールや書き方が存在するため、きちんと守られているか作成前後にチェックすることが大切です。そこでぜひ活用したいのが「履歴書作成マニュアル」です。無料でGETできるので、履歴書の書き方に悩んでいる就活生におすすめです。実際に履歴書を作成する際のお手本としても、持っておいて損はありません。

就活に資格を活かす方法とは?

上記では、資格がなくても就活に差支えがないと説明してきました。では、資格があった場合はどのようにして就活に活かしていくべきなのでしょうか?これから先、資格を取得する人もいるかもしれません。資格を取得しているときに活かす方法について、ご紹介します。

資格そのものよりも取得した理由や学んだことをアピールする

資格や免許は、自分の能力を示すものとして有効です。しかし、どんな資格でも書けばよいというものではなく、応募先の企業のニーズに合わせて選ぶのも肝心です。多くの企業では、資格という表面的なものよりも「この学生は成果を出し続ける人材か」という見極めを行っています。
会社としては資格で身に付けた知識よりも、「なぜその資格を取得しようとしたのか?」「勉強の過程で(知識以外で)学んだことや身につけたものはあるか?」という点に興味があるというのを忘れないようにしましょう。

履歴書に記入する資格の有無が直接就活に影響するわけではない

就活の際に、履歴書の資格有無がもたらす効果について紹介してきました。履歴書に資格を書かなくても、問題はないようです。資格がある場合でも、業種にあった資格でないと効果は薄いです。また、資格というのは、有無よりも「取得までの過程」や学んだ事の方が重要になります。
資格保持者は、保有したのみで満足せずにアピール方法を考えてみましょう。資格を持っていない方でも、それ以外の部分でしっかり自己PRをすれば不利にはなりませんよ。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント