2016年11月29日(火) 更新

履歴書で悩む資格の正しい書き方

資格を武器にするためには、履歴書の書き方が重要

就職活動に向けて、資格を取得している就活生は多いでしょう。すでに取得した資格を武器にするためには、それなりに履歴書の書き方に気をつけなくてはなりません。

特に履歴書の作成に慣れていない方は、ここで評価を落としてしまうことも多いので、十分に注意をしましょう。

履歴書の資格欄を活かして自己PRをしよう!

どの履歴書にも資格の記入欄があり、必ず採用担当者がチェックする項目でしょう。単純にどんなスキルを持っているのかも確認しますが、どのような志向性のもと資格を取得しているのかを判断することもできるためです。

何らかの意図を持って揃えられた資格があると、熱意が感じられ、良い印象を与えられるでしょう。

履歴書の資格欄の正しい書き方とは?

履歴書は内容ばかりを見ているのではなく、それと同じくらい正しい書き方をしているかもチェックされます。正しい書き方で履歴書を作成できない就活生は、準備不足として弾かれる可能性があるのです。

そのため、まずは履歴書の資格欄を正しく記入することから意識してみてはいかがでしょうか。

履歴書の資格の正しい書き方は「正式名称」

履歴書の資格を略称で記入する方も稀にいますが、必ず正式名称で記入するようにしましょう。特に英検などは略称が一般的となっていますが、実用英語技能検定という正式名称で記入することがポイントです。

一度は書き方を調べて、正しい名称を確認しましょう。普通自動車免許などは想像以上に長い正式名称なので、書き方を間違えないようにしましょう。採用担当者は少し書き方を見ただけで気が付くので、注意が必要です。

履歴書に記入する資格は、種類を絞る

履歴書に単に資格を羅列していても効果は薄いため、資格を絞った書き方にしましょう。仮に数多くの資格を取得していても、履歴書にいくつかの資格に絞るって書くと、相手に資格を注目させられるのです。

そこで、記入する資格を選ぶ書き方について抑えておきましょう。

相手の企業に合わせた資格を記入しよう!

応募する企業に全く関係ないと思われる資格を履歴書に記入しても、アピールにはならないでしょう。むしろ、その資格を活かせる就職先を選べばいいのではと思われてしまいかねないのです。企業に関連する資格だけを記入するようにしましょう。

そうすると、書き方として資格欄が寂しくなる方もいるかもしれません。仮にそうなっても、全く関係のない資格は記入を避けましょう。多くの企業で役立つような資格を選択すれば、そちらを書いても問題はありません。

履歴書の資格欄の書き方は企業によって種類を絞り、いい印象を与えよう!

履歴書で悩む資格の正しい書き方について紹介しました。履歴書における資格の書き方は、慎重に選択することが重要です。そのため、資格は企業に関連するものを記入しましょう。

後は、面接でいかにその履歴書の話題を広げることができるかがポイントになります。上手な書き方は、そこから面接での話題に広げることができるので、アピールできる資格を用意しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント