2016年11月29日(火) 更新

就活の履歴書・面接対策|資格やエピソードを盛ることで嘘がばれるリスク

取得資格や免許の有無を盛るのは厳禁!

就活において、詐称・詐歴は厳禁です。学校名を偽ったり、持っていない資格・免許を履歴書に書いたりしてはいけません。嘘がばれると、一発で落とされます。就活などの採用試験でばれなくても、入社後に嘘が判明したらそれを理由に解雇されてしまう可能性もあるのです。
そして、嘘は遅かれ早かれいつかはばれます。経歴や資格についての嘘は、絶対についてはいけません。

履歴書の年齢や卒業・退職年月日の嘘はすぐばれる

履歴書の年齢や卒業・退職の年月日で嘘をつく方もいます。これらは、入社後保険などの関係からすぐにばれます。就活中は「若い方が就職に便利だろう」「空白期間を実際よりも短くみせたい」などという考えがよぎるものです。しかし、すぐにばれる嘘はつかない方が賢明です。

就活においてエピソードや自己PRを盛る学生は多い

就活では、経験やエピソードを自己PRなどで実際よりも盛るという場合もあります。特に、面接でこのような経験をする方は多いでしょう。多少エピソードを盛ることで、他の就活生と自己PRで差をつけたいという下心を持つ就活生は多いです。しかし、これは正しい判断なのでしょうか。

スキルを盛ると採用された後に困る

ただし、就活でエピソードを盛るとリスクがあります。たとえば、入社後の業務に関わる経験です。たとえば、営業の経験もないのに、「ある」と言ってしまったら、たとえ採用されても後で困るのはあなた自身です。そのため、自分のスキルや経験を実際よりも大きく見せるのはやめましょう。

学生時代のエピソードを盛ると採用に影響する

就活では、学生時代のエピソードを盛る就活生もいます。これは、あまり罪のない嘘だと思われがちです。しかし、場合によってはこのエピソードを盛るという行為が採用の可否に大きく影響します。というのも、最近の採用担当者は、学生のフェイスブックなどのSNSやブログをチェックしているのです。

嘘がばれると採用担当者の評価を落としてしまう

就活が進み進み、選考する学生の数が少なくなればなるほど、採用担当者のチェックの目は光ります。本来なら、学生時代のエピソードなど採用の可否にほとんど影響しません。学生時代にあなたがサークルに励もうと海外に飛び出そうと、そのことが内定の決め手になることはありません。しかし、エピソードを盛る行為や嘘がばれると、採用担当者の評価を落とし採用の可否に大きく影響します。必要のない嘘で自己PRしてせっかくの内定のチャンスを棒に振らないために、エピソードを盛るのはやめましょう。

エピソードは盛ることよりも深めることが大切

履歴書や面接でエピソードを盛ったとしても、面接官はそのプロセスを知りたいのです。数字や立場を盛ったとしても、中身が伴わなくてはすぐに嘘とばれてしまいます。自分を誇張して盛った部分を全面に出すだけだと、「中身がない人」と思われるものです。盛ることよりも、エピソードを掘り下げてみましょう。

就活の自己PRで話すエピソードは盛るよりも深めることが大切!嘘をつくと採用に影響するリスクが高い

就活の中では、自分を実際よりも大きく見せて自己PRしたいという誘惑に常にかられます。しかし、エピソードを盛って自分を大きく見せるのは自分のためにはなりません。就活で、自分の持てる力を最大限に発揮するのは当然ですが、それ以上のものを見せる必要はありません。むしろ、「これからいろいろ勉強して頑張ります」という謙虚な姿勢で自己PRした方が、採用担当者に好印象を与えられます。したがって、エピソードや経験で嘘をついて盛るのは避けましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 18年卒
  • 19年卒
  • 24年卒
  • 20年卒
  • 22年卒
  • 21年卒
  • 23年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

40973 view

おすすめの就活イベント