2016年11月25日(金) 更新

就職面接に受かる自己紹介のコツ3種

就職面接に受かる自己紹介のコツ①インパクトのあることを言う

就職面接に受かる自己紹介1つ目のコツは「インパクトのあることを言う」です。先述した通り、就職面接の最初にくるのが自己紹介です。それなりに面接官の頭の中にインパクトを与えることが内定を勝ち取るための1つの方法です。自己紹介の際には、まずは名前や在学中の学校名と学部などを言うのは基本ですが、それ以外に、インパクトのある事を言いましょう。

私は打てば響くような人間です!

インパクトのあることとは何なのかというと、自分自身を一言で印象付けるような事を言うのです。例えば、「まさに私は、打てば響くような人間です」と言います。それは、1度したことはすぐに覚えられる、つまりは仕事もすぐに覚えるぞという事を遠まわしに表現してみると、面白い表現をする子だ、しかも会社の役に立ちそうだという印象を面接官に残せます。

就職面接に受かる自己紹介②簡潔にハキハキと話す

就職面接に受かる自己紹介2つ目のコツは「簡潔にハキハキと話す」です。基本的な事かも知れませんが、ハキハキとした声で自己紹介しましょう。大き過ぎる声も不快ですし、小さい声も何を言っているのか分かりません。また自己紹介は長すぎても短すぎてもいけません。

自己紹介は1分以内でコンパクトにまとめる

就職面接の自己紹介の時間は限られています。短すぎたら、やる気が感じませんし、長すぎても、状況を読めていないというように面接官から判断されかねません。大体1分以内で、その時間内に、基本情報と、印象に残る言葉を自己紹介では発表しましょう。きちんと時間を把握する事も就職活動時には重要なこととなります。

就職面接に受かる自己紹介③自然な笑顔を作る

就職面接に受かる自己紹介3つ目のコツは「自然な笑顔を作る」ことです。鏡の前で笑顔を作る練習をしたことがある人もいるでしょう。その例の通り、就職面接に受かるための表情は、口角を上げた表情がポイントです。ようは笑顔ですが、歯を丸出しに無理やり作った笑顔や、にやにやした表情ではなく、自然な笑顔を作ってそれを保ちましょう。

ネガティブな感情を表に出してはいけない

また自己紹介時にやってはいけない表情として、普段よくやってしまう人もいるのではないでしょうか。眉間にしわを寄せて、ネガティブな感情を顔に出してしまうことです。この表情をやってしまうと、即座に就職面接で落とされる対象となりますので注意してください。感情が顔に出てしまうという方、自己紹介時にミスをしないよう、笑顔の練習をしましょう。

就職面接に受かる自己紹介のコツは笑顔でハキハキ簡潔に!

就職面接に受かる自己紹介は笑顔でハキハキ簡潔を心掛けましょう。就職面接というだけで緊張しますし、自己紹介は1番最初に言うことですから、ミスはできないという気持ちが余計に強くなりますよね。だから緊張の度合いも増すかもしれませんが、上記のような事をすれば、きちんと良い印象が残る面接になります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

個別面談へご参加ください
  • 23年卒
  • 19年卒
  • 20年卒
  • 21年卒
  • 18年卒
  • 22年卒
  • 24年卒
  • 就活サポートサービス

個別面談へご参加ください

個別面談へご参加ください

38638 view

おすすめの就活イベント