2016年11月29日(火) 更新

自己PRで熱意を企業へ伝えるための心得

自己PRで熱意を伝えるには「やりたいこと」ベースで書く

では、自己PRで熱意を企業へ伝えるにはどうすればいいのでしょうか?それは「私は貴社でこんな事に取り組みチャレンジしたい」という事業への熱意やビジョンを語ることです。

応募する企業のビジネスを通して、やりたいことや成し遂げたい事を志望動機の核としましょう。そうすることにより、あなたの積極的な姿勢や熱意は伝わり、評価される自己PRとなります。

なぜ「やりたいこと」ベースの志望動機が良いのか?

前述で紹介したように、「私は貴社でこのように取り組み・こんなことを成し遂げたい」と語りましょう。そうすれば熱意や興味が相手へ伝わります。ただ、「〜といった仕事に惹かれる」「〜といった仕事に魅力を感じる」と書くだけだと「ただその会社が好きなだけの人」になります。

具体的に会社で「何をしたいか」を伝えれば、「自分は企業を動かすメンバーになりたい」という熱意が伝わります。

会社が求めるのは「ファン」ではなく「事業を動かすメンバー」です。そのメンバーにふさわしい人間であると示すために、具体的に「やりたいこと」ベースで熱意を伝えましょう。

他己分析を行うのも自己PRを作成する上で効果◎

ときに自分が思っている自分と、周囲から見た自分は違うことがあります。その違いを知るために、他己分析してもらうのも自己PRを作成するうえで効果的です。

他己分析とは、自分以外の人に自分自身を分析してもらうというものです。こうすると、今まで気づかなかった新たな自分を発見する事ができるでしょう。

自己PRに新しい要素を付け加えるヒントになる

両親や兄弟をはじめ、幼なじみ、学校の友達や先生やアルバイト先の人などに他己分析してもらいましょう。

客観的ではないと見れなかった自分の一面を他己分析で発見することにより、その内容が「自己PR」に新しい要素を付け加えるヒントにもなります。熱意ある自己PR作成のために、他己分析を行ってみましょう。

自己PRでは自分なりに工夫した点を多めに語る

自己PRでは、これまでの自分の成功体験を具体的に語り、その経験で得たもの、仕事への活かし方を述べれば熱意が自然と伝わりやすくなります。

それに加えて「成功体験の中で工夫した点」に重点を置いて、自己PRを作成すると、なお良い自己PRとなります。工夫した内容を重点的に語るようにすると、その人の人柄がみえてくるものですし、「採用したら会社でシャカリキ働いてくれるかも?」と熱意が伝わります。

"工夫"こそ熱意が伝わりやすい部分

上記で紹介したコツをしっかりと守り、自分なりの工夫を自己PRで伝える事に重点をおけば、それだけ他の応募者と差別化が進んでいき、魅力的で熱意のある良い自己PRとなるのです。

自己PRで熱意を企業へ伝えるには、自分なりに工夫したことなどを書く

自己PRで熱意を企業へ伝えるための心得を紹介してきました。自己PRで熱意を伝えるには、「やりたいこと」ベースで具体的に自己PRを書くことです。

そして、自分なりに工夫をしたことなどを自己PRに盛り込むと自然と熱意が伝わる自己PRに仕上がります。自己アピールは、かならずしも大きな話である必要はありません。ここまでで紹介してきたポイントをおさえて企業へ熱意と誠意のある自己PRをしましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント