2019年11月07日(木) 更新

【就活で気をつけておきたい】寒い時期のコートの扱い方と置き方

寒い時期の就活はコートの扱い方に注意

寒い時期の就活にはコートが必須アイテムです。その際の就活でコートの置き方について迷われる方もいるかと思いますが、その前にコートを脱ぐタイミングについてはご存知ですか?意外と間違っている人も多いポイントですし、社会人になっても変わらないマナーですので、ここでしっかり確認しておきましょう。

就活でコートを脱ぐタイミングは?

コートを着たまま会社にお邪魔するのはご法度です。コートを脱ぐタイミングは、基本的には「建物に入る前」が正解です。たとえばオフィスが高層ビルの上階に入っている企業だとしても、1Fでコートを脱いでから、エスカレーターに乗るのがマナーです。

また脱いだあとに持ち運ぶ際には、片方のひじにかけましょう。

就活でのコートの置き方~会社説明会~

さて、脱いだ後のコートはどのように置けばいいのか。これは気を付けなければならないポイントなのでしっかりおさえておきましょう。まずは会社説明会の際のコートの置き方についてです。

カバンの上か背もたれにかける

会社説明会の際は基本的に椅子が用意されているかと思います。そのため、脱いだコートはその椅子にかけても良いでしょう。また、床にカバンを置いて、その上にコートを丸めて置いても問題ありません。説明会の場合はこのどちらでも好きなほうを選んで構わないです。

ただしどちらにしてもコートは整えた状態にしておきましょう。雑に椅子にかけたりカバンに置いたりするとだらしなく見えます。

就活でのコートの置き方~面接~

面接の際は、会社説明会のときと違ってコートを椅子の背もたれにかけるとあまり印象はよくないでしょう。面接が不利になってしまう可能性があるので、避けるべきです。膝の上に置くのも問題はありませんが、お辞儀をする際に邪魔になると思いますのでおすすめはしません。

コートはカバンの上に置く

カバンは面接のときにも当然持って行きますし、多くの場合は、着席する際に椅子の横の床に置くことになると思います。そのため、カバンを置いてその上に自然な形でコートを置くのが一番良いでしょう。このときに、あまりにも雑にコートを扱うのはよくありません。3つ折りにするなど、すっきりとカバンの上におさまるように置くようにしましょう。

これは面接もそうですが、グループディスカッションのときも同様です。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

就活では場面に応じてコートの置き方にも気を付けましょう!

今回は就活でのコートの置き方と扱い方について説明しました。これは就活の場面に限りませんが、あまりにも雑に置いたりすると、だらしない人なんだな、という印象を与えるのは当然です。
会社説明会もそうですが、それ以上に面接の際のコートの置き方には気を付けましょう。緊張してしまうと、コートにまで意識がまわらない…なんていうこともあります。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント