2017年07月26日(水) 更新

【私服・スーツ編】インターンシップの評価を決める服装のマナー~ジャケット・インナー・パンツなどの選び方のポイント~

インターンシップでの服装はスーツやジャケットで参加する人が多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「インターンシップに参加された方は、どのような服装で参加しましたか?(参加してない!もOK!)」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • スーツ
  • ジャケット

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月6日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「インターンシップに参加された方は、どのような服装で参加しましたか?(参加してない!もOK!)」

このアンケート結果で、インターンシップに参加する服装はスーツ、またはジャケット着用で参加される就活生が多いことがわかりました。受け入れる企業側としても、社会人としてのマナーができている学生を採用したいと考えています。ここではそんな服装のマナーのポイントを、男女別でご紹介していきたいと思います。

インターンシップ当日の服装で評価が決まる

就活の時期になると、それまでオシャレをしていた学生が途端にマジメな服装になる、という光景が毎年見られます。髪型を短くして、色は黒に戻し、ピアスも外して、新しいスーツ姿で企業を回る。それはもちろん面接の時だけでなく、会社説明会、OB訪問、インターンシップなど全て共通です。

服装のマナーが重要視される

就職活動においては服装のマナーは最重要視され、きちんとしたネクタイ・スーツ・ジャケットをはじめとする服装で臨まないと、それだけで不採用につながるケースもあるのです。男性は特に、就活用のネクタイ・ジャケット・スーツなどを準備しておく必要があります。私服は例外を除いてご法度です。

インターンシップは社会人になる前の最終テスト

インターンシップならそこまで服装をしっかりせずとも私服でも平気だろう。そんな気持ちの方もいます。インターンシップとはいえ社会での仕事を経験するわけですから、私服ではなくしっかりとした服装で臨まなければいけません。

服装次第で社会人失格とみられることも

派手なピアスをしたままインターンシップに参加したり、私服やカジュアルなジャケットを着用して出社したりすれば、社会人失格とみなされます。インターンシップは社会人になる前の最終テストと考えて、当日までにスーツ、ネクタイ・ジャケット・ピアスなど自身の服装に関してのすべてを、一度見直してみましょう。

インターンシップにふさわしいスーツのマナー【男性編】

インターンシップ当日の男性の服装は、私服ではなくスーツが基本です。スーツの下は長袖のワイシャツにネクタイ、ベルトと革靴のスタイルがマナーとして一般的です。以下、各服装アイテムの基本マナーを確認しましょう。

スーツ:基本は「黒無地」のリクルートスーツ

基本的には、リクルートスーツともよばれる「黒無地」のスーツを選びましょう。インターンも就活ですので、社員の方々がデザインのあるスーツを着ていたとしても、真似してはいけません。 黒無地以外では、「ネイビー(濃紺)」「ダークグレー」であれば大丈夫ですので、この3色から選びましょう。

ワイシャツ:必ず白色の長袖

スーツの下に着るワイシャツですが、必ず白色の長袖を着ましょう。間違っても色付きや半袖を着用してはいけません。 また、ワイシャツはシワが寄りやすいので注意してください。

スーツのシワをのばすのがめんどくさい

素材にポリエステルや形状記憶素材が使われているものであれば、アイロンがけもほぼ必要ないのでおすすめです。

ネクタイ:「赤系」で「レジメンストライプ」がおすすめ

ネクタイはある程度自由ですが、レジメンストライプ柄がおすすめです。無地だと地味過ぎますし、ドットだと少しカジュアル感が出てしまいます。色は、フレッシュさと熱意をアピールできる「赤系」の色が良いでしょう。結び方は、プレーンノットかダブルノットがおすすめです。

ベルト:革製の黒無地がベスト

ベルトは革製の黒無地が一番無難です。ネイビーのスーツの場合は、ダークブラウンのベルトが似合いますので、そちらもおすすめです。ゴムベルトや布素材のベルトはスーツに合いませんので、選ばないようにしてください。

靴:プレーンの革靴がマスト

スーツを着ていますので、靴は自然と革靴ということになります。革靴の色は黒を選んでください。スーツに合わせてブラウン系の色が合う場合もありますが、インターンを考えると黒がベストです。柄はウィングチップやモカは避けて、プレーン(柄なし)を選びましょう。

鞄:黒無地のビジネスバッグが使える

鞄は、インターンだけでなく就活でも使いますので、黒無地のビジネスバッグを選んでください。A4サイズが入り、底に脚が付いているタイプがおすすめです。そこまで高価な鞄でなくても大丈夫ですので、就活兼インターン用として揃えると良いでしょう。

コート(冬):デザインと着やすさからビジネスコート一択

冬限定ですが、スーツの上からコートを着ることもあるでしょう。コートは、仕事用としてデザインされているビジネスコートがおすすめです。デザインもシンプルで、スーツの上から羽織っても窮屈にならないように少し大きめに設計されていますので、インターンにはもってこいでしょう。

インターンシップにふさわしいスーツのマナー【女性編】

女性の場合であっても、インターンシップ当日の服装はスーツがベストです。しかし、男性とは選ぶべきポイントや着こなし方に違いがありますので、以下で紹介する各服装アイテムにおける基本マナーを確認しましょう。

スーツ:黒無地のリクルートスーツ

スーツは、男性と同様に黒無地のリクルートスーツが基本です。動きやすさも大事ですので、パンツとスカートどちらがいいか悩む人もいるかと思いますが、個人差もあるのでどちらでも大丈夫です。スーツを正しく着こなしていれば問題ありません。

ワイシャツ:オーソドックスな白無地

ワイシャツは、オーソドックスな白無地にしておきましょう。スキッパータイプでもレギュラータイプでも問題ありません。

シャツのタイプで印象って変わるの?

スキッパータイプは「アクティブ」、レギュラータイプは「真面目」な印象を与えてくれますので、インターン先の企業にあわせて選んでみるのもポイントですね。

ベルト:黒か茶系の細くてシンプルなもの

スーツでパンツスタイルを選択した場合ですが、ベルトを付けるようにしましょう。ベルトの色は黒か茶系が無難で、素材は革が良いです。形は細くて、デザインも無地のようなシンプルなものにしてください。エナメルのような光沢があるものは避けましょう。

靴:黒色のプレーンパンプスがベスト

女性のスーツに合わせる靴ですが、一択で「黒色のプレーンパンプス」を選びましょう。スーツの色に合わせて白ベージュを選ぶ人がいますが、インターンでは黒無地スーツですので、パンプスも黒色にしてください。

ヒールの高さって様々だけど何センチがベスト?

ヒールの高さは3㎝、7㎝など様々ですが、低すぎず高すぎないくらいの5㎝がおすすめです。

鞄:黒色でA4サイズが入る自立タイプがおすすめ

こちらも男性と同じで、黒色でA4サイズが入る自立タイプを選択しましょう。また、女性は鞄を肩にかける人が多いと思いますが、種類によっては持ち手が固くて肩が痛くなる場合があります。ですので、きちんと使い心地を試した上で購入するようにしてください。

コート(冬):トレンチコートorステンカラーコートが定番

女性のビジネスコートの定番といえば、「トレンチコート」です。カラーはベージュが多い傾向にありますが、黒色やネイビーでも大丈夫でしょう。また、ステンカラーコートもインターンで着用できます。どちらのコートを選ぶにしても、長すぎず短すぎない適切なサイズ感のものを選んでください。

インターン先から当日の服装は私服と言われたら【男性編】

もし、インターンシップの説明会で、「私服OK」と言われた場合何を着ればいいのでしょうか。私服で動きやすい服装ならなんでもいいのか、と悩む人が多いかと思います。 私服指定の場合は、「オフィスカジュアル」を意識した服装にして、ビジネスマナーを守りましょう。

トップス:シンプルかつキレイめなデザインで清潔感を

男性は私服でインターンに参加する場合、「ジャケット」を着用するようにしましょう。カジュアル過ぎるデニム・スウェット素材は避けてください。私服は個性が出ますが、職場で出し過ぎると印象はあまりよくありませんので、シンプルでキレイめなジャケットがおすすめです。

インナー:基本はシャツがベター

ジャケットの下のインナーはシャツがベターですが、季節によって変わります。

シャツの着こなし方

■夏→白や黒、グレーなどの無地のTシャツ、またはシンプルな白のオックスフォードシャツ
■冬→シャツだけ、またはニットやカーディガンを重ね着してもOK

重ね着をする際は、落ち着いた配色になるような色選びをしましょう。

パンツ:チノパンかスラックスが合わせやすい

パンツは、ジャケットスタイルに合わせやすい「チノパン」がベターです。キレイめなデザインが特徴のスラックスでもいいので、色は黒、グレー、ベージュ、ネイビーなどの合わせやすい色を選びましょう。ダメージ加工や派手な柄モノは避けてください。

靴:革靴がベストでない人はジャケットに合うデッキシューズ

スニーカーやサンダルはNG。ジャケットスタイルが基本なので、できれば足元は革靴がベストです。また、ジャケットに合うのであればデッキシューズでも良いでしょう。普段履きしている靴は、キレイに磨くなり洗うなりしておいてください。

アクセサリー:時計以外は身に付けない

基本的に、時計以外のアクセサリーは身に付けません。リングやネックレス、ピアスなどは仕事に必要ないですし、職場に相応しい恰好ではありませんので付けないようにしてください。インターンだけでなく、社会人における身だしなみの常識です。

鞄:ビジネスバッグor革製のトートバッグ

インターンで使用する鞄ですが、一番良いのはビジネスバッグです。しかし、あまり服装とマッチしないと感じる場合は、ジップのついている革製のトートバッグでも良いでしょう。仕事使いができて、子どもっぽくなければ大丈夫です。 リュックなどはカジュアル過ぎるので、あまりおすすめはしません。

私服に合っていれば鞄は何でも良いの?

当然何でも良いわけではありません。とくに普段使いしているリュックやクラッチバッグなどはカジュアル感が強いので止めておきましょう。

インターン先から当日の服装は私服と言われたら【女性編】

次に、インターンに私服で参加する場合の女性編です。女性は男性と比べて、比較的服装は自由です。しかし、ジーパンはカジュアル過ぎるためインターンには適していません。もちろん、気をつけなければいけないのは私服だけでなく、ピアスやネイルなども同様です。 清潔感と動きやすい服装を重視して選びましょう。

トップス:ジャケットかカーディガンがベター

トップスは、基本的にジャケットを着用するようにしましょう。やはりオフィスカジュアルの基本といえばジャケットですので、失敗することはないでしょう。

ジャケットなんて普段着慣れてないんだよね

カーディガンスタイルでも清潔感を出すことができるのでOK!ジャケットを着慣れていない人はこちらを選んでも良いです。

インナー:迷った際はブラウスが無難

インナーですが、選択できるアイテムが多いです。シャツ、ブラウス、カットソー、ニットなどバリエーションが豊富ですが、季節に合わせた派手ではないデザインのものを選ぶようにしましょう。悪目立ちしないレースデザインであれば、女性らしさも出るのでおすすめです。 迷った際は、ブラウスを着用するのが一番無難です。

ボトムス:スカートでもパンツスタイルでもOK

女性はスカートでもパンツでも、好きな方を選んでいただいて大丈夫です。

ボトムスの選び方

■スカート→膝丈のものを選び、あまり広がり過ぎないタイプが良い
■パンツ→股上が深すぎてゆったりしすぎない、細目のシルエットの9分丈がベスト。

色はトップスに合わせて、白、黒、グレー、ネイビーなどを選んであげましょう。

靴:スニーカーはNGでパンプスが◎

私服でインターンに参加する場合の靴ですが、スニーカーなどは避けて、パンプスを履くようにしましょう。スカートにスニーカーなどの組み合わせをしてしまうとカジュアル感が出すぎてしまいますし、9分丈パンツの場合は足元が強調されますのであまりよくありません。

パンプスって履き慣れてなくて動きづらいかも

どちらにしても就活では必須なアイテムとなりますので、慣れるという意味でもパンプスは用意しておきましょう。

アクセサリー:時計以外は身に付けない方が良い

女性であっても、男性と同じように時計以外のアクセサリーを身に付けるのは避けましょう。女性らしさや華やかさを出したい気持ちは分かりますが、企業の人からの印象を第一に考えてください。 どうしてもという場合は、ブラウスなどに既にビジューがついているインナーもあるので、そちらを選ぶと良いでしょう。

鞄:華美なデザインでなければ普段使用している鞄でOK

私服に合わせる鞄ですが、華美なデザインでなければ普段使用しているカジュアルバッグでも問題ありません。シンプルで服装に合ったものを選びましょう。 とはいえ、ビジネスバッグを使用した方が失敗はありませんので、不安な人はこちらを使ってください。

メイク

メイクは女性ならではですが、常識として派手すぎる濃い目のメイクはよくありません。濃いメイクが清潔感がないわけではありませんが、ナチュラルメイクの方がやはり企業の方からの印象は良いでしょう。 また、ノーメイクも好ましくありませんので、避けてください。

メイク以外でも印象アップ

メイク以外で、髪型にも注意が払えると良いです。髪を結んだり、サイドを耳にかけたりすることで顔周りがスッキリし、明るい印象になります。

常識がないとインターンシップで思われる服装とは?

インターン説明会で当日はスーツでなくて私服で良いといわれても、オフィスカジュアルなどは学生は普段着ないため、なかなか難しいのが現状です。とはいえ、分からないのが理由で常識がないことが許される訳ではありません。最後に、インターンシップ当日に相応しくない服装を確認しましょう。

露出の多い服やブランド品は避ける

男性女性ともに、インターンシップ当日に相応しくない服装やマナーは以下の通りです。スーツやネクタイ、ピアスといったものよりもっと初歩的な部分なので、しっかりと覚えておきましょう。

インターンでNGな服装例

■露出の多い服装→「インターンではビジネスマナーとして露出をしすぎてはいけません。暑い季節でも肌の露出をおさえられるように、カーディガンがあれば便利です。スカートやパンツも丈の短いものは避けましょう。」
■デニム→「デニムはビジネスにおいてはカジュアル過ぎるためNGです。インターンの服装ではシンプルな色のパンツが好ましいです。」
■ブランド品→「インターンに高価な服装で参加する必要はありません。動きやすく気軽な服装が好ましいため、ブランドものは避けましょう。」
■サンダルや生足→「オフィスでは必ず肌色のストッキングを履いて、生足は避けましょう。サンダルもカジュアル過ぎてだらしない印象になるため良くありません。」

紹介した項目に関しては、徹底して押さえておいてください。

インターンシップの服装はスーツがベストで私服指定の場合は清潔感を意識したオフィスカジュアルでいこう

インターンシップ当日の服装は、社会人としての正装といえるスーツで臨むのが、正しい服装の選び方でありマナーともいえます。インターンは研修とはいえ、実際に会社で働く訳ですから、社会人としての自覚を持っておき、スーツやネクタイ、ピアスなど細部にまで気を遣い当日を迎える必要があるのです。インターン説明会で、当日はスーツではなくて私服で良い、と言われる場合があります。男性と女性では注意点がやや違いますが、いずれにしても常識を持ち、誰にでも認めてもらえる恰好でインターンに臨むようにしましょう。

【大学3年生向け】企業とのメール・電話の対応が不安?無料で使えるテンプレート集

就活を進めていくと、選考やキャンセルのためにメールや電話でやりとりする機会も増えていきます。
しかし、毎年多くの学生が苦手意識を持っているのも事実。
そんな不安を持つ学生のためにメール・電話の対応テンプレート集を用意しました。
このテンプレートがあれば企業と接触する機会が増えたとしても、慌てずに適切な対応ができるでしょう。

就活マナー集をもらう(無料)

関連タグ

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

全米の優良企業90%以上が受ける7つの習慣®プログラムを、無料で学べる! 就活前に絶対受けたいインターン♪
  • 2019年卒
  • インターン説明会

全米の優良企業90%以上が受ける7つの習慣®プログラムを、無料で学べる! 就活前に絶対受けたいインターン♪

  • 開催場所: 東京都, 大阪府
  • 開催日時:  2017.07.07 12:00 ...

一流企業がこぞって受ける研修を、学生のうちに、無料で受けられる特別インターン、開催!人材教育・採用を手掛ける企業のもとで、就活はもちろんのこと、ビジネスも、人生でも成功しつづけるために必要な要素を学べます。

11762 view

大手・有名企業を目指す方へ。急成長企業や業界大手など、一流企業6社のグループディスカッションに挑戦
  • 2019年卒
  • 就活セミナー

大手・有名企業を目指す方へ。急成長企業や業界大手など、一流企業6社のグループディスカッションに挑戦

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.10.03 23:55

大手・有名企業を目指すなら、対策必須のグループディスカッション(GD)。わずか1日でGDに挑戦&6社からのフィードバックで、大幅にGDスキルを強化!

976 view

【人気業界トップ30社が集結】1日で本選考対策ができる合同説明会!
  • 2019年卒
  • 合同説明会

【人気業界トップ30社が集結】1日で本選考対策ができる合同説明会!

  • 開催場所: 東京都
  • 開催日時:  2017.10.09 21:00

総合商社、コンサル、金融、メーカー、ITなど業界のトップ企業30社が一堂に集結する就活イベントです

23746 view

もっと見る

おすすめの就活イベント