2019年11月08日(金) 更新

インターンにふさわしいオフィスカジュアルとは~メンズ・レディースの夏・冬別おすすめスタイルを紹介~

オフィスカジュアルとは?

スーツよりもラフで清潔感のある格好

オフィスカジュアルとは、スーツよりもラフで清潔感のある格好のことです。スーツは、かしこまっていて堅実な印象を受けます。一方のオフィスカジュアルは、カジュアルな要素も入っているため柔らかい雰囲気になるのです。営業をしなくてよい職種や、IT企業などは特にオフィスカジュアルを推奨している傾向にあります。

インターンにはオフィスカジュアルで参加することもある

インターンには、オフィスカジュアルで参加することもあるでしょう。流行の服装で参加すると、社会人としての意識が足りないという印象を与えてしまうかもしれません。インターン先から「私服で」という指定があった場合は、清潔感のあるオフィスカジュアルを意識しましょう。

インターンでの第一印象は大事

インターンでは、第一印象が非常に大事だといえます。なぜなら、インターンは選考に繋がる可能性があるからです。実際に、インターン先にそのまま就職したという人もいます。自分のやりたい職業や入りたい会社にインターン生として参加するなら、第一印象は良い方が有利といえるでしょう。

インターンに適したオフィスカジュアル【メンズ編】

メンズは基本的にジャケット+パンツ

メンズのオフィスカジュアルは基本的に、ジャケットにパンツを合わせるスタイルがおすすめです。メンズのシャツは、ワイシャツなど襟のあるシャツを選ぶようにしましょう。Tシャツやパーカーは、基本的にオフィスカジュアルとしてふさわしくありません。しかし、中にはOKとしている企業もありますので、Tシャツやパーカーは社内の雰囲気を見て着るようにしましょう。
ボトムスはスラックスでなくても、チノパンやコーデュロイパンツでOKです。しかし、初日はマナー違反にならないか確認するためにも、避けた方がいいかもしれません。

メンズ夏スタイル:長袖シャツ+パンツ

では次に、メンズの夏スタイルについて見ていきましょう。メンズの夏スタイルは「長袖シャツ+パンツ」が基本です。半袖のシャツでもよいのですが、クーラーの寒さに対応するためにも長袖シャツが望ましいといえます。暑いときは、腕まくりをして対応するとよいでしょう。

メンズ冬スタイル:シャツ+ニットorカーディガン

続いて、メンズの冬スタイルについてです。冬は、「シャツ+ニット」もしくは「シャツ+カーディガン」などにジャケットを羽織るのがおすすめだといえます。仕事をしに行くわけですから、ニットやカーディガンは派手な色ではなく暗めネイビーやブラックなどが良いでしょう。柄のない、無地のものがおすすめです。さらに、通勤時はPコートやテーラードコートなどのコートを着用するようにしてください。

インターンに適したオフィスカジュアル【レディース編】

基本のスタイルはシャツにきれいめなスカート

レディースのオフィスカジュアルは、「シャツにきれいめなスカート」が基本スタイルとなります。ボトムスはパンツでも問題ありません。特に営業など、よく動く場合はスラックスのようなパンツの方が向いているでしょう。靴は、3~7cmほどヒールのあるパンプスがおすすめです。

レディース夏スタイル:シャツにカーディガンかジャケット

次に、レディースの夏スタイルについて見ていきます。クーラーが効いた部屋での仕事になる可能性もあるため、「シャツのみ」や「きれいめなカットソーにカーディガン」、場合によってはジャケットを持参して羽織るようにしましょう。シャツやカットソーは、無地で派手ではない色がおすすめです。スカートは柄があっても多少はOKですが、派手すぎないようにしてください。
また、下着が透けてしまわないよう、インナーを着用するのも忘れないようにしましょう。

レディース冬スタイル:シャツ+ニットやニットのみなど

続いて、レディースの冬スタイルについてです。レディースもメンズの冬と同様、「シャツ+ニット」や「シャツ+カーディガン」が定番だといえるでしょう。もしくは、ニットのみでも大丈夫です。ニットだけを着る場合は、派手な色や柄は避けるようにしてください。
また、ボトムスは夏と同じように、スカートでもパンツでも問題ありません。コートに関しては、冬場はとても寒くなりますし、寒さで仕事が手につかないという状態にならないよう、忘れずに着用するようにしてください。

▼こちらもチェック!

【私服・スーツ編】インターンシップの評価を決める服装のマナー~ジャケット・インナー・パンツなどの選び方のポイント~

インターンにふさわしくない服装とは?

①高級ブランド品

インターンにふさわしくない服装といわれて、浮かぶものはありますか?ここからは、インターンに着用していくべきではない服装について見ていきます。
1つ目は、【高級ブランド品】です。インターンには、高価なものを身に付ける必要はありません。また、紛失や盗難のリスクがないとは言い切れないので、高級ブランド品を身に付けてインターンに参加するのは避けましょう。

②ラフすぎる服装

2つ目は、【ラフすぎる服装】です。Tシャツに短いパンツやサンダル・ミュールなどは、インターンに参加する際に避けるべき服装の1つだといえます。「オフィスカジュアル」と「ラフすぎる格好」は意味が全く違うので、混同しないようにしなければなりません。ラフすぎる格好はだらしないイメージを持たれやすく、清潔感が感じられないため避けるべきです。

③露出の高い服装

【露出度の高い服装】も、インターンにふさわしくないといえます。丈が短いミニスカートや、夏場に着てしまいがちなノースリーブなど、露出の高い服装は絶対に避けましょう。自分が良くても、周りが目のやり場に困ってしまうかもしれません。社会人の一員として恥ずかしくないように、きちんと清潔感を意識した服装を心がけましょう。

面接において第一印象が与える影響は大きい

自己分析や業界・企業理解がどの程度できているかも、高評価を受けるために大切な要素です。今の時点で、あなたの面接力はどのくらいでしょうか?それを知るために活用したいのが「面接力診断」です。質問に答えることで、どのスキルが足りていないのかが一目でわかります。結果を参考にすることで、時間のない就活生も効率的に対策を進められます。無料でダウンロードできるので、気軽に試してみてくださいね。

インターンには清潔感のあるオフィスカジュアルで参加!NGな服装は避けよう

インターンにふさわしいオフィスカジュアルとは何なのかについて、本記事で見てきました。オフィスカジュアルとは、スーツよりも柔らかい印象になり、清潔感のある服装のことです。メンズ・レディースともに基本のスタイルと夏・冬それぞれですべき服装をご紹介しましたので、参考にして恥ずかしくない服装でインターンに参加しましょう。
また、上記で紹介したような「インターンにふさわしくない格好」はしないよう、注意が必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

9899017fe3c2a1fa

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント