2019年11月08日(金) 更新

同じ大学・出身や同郷という情報が面接官に与える印象

大学という名前が意外と効果あり

就職活動していると思わぬところでそれがすごく役に立つということがあるのです。それは自分の大学と言う名前と存在です。もちろん就職活動してる時の仲間などは同じ大学のものなら、気軽に話もしやすいですし情報交換しやすいでしょう。
しかし面接試験のときに担当者が同じ大学のしかも同じ学部であった場合はその人事の人といろいろ話をするのにネタがつきません。これは本当に大きいことで、もちろん受け手側もをリラックスして受けることができますし、担当者も懐かしさのあまり、前のめりになって話をしだすに違いありません。
このように大学と言う存在は社会に出てからも本当に効果があるのです。もしかすれば、得意先にも同じ大学の人もいるかもしれませんし、どこでそういう人と出会うかわかりませんが、その時に名刺よりも効果が発揮するのが実は大学の存在だということではないでしょうか

出身ということも絶大な意味

どこの大学か、その大学の出身者かということがわかると非常に効果を反映するのですが、実はそれだけでは無いのです。つまり出身という言葉に日本人は同族性を感じるのか非常にありがたく感じるようです。
たとえば地方のある都市の出身であったり、村の出身であったり、または塾や予備校、その他珍しい場所での出身者であったときなど時や場所を問わず、そこで同じ空気を吸って生活していたという事実さえあれば、人間は勝手に仲良くなれるものです。それが実際に就職活動の時に大きく左右される事は案外気づいていません。ですので、できるだけたくさんの会社を受けるというのは、数うち当たると言う話ではなく、その中で自分のしっているもしくは自分と同じ出身者のものがいた時に絶大な効果が発揮されるからです。

同郷は最高の言葉なり。

出身という言葉の中でも特に同郷という言葉はたまらないのではないでしょうか。ある地方から大阪や東京に出てきたときに、偶然と言っていいぐらい同郷者に巡り合えたときは、まるで生き別れた恋人再会するかのような感覚となり、いちども話したことがない相手にもかからず、、この地に何しに来たのかとか、どのように生活しているのかなど事細かく聞いても何の失礼にも当たらないほど、同郷と言う存在はお互いの壁をなくすのです。
就職活動をしている時など特に同郷のものと出会うとまるで鬼に金棒になったかのように力を発揮するということがあります。やはり仲間が近くいるということは自分の力が倍以上の大きさになって本当に効果があるものです。
励まされるだけでなく自分が落ち込んでる時とかでも同郷のものが近くにいるというだけで、安心もし、もっと頑張らなければならないとおもうものです。同郷の力は何よりも変えられないほど素晴らしい力があるのです。

自分の就活力を知る

就職に成功するためには、まず自分の就活力を知っておく必要があります。就活力とは、就活で必要な準備や企業側が重視しているポイントに対して、どれだけ備えているかをはかる指標です。ぜひ、「就活力診断」で今の自分の就活力を診断してみましょう。無料でダウンロードできるので、今の実力を踏まえた上で必要な対策をしてみてはいかがでしょうか。

同じ大学、同じ出身、同じ故郷だというだけで

同じ出身大学だということだけでも面接官の印象が変わりますし、他にも同じどこどこの出身だとか同郷だとかなどちょっとした事でも実は大きな要素になってくるものです。するととんとん拍子で就職活動に成功した者もいるのです

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

【就職浪人をお考えの方へ】卒業後の就活を内定まで徹底サポート!就活支援サービス<マイナビジョブ20’sアドバンス>

    【東京オフィスで参加の方はこちら】 ※就活相談日時につきましては、この後ご案内するURLよりご予約ください。