2016年11月29日(火) 更新

大学の就職支援を就職活動に活かす方法

大学の就職支援は企業に限らず公務員などの就職相談にも応じている

大学の就職支援は、企業への就職に限りません。公務員などの就職相談、採用試験対策なども行っています。公務員や教員採用試験、その他の資格試験は出願の時期などの情報が分散しがちですので、それらを一度にまとめて閲覧できるのは、非常に便利なサービスと言えます。就職活動の時期は、卒業論文の制作などとも重なり何かと忙しくなりがちです。日々の活動の効率化のためにも、ぜひ押さえておきたい情報です。

大学の就職支援は模擬面接など実戦形式のサービスも数多くある

大学の就職支援には、実践形式のサービスが数多くあります。エントリーシートの添削や筆記試験対策、模擬面接およびグループディスカッションなど、大学生が就職活動で直面するほとんどの課題に対応しています。特に模擬面接やグループディスカッションの練習は、就職面接の経験が少ない学生にとって非常に頼りになるサービスです。ここで得たフィードバックは就職活動本番に積極的に活かしていきましょう。

専門の講師による資格試験対策講座が開かれる

大学の行う実践形式の就職支援としてもうひとつ重要なものが、この資格試験対策講座です。公務員試験をはじめとして各種の資格試験をターゲットに、講義のほか模擬試験や小論文の添削、面接対策を行っています。専門の講師による講義が、大学外の専門学校や通信講座よりもリーズナブルな料金で受講できるのは大きなメリットです。この貴重な機会を無駄なく活用していきましょう。

大学OB・OGとのパイプは就職支援における大きなメリット

大学のOBやOGとのパイプを持つことも、大学の就職支援における大きなメリットです。希望する企業に既に入社しているOBやOGから、採用試験の情報のみならず会社説明会などではわかりづらい会社の雰囲気や仕事内容などの実情を直接聞くことができます。入社後のイメージを正しく描いておくことは、就職後のミスマッチを避けるためにも非常に重要です。また人脈作りという面でも役に立つことを覚えておきましょう。

就職活動結果報告書は大きな支えになる

大学の就職支援課には、先輩たちから寄せられた採用試験の内容やその結果が報告書としてまとめられています。こういった具体的な情報は大学の就職支援課以外ではほとんど目にすることのできない大変貴重なものです。多くの先輩達からのアドバイスは、その情報面のみならず就職活動における心理面の大きな支えとなります。就職活動に行き詰まりを感じたときなどは、この報告書に目を通してみるのもひとつの方法です。

大学の就職支援を積極的に活用することが就職活動を成功させるカギ

大学の就職支援は、そのサポートの幅広さや手厚さから就職活動を始めた大学生にとって非常に頼りになる存在です。また、実際の就職活動から得た多くの経験が蓄積されていることは大学の就職支援ならではの特徴であり、これらは就職活動の大きな助けとなります。先輩たちが積み上げてきた知恵を積極的に活用し、就職活動を成功に近づけていきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント