2019年11月12日(火) 更新

【エントリーシートの書き方】意気込みを伝えるためのポイント~志望動機・自己PR~

エントリーシートで意気込みを伝えるのが苦手な就活生は多い

キャリアパーク会員の就活生を対象に「エントリーシートで意気込みを伝えるのは得意ですか苦手ですか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 得意
  • 苦手
  • あまり得意ではない

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「エントリーシートで意気込みを伝えるのは得意ですか苦手ですか?」

このアンケート結果からエントリーシートで意気込みを伝えることに悩んでいる就活生も少なくはないことがわかりました。

エントリーシートが通らないと、面接へ進むこともできません。魅力的なエントリーシートを作成するには、どうすればよいのでしょう。そんな、意気込みを伝えるためのポイントなどをご紹介いたします。

エントリーシートは選考に進むための重要な選考!

エントリーシートは一次試験の前に提出が求められ、面接に進むための重要な選考となっています。企業独自の履歴書ともいうことができ、その内容は様々です。エントリーシートでは、仕事に対する意気込みを伝えられるといいでしょう。そのためには書き方のポイントをおさえておく必要があります。志望動機、自己PR に関する書き方のポイントについて見ていきましょう。

エントリーシートは見やすさを重視した書き方をしよう

どんなに優秀な人材でも見にくいエントリーシートは第一印象が悪くなり、意気込みを伝える前に印象が悪くなってしまいます。まずは見やすいエントリーシートを書くように意識しましょう。

内容が見やすいエントリーシートだと印象が良く、更に意気込みが伝わりやすいです。

誤字脱字と文章の量に注意する

まず初めに覚えておかなければならないのは、意気込みを伝えるのはエントリーシートの内容だけではありません。できるだけ丁寧に、空欄を作らずに、気持ちを込めて書きましょう。そうすれば、採用担当者に意気込みが伝わる可能性が高いです。
それを踏まえた上で、以下の点に注意してみてください。

・丁寧な文字で書く
・誤字脱字、略字はNG
・空欄は作らず全て書き込む

はじめに担当者が目に付くのは内容でも写真でもありません。
エントリーシートの文字が目に付きます。エントリーシートはあなたの実績・技能は問われませんが、あなたがどういう人なのかが評価されるのです。

エントリーシートの自己PRはまず結論を書く

エントリーシートの自己PRを書く際は、まず結論を書きましょう。インパクトがあるだけでなく、読みやすくなります。
『私の長所は○○です』と採用の担当者が一番知りたいことをはじめに伝えます。
次に、その理由や自分の考え、価値観を入れながら伝えるのが書き方のポイントです。そして、長所を結論づける経験をアピールして説得力を持たせます。こうすると、論理的な自己PRが書けるでしょう。
また、キーワードは『』で囲い、箇条書きをすると見やすくなります。自己PRの文字数が決まっていない場合は400~500文字が最適です。

具体的な経験を添えるとさらに意気込みが伝わる

更に具体的な経験やエピソードを添えると、よりいっそう意気込みが伝わる書き方になります。エントリーシートの自己PRで意気込みを伝えるポイントは、以下通りです。

・学生時代にしていたサークルや力をいれていたことを書く
・学びや経験が自分にどう影響したかを伝える
・自分がどういった結果や実績を残したか書く

企業が求める人物像にリンクさせよう

エントリーシートで自己PRする際は、企業が求める人物像にリンクさせた書き方をしましょう。企業ごとに採用したいと思う人材は、異なります。自社で活躍してくれる人材、活躍する能力をもっている就活生は積極的に採用したいと思うでしょう。
エントリーシートの自己PRはその能力があるかを判断します。しっかりと意気込みを伝えられるように工夫することが大切です。

志望動機欄では就きたい仕事や将来性で意気込みを伝える

エントリーシートの志望動機欄は、企業が求めている人材を把握して具体的な書き方をしなければいけません。そうすると、熱意や意気込みが伝わりやすいです。意気込みを伝えるために、以下のような内容を書くと良いでしょう。

・この企業でどんな仕事がしたいのか
・入社して5、10年後にどうなっていたいのかというキャリアビジョン
・自分の強みや特技を仕事で活かして働きたい

企業研究は徹底的にしよう

エントリーシートの志望動機で意気込みを伝えるには、企業研究が重要となります。自己PRと同様に企業の求める人物像を含めると熱意が伝わりやすくなります。そのためには会社の基本情報、人物像、仕事内容、人材の特徴などを徹底的に調べておきましょう。
これらの情報をもとにどんな仕事がしたいか、キャリアビジョンなどを書きます。説得力が増し、意気込みが伝わりやすくなるでしょう。

大手企業の内定を得たエントリーシート(ES)から学ぶ

大手企業に内定した先輩方は、どのようなESを作成したのでしょうか。内定者の回答から、どのような考え方、アピールをしているのかを把握しましょう。「内定者ES100社まとめ」では、なかなか見ることのできないESを100社分ご用意しました!ANA、トヨタ、三菱東京UFJ銀行、伊藤忠商事、サントリー、IBMなど、就活でも人気が高い企業のESを無料でダウンロードできるため、内定者の回答だけでなく設問の確認がしたいという就活生にもおすすめです。

エントリーシートの書き方は見やすさ・論理的な文章を意識して意気込みを伝えよう

エントリーシートは次の選考に進めためにも重要です。選考を突破するには、ポイントをおさえた書き方、意気込みの伝え方が重要となります。まず、見やすいエントリーシートが書けるように文字数、誤字脱字に注意して書きましょう。
エントリーシートでは自己PR、志望動機を書く欄があります。自己PRは結論を先に書き、実体験やエピソードを交えた書き方をするのが有効です。志望動機は企業研究を徹底的に行い、仕事への意気込み、キャリアビジョンについて書きましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント