2019年09月24日(火) 更新

就職・転職活動の面接で好印象を与える女性のコートの選び方|色・デザインや服装マナーについてもご紹介

就活生がコートを選ぶときに意識していることとは?

就活生の回答

キャリアパーク会員の就活生を対象に「就活で使うコートを選ぶときは、どのようなことを意識していますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

  • 清潔感
  • シンプル
  • シンプルできれいめなもの
  • 華美でないもの
  • 機能性

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「就活で使うコートを選ぶときは、どのようなことを意識していますか?」

アンケート結果を見ると、ほとんどの就活生がコートへの何らかの意識を持っているのが分かります。なかでも「シンプル」や「華美でないもの」といった無難なコートを選ぶ就活生が多いようです。 就活において、冬場はコートが必需品になります。コートを選ぶ際は、色やデザインに注意して選ぶべきでしょう。本記事ではその点について詳しくご説明します。

就活・転職の面接で女性が選ぶべきコートの色とは?

就活・転職の面接などで、その場では着るものではないからと言って、スーツの上に好きな色の上着やコートを着ても良いわけではありません。
仕事ができる人でも、メイクが濃かったり、服装が派手だと「いい人そうだけど、清潔感がない」「常識に欠ける」と思われ、転職面接で不採用になるケースもあるので、服装は大切です。では、転職における服装で、女性が選ぶべきスーツの上に着る上着・コートの色は何なのでしょうか。

面接向きのコートはスーツに合う「黒・紺・ベージュ」

就活・転職活動でも、目に見える部分はオシャレなものを控えて、無難なものを選ぶのが基本です。その意味でスーツの上に着る上着やコートも、デザインや見栄えの良い色ではなく、シックな色合いでどこにでも着られるものが適しています。
転職を考えている女性の服装として、コートの色は黒・紺・ベージュはスーツやジャケットに合わせやすく、落ち着いた雰囲気が出るのでオススメです。

就活・転職での女性の服装はカジュアルなものを避けよう

就活・転職でスーツの上に着るコートの色については把握できましたが、一言に上着・コートといっても、たくさんの種類があります。次は、就活・転職に適しているコートの種類について見ていきましょう。転職でスーツの上に着用する上着・コートは、色だけに注意すればいいわけではありません。
まず「転職活動に適しているかどうか」を判断基準にすれば、当然ながら場を意識する必要が出てきます。例えば、女性が面接の場にファー付きのコートで行けば、間違いなく面接官からの印象は悪くなります。TPOを考えた服装をするならば、いくらスーツの上に着る上着でも、カジュアルなデザインは避けるのがマナーです。

就活・転職活動でスーツの上にPコートやダウンコートはNG

Pコートやダウンコートは、スーツの上に着る上着としてはカジュアルすぎます。そういった服装を、ビジネスの場でスーツに合わせるのであれば、せめて転職活動では避けるのが常識。
例えば、入社一年目の新人が着ていたらほほえましく思っても二年目から三年目になるに従って、周りの目も変わっていきます。Pコートやダウンコートを着ていたからといって、女性が就活・転職の場で確実に不採用にになるとはいえませんが、マナーとして避けていれば、少なくとも印象は悪くはなりません。

女性が面接で気をつけるべき服装のマナーとは

就活・転職では、面接で社会人としてマナーや常識が身についているかどうかは、選考に必須の条件です。面接だけではなく、就職・転職活動で会社に訪問する際は、スーツの上に着る上着の扱いにマナーがあるので注意が必要です。
女性に限らず転職活動の面接で、スーツや上着などの服装のマナーが守れていないと恥ずかしい思いをするだけでなく「社会人としての常識がない」と評価を下げる原因にもなります。せっかく転職活動で面接まで進めたのですから、服装のマナーについてもおさらいしておきましょう。

上着やコートは建物の入り口で脱ぐのがマナー

スーツの上に着る上着やコートは、会社の建物の入り口を入る前に脱ぐのが服装のマナーです。これは就活・転職に限らず、日常のビジネスマナーとして覚えておきましょう。
上着や コートを着たまま入ってくる人もいるようですが、基本的に良い印象を与えません。必ず、建物に入る前に上着は脱いで建物を出てから着ましょう。

面接では脱いだ上着・コートの扱いも気をつける

転職で面接に行った際は、上着やコートを床に置く必要はありません。椅子が余分に用意されていれば、畳んでその上へ載せるのがマナーです。椅子がなければ、立てて鞄のうえに畳んだ上着やコートを乗せておきましょう。
また、応接室にコート掛けがあったとしても、無断で使うのはNGです。やはり、この場合も鞄の上が良いでしょう。

実際の面接評価シートで確認する

面接をする際、面接官は面接評価シートを元に就活生を評価しています。面接評価シートには、マナーや身だしなみ、質問に対する受け答えなどの内容をチェックする項目があります。企業や職種によって設定されている項目は異なりますが、参考にすることで、面接官視点を把握することができます。「面接評価シート」を無料で手に入れて、面接前に最終調整をしたり、就活生同士の練習で活用したりしましょう。

就職・転職で女性が選ぶべきコートは「黒・紺・ベージュ」カジュアルなものは避けよう

就活や転職活動では、女性かどうかに限らず、面接では第一印象を決める身だしなみが大切です。スーツだけではなく、上着のコートにも気を配れば、全体の印象は更に引き締まったものになります。
就活・転職で女性が選ぶ服装として、コートはスーツに合う色味である黒や紺、そしてベージュがベスト。カジュアルなデザインの上着を避けて、服装で好印象を与えることを目指しましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

F0236d146680c72d

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント