2019年11月26日(火) 更新

新入社員が試用期間中に解雇される可能性|【内定をもらっても安心しないで】本採用を得るための基準とは

就活生は新入社員で解雇される理由を「重大な嘘や向き不向き」と予想

キャリアパーク会員の就活生を対象に「新入社員が試用期間中に解雇される原因には何があると思いますか?」というアンケートを実施しました。まずは回答の一部をご覧ください。

就活生の回答

  • 面接やESでついた重大な嘘が発覚したとき
  • 向き不向き
  • 新入社員の根性がない
  • 誠実さがない
  • 自分のイメージと実際の業務とのギャップでやる気がなくなること

■調査方法:キャリアパーク会員へのダイレクトメール
■調査日時:2017年3月7日
■調査元:ポート株式会社
■調査対象者:キャリアパーク会員の就活生
■質問内容:「新入社員が試用期間中に解雇される原因には何があると思いますか?」

就活生に「新入社員が試用期間で解雇される理由」について聞いてみたところ、「重大な嘘が発覚した」「向き不向き」「根性がない」などの声が挙げられる結果となりました。履歴書やESの経歴で嘘をつくのはよくありませんし、また入社後の仕事があまりにもできずに悩む人もいるでしょう。では、アンケート結果のように新入社員の試用期間中に解雇される可能性はあるのでしょうか?
本記事では、試用期間中に解雇される可能性と、試用期間中にどんな行動が見られているのかを解説します。

試用期間は本採用かどうか決定するために設けられている

新入社員として希望する会社に入社できたとしても、そこで安心しきってはいけません。会社によっては、自社に適しているか判断するために、試用期間を設けているところがあります。試用期間とは、本採用かどうかを決定するために設けられた期間です。試用期間では、新入社員のスキル、勤務態度、社会人としての振る舞いなどがチェックされるでしょう。期間の長さは企業にもよりますが、だいたい1~6ヶ月程度になっています。

新入社員は試用期間中に解雇(クビ)になる?

実際、試用期間を設けている会社は多くあります。会社が新入社員の適正を見る期間として設けられているのですが、そこで会社から「この新入社員は適性がない」と判断されてしまった場合、解雇(クビ)になるのでしょうか。それが違法にはならないのか、また、どのような行為が解雇につながってしまうのか、それぞれ確認していきましょう。

非常識な行動があった場合は解雇もあり得る

社内業務の初心者の新入社員は、会社で仕事をするに必要な素質を身に付けなければなりません。もちろん非常識な行動は禁物で、公共秩序に反した行為や遅刻や欠勤が多いなどあった場合には、たとえ試用期間でなくても解雇の対象になります。
遅刻や欠勤は癖になりがちで、会社に対しても常識や信用を問われるものになるでしょう。試用期間だからといって油断をしていると、解雇される可能性もあるというのを忘れないでください。

試用期間では社会人としての行動ができるかを見られている

試用期間で会社側が見ているのは、社会人として常識的な行動ができるかを見られています。実際の仕事では、礼儀をふまえた行動を取れるかも評価につながります。そのため、他の社員と仲良く仕事ができるかも重要でしょう。
作業を円滑かつ効率よく進めるには、社員同士の信頼関係が大切です。そのためには、コミュニケーションをとることが欠かせません。もちろん、社内でコミュニケーションをとる場合、協調性はどの会社でも必要となります。協調性をもってコミュニケーションをとるように、心がけましょう。

改善する姿勢が見られないと解雇になる恐れがある

勤務態度が悪い、もしくは作業内容が劣り改善が見られない場合も試用期間で終了になってしまう恐れがあります。社内規定で、新入社員の試用期間の基準を設けている会社があります。
例えば、「無断欠勤がなく、出勤率が90%以上」や「勤務態度が著しく不良で指摘しても改善が見込まれない」などがあるでしょう。しかし、新入社員といっても雇用はされていますよね。労働基準法が適応され、解雇を免れることはできたとしても、クビに一歩近い状況であることには変わりありません。度を超えるとクビになると思っておきましょう。

試用期間後に本採用か解雇(クビ)かが決まる

企業側から新入社員に対し「この会社で働けるか、試用期間中に考えて本採用にするか決めましょう」という話があり、試用期間終了前に話し合いをする会社もあります。その時に「やはり無理です」と退職する新入社員もいるでしょう。
もし、本採用になれば、試用期間中の解雇の不安も解消できます。もし、辞めたとしても、この会社には自分は適していなかったと切り替えて、新しい会社を探せばいいのです。

会社から解雇されなくても新入社員自ら退職するケースも

試用期間は会社側の規定です。その反面、新入社員側も自分がこの会社で働けるかを考えることになります。新入社員からみても、試用期間は査定期間のようなものだと捉えてもいいでしょう。
新入社員の中には、試用期間中に「あ、この会社では働けない」と思ったら、会社からいわれなくても自主退社するケースもあるのです。とくにブラック企業であったら尚更、試用期間中に退職する新入社員は多いでしょう。

退職する際のマナーを確認する

自ら退職を申し出る際は、内定を辞退するマナーも記載されている就活マナーマニュアルが役立つでしょう。無料でダウンロードできるので、スムーズなやり取りで退職する為にも確認しておくことがおすすめです。

新入社員が試用期間中に解雇(クビ)になる可能性は「ある」

新入社員といえども、試用期間中の解雇はあります。非常識な態度をとれば、会社側から解雇されてしまうでしょう。会社に入社した後は、仕事ができなければ何もなりません。しかし、新入社員が非常識な行為をし続けない限り、そうそうクビにはならないでしょう。会社側から不条理な解雇はあまりないので、安心して試用期間を過ごしてください。だからといって、気の抜き過ぎは禁物です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

5a334849b2c88964

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント