2016年11月25日(金) 更新

【海外就職から帰国!】日本で転職をするために必要なこととは

海外就職から帰国した場合の手続き

海外就職を終えて日本に帰国した場合には、ある程度の手続きが必要です。まず、アパートな借りる等して住所を確定します。その段階では保証人が必要となる場合が多いため、親族等にお願いできるように帰国前に調整しておくとスムーズに入居できます。入居時に必要な礼金等の資金は、現金で払えるように準備しておくと良いでしょう。

住民票の手続きや携帯電話の契約をする

住所が確定したら転入届を役所に届出します。こうする事によって住民票を手に入れる事ができる状態になります。また、固定電話、携帯電話の契約が必要な場合は早めに済ませておく必要があるでしょう。これらを行うことによって、日本で就職活動を行う準備が整います。

海外就職から帰国した後の転職活動

帰国後、本格的に転職活動を始めることになりますが、海外就職していた期間が短い場合には、海外就職前に日本で勤務していた期間が雇用保険の基本手当に必要な受給資格期間として活きる可能性があります。

過去2年以内に12か月以上の勤務実績があれば、求職の申し込みをすることによって基本手当を受給できる可能性が高いです。

日本の経済事情や制度変更についておさらいしておく

また、ハローワークで就職先を調べたり、求人情報雑誌を購入したり、転職エージェントへの登録を行って仕事を探すかと思いますが、海外で仕事をしている間もインターネット等で確認することができる情報がかなりあります。帰国を決意したら、海外在住の間から転職先を探す活動を始めておくと転職活動をスムーズに行うことができるでしょう。

また、日本を離れていた間に日本で起こった経済事象や制度変更について、一通りおさらいしておくことも重要です。

海外就職から帰国して転職した後の注意点

海外就職から帰国して転職先が見つかり心機一転仕事をするようになった場合に気を付けなければいけないことがあります。日本の会社から海外の会社に転職した場合の逆のことを意識する必要があるのです。

海外文化と日本文化の違いを意識する必要がある

海外会社で働いていた時は、ジョブディスクリプションに書いていないことはやる必要はありませんでしたが、日本の一般的な会社の場合は違うことが多いです。かなりアバウトな業務指示の中で、その仕事の与える影響を自分なりに想像しながら創意工夫をして仕事をする姿勢が求められることが多いです。

また、自分の意見をはっきり言うという行動が海外就職によって身についているケースが多いでしょうが、自分の意見の表明の仕方については、ある程度周りに配慮しながら婉曲的に伝えた方がいいかどうかを考えて話をする気遣いも求められるでしょう。もちろん海外就職で得た良いところは遠慮なく発揮すべきですが、海外文化と日本文化の違いを意識しながら仕事をする必要があるでしょう。

海外就職から帰国後の転職活動は、やるべきことをおさえてスムーズに!

海外就職から帰国して転職活動をする前に、住民票や電話番号がある状態になるように準備をする必要があります。その後、基本手当を受給できればその手続きもします。海外在住の間の日本の経済事情や制度変更のおさらいを行った上で転職先を探すと良いでしょう。転職後は日本の会社の風土に慣れる努力も必要です。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

女子キャリ面談

    07/25 (14:00~15:00)