2019年11月28日(木) 更新

内定がすぐ決まる人となかなか決まらない人の違い

【内定がすぐ決まる人との違い】①自己分析ができているかどうか

内定がすぐに決まる人と、なかなか決まらない人の違いとして考えられることの一つは、きちんとした自己分析ができているかということです。
自分の性格や適性をきっちりと分析し、あなたの性格を考えて出来そうだなと思える職業を受けることが、できれば受かる確率が高いといえるでしょう。
逆に自分にはそぐわない、ただ憧れているようなだけの会社や仕事ですと採用したいとは思ってもらえない可能性があります。

家族や親しい友人に自分には何が向いていそうか聞くのも◎

例えば具体例として、
人見知りが、強くいつも下を向いて話すような人が営業職をいくらうけても魅力的な人材だとは思ってもらえないなどです。
自分でわからないときには家族や親しい友人に自分には何が向いていそうか聞いてみても良いでしょう。

【内定がすぐ決まる人との違い】②企業が欲しいと思う人材かどうか

次に内定がすぐに決まる人となかなか決まらない人の違いで考えられることは、企業が欲しいと思う人材かどうかにかかってきます。
いくら学生時代クラブやサークルで色々と活躍した人であっても、その会社で働いているところがイメージできない人では採用してもらえません。
適材適所と言いますから、あなたがその会社にとって適材になる必要があるでしょう。
企業への面接は例えればお見合いのようなものです。ただ頭が良くて仕事ができそうだけでは選んでもらいにくいでしょう。

すぐ決まる人は働いてみたいと思って貰えるような人材

やはり、フィーリングや相性なども必要となってきます。
面接官たちに、あなたと一緒に是非働いてみたいと思ってもらえるような人材になることが大切です。
あなたがやりたいことやできることなどを明確にして、その企業とマッチしているかどうかなども考えながら企業選びをするようにすると良いでしょう。

【内定がすぐ決まる人との違い】③自分を売り込むのが上手い人か下手な人か

最後に、内定がすぐに決まる人となかなか決まらない人の違いで考えられることは、自分を売り込むのが上手い人か下手な人かということです。
いくら頭の良い素晴らしい人材でも面接では少しの時間であなたをアピールしないといけません。それが上手か下手かで、面接官のあなたへの印象が変わってくるでしょう。
ペーパーテストは良い点数だったとしても面接で駄目な人もいます。

自分売り込むスキルや能力を高めよう

アピールが苦手な人は面接の練習をする、アピールが上手な人や就職課の人などに指導してもらうなどの工夫や努力が必要となってくるでしょう。
自分を売りこむためのアピールが上手になるためには、会社の必要としている、常識やマナー、コミュニケーション力、倫理的思考などの能力を持っていることも大切ですのでそのような能力を高めるよう努力しましょう。

自己PR作成に役立つジェネレーター

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

内定が決まる人と決まらない人の違いまとめ

今回は、内定がすぐに決まる人となかなか決まらない人の違いは何か、どのようにすればよいのかについてみていきました。是非今後の就職活動の参考にしてみてください。大変なこともあるかもしれませんが頑張りましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。