2019年12月16日(月) 更新

【就活】内定がすぐ決まる人の特徴4つ|今から実践できる方法を紹介

内定がすぐ決まる人には共通点がある

就活は、長く苦しい戦いになりがちであり、できれば早く終わってほしいと願う就活生は多いでしょう。一番理想的なのは、早い段階で自分の第一志望の企業から内定をもらうことです。

早く内定が決まる人と、そうでない人の違いとは何なのでしょうか。

まだ内定をもらっていなくても、不安になりすぎることはありません。早くもらえる人の特徴を理解し、いいところを真似していきましょう。

就活で内定がすぐ決まる人の特徴

①行動が早い

内定がすぐ決まる人の特徴1つ目は、行動が早いことです。エントリーシートを書香なくてはいけないのに、明日からでいっかと引き伸ばしになっている人はいませんか?また、「就活って何から始めたらいいのか分からないから・・・。」と焦るだけで行動に移せて居ない人はいませんか?

行動が早い人は、就活の始め方が分からない場合、自分でインターネットや書籍で何から始めるのかを調べたり、先輩に聞いたりと、分からないからと言って引き延ばすのではなく、自ら行動します。

エントリーシートも同様です、まずは書いてみるのです。エントリーシート作成中に、納得のいく文章ではないときや、書き方が分からないときに、行動が早く期限までに余裕があれば、友達やエージェントに添削を頼んだり、相談することで、充実し満足のいく内容での提出ができます。

次への行動が早いことで、悩む時間も少なくネガティブな気持ちにもなりにくいというメリットもあります。

積極性は評価されやすい

就活において、第一志望の企業にアピールするチャンスはそう多くありません。その数少ないチャンスをものにするためにも、行動の早さが重要です。

説明会に参加して一番初めに質問する、早めに企業研究を始めてより内容を濃いものにしておくなど、早めの行動が生み出すものは就活において必ずプラスになるでしょう。

行動の速さは、積極性の高さでもあります。企業は、そういった就活生の積極性を高く評価しますよ。

②第一印象が良い

2つ目の内定がすぐ決まる理由として、第一印象の良さがあげられあす。それは、決して美人だとか男前であるなど、そういった外見だけではありません。身だしなみ、振る舞いなどで第一印象は左右されるのです。

自信の付き方で振る舞い方は変わる

印象は、就活への自信によっても変わります。面接や、スーツなどの準備不足の場合、不安や心配から表情に焦りが出ますし、自信のなさから猫背になり、自分を小さく見せようとします。

一方、準備を整えて自信を持って面接に迎える場合、表情は明るくハツラツとしており、声にもハリがでます。ワイシャツにキチンとアイロンがかけられていると、胸を張って歩くことができ、猫背にはなりません。

自信の度合でも第一印象は大きく変わります。猫背で不安そうで声が小さい人より、自信を持って面接での対応をする人のほうが、内定がすぐ決まりやすいのです。

③視野が広い

内定がすぐ早く決まる人は、視野が広いという特徴も挙げられま。視野の広さは、周りの就活生の動きがよく見えているというグループディスカッションなどの選考での強みにもなりますし、企業選択に置いても視野の広さがメリットとなることがあります。

固執した考え方を持たないる

例えば、視野が狭い人は、「自分が応募するのはこういう企業でなくてはいけない」と思い過ぎてしまい、選考が進んでから「こんな企業もあったのか」と後悔してしまうことも少なくありません。

しかし、視野が広い人は、あらゆる職種を検討した上で、「自分にはこれが向いているだろう」と考えられます。企業を知るうちに、自分のやりたいこととは少し違うと思ったときには、立ち止まり他の企業も踏まえて検討し直すこともできるのです。

④臨機応変な対応ができる

臨機応変な対応も、内定がすぐ決まる人の特徴と言えます。就活では何が起こるか分かりません。面接に何が聞かれるのか、希望通りの会社の内定をもらえるのか、それは誰にもわからないのです。

就活が思うようにいかなかったときの対応お大切ですが、反対に思ってもいなかったチャンスが訪れた時に、臨機応変な対応ができるかも内定に関わる場合があります。

就活生にアンケートで聞いた生の声はコチラ!

最後に、就活で失敗する人について、キャリアパーク編集部が独自にアンケートを行い、学生たちの生の声を集めました。その中でも、代表的な声をご紹介します。

質問:就活に失敗する人の特徴とあなたがそう思う理由を教えてください。

就活生の回答

私が考える就活に失敗する人の特徴は、「学生時代に力を入れたこと」を「ガクチカ」と言ったり、「貴重なお話ありがとうございました」を「キチョハナカンシャ」と略したりしている人です。すぐに言葉を略して使う人は、新しい情報などに左右されやすそうなイメージがあります。そのため、間違った情報を信用するなどして、就活に失敗しそうだと思いました。また、普段からそういった言葉を使っていれば、間違えて採用担当者の前でも口に出してしまう可能性があります。そうなれば評価は下がると思うので、就活に失敗するのではないかと考えます。

※上記は就活生から取得したアンケート回答を基に、編集部で独自に加筆した代表的な学生の声です。

就活生に人気の高い業界を知る

人気21業界丸わかりMAP」は、就活生に人気の高い21業界200社以上の情報を一気に読むことができます。

視野を広くして、業界を知ることは大切です。第一志望との関わりを知り企業研究になるときもあれば、自分の知らなかった業界を知り、志望先が変わるかもしれません。

無料でダウンロード「業界丸わかりマップ」で、業界を知り、後悔のない就活をしていきましょう!

就活で内定がすぐ決まる人の特徴を知って実戦してみよう

就活で内定がすぐ決まる人の特徴について、解説してきました。企業によって、経団連以外は特に選考スケジュールや内定のタイミングは異なりますが、就活の終盤で周りは内定が続々と出ているのに、自分はまだあ出ていない、という寂しさは味わいたくありませんよね。

ここでご紹介した、すぐ決まる人の特徴は、今からでも意識することは可能です。まずは1つずつ意識してみるところから始めましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント

メガベンチャーから新進気鋭のスタートアップまで、世の中に新しい価値を提供する一流ベンチャーの非公開求人に挑む!

    エントリーはこちら    ※面談日程はエントリー後、お電話にて調整いたします。