2018年12月17日(月) 更新

自己PRの書き出しを魅力的にするコツと例文

自己PRは書き出しや出だしが重要

書き出しがよければ興味を持ってくれる

自己PRは、書き出しが重要です。書き出しがよければ、採用担当者は興味を持って読んでくれるでしょう。しかし、ありきたりな書き出しや、誤字脱字の目立つ書き出しであれば、読む気が無くなるのは当然です。特に、誤字脱字はマイナス評価に繋がります。良い書き出しとはどの様なものなのかを把握した上で、書く必要があるでしょう。

書き出しで印象が決まる

自己PRは、書き出しで印象が決まります。採用担当者は、多くの自己PRを読んで来ています。そのため、書き出しを見ただけで、大体の内容がわかってしまうのです。自己PRは、就活最初の自己紹介になる可能性が大きいといえます。印象が悪ければ、後の面接で苦労するかもしれません。それどころか、次の選考に進めない可能性もありえます。自己PRは、書き出しや出だしに特に注意して書きましょう。

自己PRの書き出しを作成するコツ

自己PRの書き出しは結論から

自己PRや自己アピールの書き出しや出だしは、自分が1番会社に対して伝えたい事を書きます。例えば、自分が得意な事であったり、自分の長所だったり、誇れる事だったりを書き出しにすると、相手は「何故そう思うのか」とあなたの意見を知りたいという姿勢になるので、注目を集めることができます。

書き出しはシンプルに

書き出しは、言いたいことを一言にまとめると良いです。言いたいこと一つに対して、一言におさめてください。一言に、多数の情報を入れてしまうと、一番伝えたいことが埋もれてしまいます。それだけでなく、読みにくい文章にもなってしまいます。書き出しを作成する際は、伝えたい情報に優劣をつけておくとシンプルになるでしょう。

断定した言い方にする

「私はこう思います」より、「私の意見はこうです」と言った方が説得力があります。自己PRでは、できるだけ説得力のある書き方が好ましいです。
「思います」という言葉は、自分の意見を言う分には構いませんが、自己PRとして自分のことを語るには不相応です。自己分析を重ねた上で書いた文章を「思う」で終わりにしては自己分析不足と判断されかねません。自分のことなので、自信を持ってアピールする必要があります。

質問に答えるだけで自己PRを完成さ背よう

自己PRには盛り込むべき要素がたくさんありますが、文章を考えるのが苦手という就活生は多いのではないでしょうか。的確にポイントを押さえることも大切ですが、面接官に伝わる文章力が試されるのも自己PRの特徴です。

言いたいことはまとまったけれど、実際に文章にするのが苦手という就活生は、ぜひ自己PRジェネレーターを活用しましょう。自己PRジェネレーターを使えば、用意された質問に答えるだけで自然な流れの自己PRが完成します。無料でダウンロードできるので、文章の繋ぎ方や言葉遣いに自信がないという就活生にもおすすめです。

魅力的な自己PRの書き出しとは?

仕事に直接関係のある書き出しにする

採用担当者にとって、魅力的な書き出しは、仕事に直接関係のある内容です。今後、一緒に仕事をしていくにあたりどの様な活躍をしてくれるのかを確認できるためです。例文のように、仕事に直接的に関係のある自己PRの書き出しや出だしがベストといえます。相手をグッと惹きつける魅力を持った書き始めになるよう意識しましょう。

先方にとって魅力的なスキルを紹介する書き出し

採用担当者にとって、魅力的なスキルを紹介する方法もあります。事務職であればパソコンスキルが、接客業であればコミュニケーション力が必須です。業界に合った自分のスキルをアピールすれば、相手の注目を集められるでしょう。

自己PRの書き出しや出だしでNGなワードとは?

自己PRや自己アピールの書き出しや書き始めは、「○○です」と、きちんと断言する表現を使うのが良いでしょう。「~だと思います」などの曖昧な表現は基本的にNGです。日本人は遠慮して、「思います」を使ってしまいがちですが、自己PRする場合は「です」と言い切りましょう。

苦手・不得手などのネガティブワードはNG

そして、苦手、不得手、自信がないなどのワードはその時点で自分自身をアピールしているどころか評価を落としているわけですから、自己PRの文としてそぐわないということを覚えておきましょう。自己PRや自己アピールはあなた自身をアピールする場ですから、自分を最大限に評価してあげましょう。

言いたいことを多く詰め込まない

伝えたいことが多すぎると、まとまらない文章になります。また、どちらが本当の強みなのかわからず、曖昧な伝わり方をしてしまいます。たくさん伝えたいことがあっても、一番伝えたい項目はひとつに絞り、深掘りした方が採用担当者により魅力的に伝わるでしょう。

自己PRの書き出しは断定的な言い方で作成しよう

本でもそうですが、最初の1行や書き始めというのは重要であり、それだけで続きが読みたいかどうか決まるといっても過言ではありません。自己PRもそれと同じことなのです。

【面接対策におすすめ】サービス5選

49b979ee05328c40

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント