2016年11月29日(火) 更新

未経験者が英語力を活かした仕事に就く方法

未経験者が英語力を活かした仕事に就く方法とは?

未経験となると、就職・転職活動をする上で「自分は未経験だし大丈夫かな?」とハードルが高く感じるかもしれません。そう思われる方のためにここでは、未経験者が英語力を生かした仕事に就く方法について紹介します。

英語力を必要とする仕事を探すには視野を広げることが大切

英語力を活かした仕事というと、外資系企業や貿易関係の仕事が思い浮かびますが、英語力を生かせる職場はもっともっとたくさんあります。

今まで目を向けてこなかった分野に目を向けてみることで、新しい就職の道が見えてくるでしょう。あまり英語が必要とされていなかった業界でも、客層やニーズが変わって英語力が求められるようになっているところはたくさんあります。

対象とする仕事・職種を絞り込まず、視野を広げて様々な業界をチェックすると、未経験でも就職できる職場がきっと見つかります。

未経験でも英語力をアピールして就職するには?

仕事そのものは未経験であっても、英語に関するスキルや知識を持っていれば有用な人材とみなされて採用されるかもしれません。就職面接にまでこぎつけたら、経験不足を補えるだけの英語スキルや知識があることをアピールしましょう。

どのような英語力を得意としているかを明確にアピール

一口に英語力といっても形は様々です。英会話がうまいのか、英文を書く能力が優れているのか、通訳が得意なのか、クリエイティブな英語に強みを発揮するのか等、どのような英語力を得意とし、どのように生かせるのかを明確に示すようにしましょう。

仕事そのものの経験はなくても仕事に生かせるスキルや知識を有していることをアピールできます。

留学経験は英語力をアピールする最大の武器になる

仕事として英語を扱うのは未経験でも、留学して現地で生活した経験があればそれだけで外国人とのコミュニケーションに強みがありますし、翻訳が得意なら海外とのビジネスの仲介役として活躍が可能です。

その仕事ではどのような知識やスキルが求められるのかを調べ、自分の身につけた英語力が職場で求められている能力に合致することを強く伝えれば未経験のハンデを跳ね返せるでしょう。

未経験でも英語力がある人材を求めている職種とは?

未経験が英語力を活かして就職する方法を上記では紹介してきました。では実際に、どのような職種で未経験で英語力がある人材が求められているのかを見ておきましょう。

販売業・接客業は未経験でも英語ができる人材を積極採用している

例えば販売業や接客業などは、あまり英語が必要と思われていない分野ですが、訪日外国人の急増により語学が堪能な人材の需要が高まっています。

販売業や接客業は英語力があれば未経験者でも積極的に採用していますから、就職できる可能性は非常に高いといえるでしょう。

旅行・観光業界では未経験でも英語力があれば就職に有利

また、旅行業界や観光業界では特に英語力の必要性が高まっています。現場で実際に外国人を相手にする部署だけではなく、海外とのやり取りを担当する部署や外国人向けの資料を作成する部署などでも英語力のある人材は未経験でも就職に有利です。

未経験者でも英語力を活かした仕事に就くには応募可能な求人情報を細かくチェックしよう

英語力を活かした仕事に、未経験者が就く方法を紹介してきました。未経験から英語の仕事に就くのは簡単なことではありませんが、英語力という強みを生かせば道は必ず開けます。

会社にとって自分が役に立つ人材であることをアピールし、英語力でどのような貢献ができるのかを上手に伝えましょう。英語力は貴重なスキルですから、努力すれば必ず仕事が見つかります。また、職種を絞らずに広い視野で探していきましょう。

イマ就活生に大人気のサービス5選!!

2e799230673160b3

国内最大級のキャリア情報プラットフォーム、キャリアパークの公式アプリが登場!

就活生必見のお役立ち情報が満載!

関連コラム

このコラムに近いイベント

おすすめの就活イベント